*

喪中と知らずに年賀状を下さった相手への返事は「寒中見舞い」?

 
喪中と知らずに年賀状を下さった相手への返事は「寒中見舞い」?1

亡くなった人宛に年賀状が届いた場合、どうしたら良いのでしょう。
何の連絡もしないと、来年も届く場合がありますし、書いて頂いた方にも失礼ですね。

こういった場合、「寒中見舞い」を出しましょう。

スポンサードリンク

寒中見舞いの役割

元々は、寒中見舞いは暑中見舞いなどと同じ、季節の便りです。

ところが年賀状が季節の便りも兼ねるようになったため、最近は喪中の年賀状代わりとして使われるようになっています。

喪中に使う場合の用途は以下の4つです。
  • 喪中の人年賀状がわりに出す
  • 喪中の人年賀状がわりに出す
  • 喪中を知らず年賀状を出してしまった場合のお詫び
  • 喪中を知らず年賀状をくれた人への挨拶

寒中見舞いの書き方とマナー

喪中と知らずに年賀状を下さった相手への返事は「寒中見舞い」?2

喪中はがきと同様、親しい相手であっても形式は整えましょう。

近況は書かないか、ほんの少しに留めるのがマナーです。

葉書は、年賀はがきを使用してはいけません。
年賀状のようなおめでたいイラスト・画像もNG

普通はがきで、無地かそれに近いものにします。
「謹賀新年」「あけましておめでとうございます」もNGです。

まず「寒中お見舞い申し上げます」と挨拶し、時候の挨拶(「毎日寒い日が続いておりますが」など)を続けても良いでしょう。

また、「年賀」ではなく「年始」です。
「賀」はおめでたい時に使う漢字だからです。

「年始のご挨拶」「新年のご挨拶」などの表現が良いとされています。
「拝啓」「敬具」などは不要です。
 
 

寒中見舞いを出す時期

喪中と知らずに年賀状を下さった相手への返事は「寒中見舞い」?3

「松の内」開けから立春まで、というのが一般的です。

関東で松の内は1月7日ですが、関西では1月15日です。
それに合わせて送りましょう。

喪中であることを知らないで年賀状をくれた人には、できるだけ早いほうが良いとされています。

松の内が開けたらすぐ届くように出しましょう

なお、立春を過ぎた場合は「余寒見舞い」となります。
挨拶の言葉も「余寒お見舞い申し上げます」と書きましょう。
 
 

文例

例1:喪中と知らずに年賀状を下さった相手宛


寒中お見舞い申し上げます。

年頭にはご丁寧なお年始状をありがとうございました。

昨年、夫〇〇が他界いたしましたため、
新年のご挨拶を控えさせていただきました。
こちらから欠礼のご連絡をするべきでしたのに
年を越してしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。

寒さが一段と増してまいりました折から
皆様のご自愛をお祈りもうしあげます。

平成〇〇年 1月 〇日
 


寒中見舞い 例文・テンプレート(喪中に年賀状が届いた場合)



例2:故人宛に年賀状を下さった相手宛


寒中お見舞い申し上げます。

年頭にはご丁寧なお年始状をありがとうございました。
毎日寒い日が続いておりますが、お元気で何よりでございます。

昨年〇月に(故人)は他界いたしました。
ご連絡が遅れましたこと、深くお詫び申し上げます。
(故人)が生前賜りましたご厚意に深謝いたしますとともに
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

平成〇〇年 1月 〇日
 


寒中見舞い 例文・テンプレート(故人に年賀状が届いた場合)



>>寒中見舞いの無料テンプレート
がありますので、こういったものを利用するのも良いでしょう。

喪中と知らずに年賀状を下さった相手に出す場合、必ず喪中であることを連絡しなかったお詫びの言葉を添えて下さいね。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

「七草粥」の由来と効能・作り方まとめ! 2017年はいつ食べる?

  最近は食べない家も多くなりましたが、「春の七草」や「七草粥」という言葉は知っ

記事を読む

PAGE TOP ↑