*

男の子の七五三 三歳もするの?数え年or満年齢?時期は?

 
男の子の七五三 三歳もするの?数え年or満年齢?時期は?1
毎年10月半ば過ぎると、正装の親御さんと着物姿のお子さんを街で見かけるようになりますね。

嬉しそうなご家族の姿に、こちらもほっこりしてしまいます。
当たり前のようにおこなっている七五三ですが、どんな行事なのでしょうか。

スポンサードリンク

七五三の由来

現在と違い医療が発達していなかった頃は、生まれた子供が幼いうちに亡くなることが少なくありませんでした。

そのため七歳までは神の子とされ、ある程度成長するまでは籍にも入れなかったようです。

そこで、三歳・五歳・七歳の時に儀式として神社にお詣りし、子供のそれまでの成長に感謝し、今後の無病息災をお祈りするようになったのが始まりと言われています。

11月15日をお詣りの日とした由来は、徳川家光が病弱だった息子(徳川綱吉)の健康祈願をしたのがその日で、その後健康になったところから広まっていったようです。

いつの時代も、子供の健康を願う親の想いは同じですね。
 
 

男の子は何歳の時? 数え年or満年齢?

元々は、三歳は男女の「髪置き(髪を伸ばし始める)」、五歳は男の子の「袴着(初めて袴をはく)」、七歳は女の子の「帯解き(幅広の帯を使い始める)」とされていました。

ですが、最近は女の子が三歳と七歳、男の子が五歳という所が多くなっています。

また、昔は数え年でしたが、現在は満年齢でお祝いすることが殆どです。

男の子の七五三 三歳もするの?数え年or満年齢?時期は?2
ただし、地方により家庭により考え方は違いますので、お祝いをする場合は確認しておきましょう。


時期はいつ

男の子の七五三 三歳もするの?数え年or満年齢?時期は?
昔は旧暦の11月15日に近くの氏神様にお詣りをするものでした。

旧暦の15日が「鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たることや、収穫を終えて神に感謝する時期であったことから、11月の満月の頃である15日になったと言われています。

現在は10月から11月の間の、家族の都合の良い日におこなうことが多いです。

元々11月15日というのも旧暦ですから、特にこだわる必要はありません。
 
 

お詣りする時は

お詣りする神社に神職の人がいつもいるとは限りません。

近所の神社で神様をお詣りするだけで良いか、大きい神社で神職の人に祈祷してもらいたいか、まずは決めましょう。

祈祷してもらう場合は、予約、初穂料(玉串料)、駐車場の有無、駅からの距離、混み具合などを事前に調べましょう

11月15日前後の休日は非常に混雑するため、予約時間が大幅にずれ、祈祷してもらうまでに数時間待たされる場合もあります。

着慣れない着物や服、草履で砂利道の参道を歩き、長時間待たされるので、疲れて機嫌が悪くなるお子さんも多いようですよ。

Japanese traditional culture “shichigosan”七五三

 

また、混んでいる時期にお詣りの後写真館やレストランに行く場合は、1~2時間余裕を見て予約を取って下さいね。

あくまでも主役はお子さんです。
主役が疲れて不機嫌になってしまっては元も子もありません。

「神様に子供の無病息災を願う」という本来の意味を忘れないようにしましょうね。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

2017年七五三 男の子はどんな着物を着せれば良い?レンタルがお得?

  男の子の七五三、5歳の時だけにする家庭が多いですが、3歳と5歳両方でやる地域も。

記事を読む

女の子の七五三 何歳のどの時期にやれば良い? 数え年or満年齢?

女の子のお祝い、特に七五三はかわいくて華やかで、回りの人まで幸せにしてくれますよね。

記事を読む

2017年七五三 女の子の着物!三歳と七歳で着回しは可能?レンタルがお得?

    最近は洋装も増えたとはいえ、やっぱり女の子の七五三には着物を着せ

記事を読む

2017年七五三 子供に着物を着せる場合、親も着物で合わせたほうが良い?

  七五三で、親はどんな服装が良いんでしょう?  やっぱり我が子のお祝いだ

記事を読む

PAGE TOP ↑