*

女の子の七五三 何歳のどの時期にやれば良い? 数え年or満年齢?

女の子の七五三 何歳のどの時期にやれば良い? 数え年or満年齢?1
女の子のお祝い、特に七五三はかわいくて華やかで、回りの人まで幸せにしてくれますよね。

今回は、特に女の子の七五三についてお話します。

スポンサードリンク

七五三の由来

本来、七五三とは旧暦の11月15日に地元の氏神様にお詣りに行く行事です。

幼くして亡くなる子供が多かった時代に、3歳、5歳、7歳の節目に神様にお詣りをして、子供が健やかに育つようにとお祈りをしたのが始まりです。

女の子は何歳の時? 数え年or満年齢?

本来は男の子が三歳と五歳、女の子が三歳と七歳、それぞれ数え年でお詣りするものでした。

現在は、男の子は五歳、女の子は三歳と七歳の「満年齢」でおこなうことが多いようです。

ですがご主人の実家では数え年、実際住んでいる所では満年齢というように違うこともありますから、どちらに沿ってするか相談して決めましょう。

また、早生まれの場合悩む人もいますが、どちらでもかまいません。

ただ、3歳の七五三の時、実際には2歳8ヶ月~10ヶ月、数え年ならまだ2歳前です。

長時間正装でおとなしく、というのは性格によってはかなりつらいもの。

その点も考慮して決めて下さいね。

時期はいつ

上記のとおり、本来は11月15日におこなう行事です。

ですが、現在は10月~11月の大安や吉日、土日祝など都合に合わせてお詣りする人が多くなっています。

近くの氏神様に見守ってくれるようお祈りするのが元々の姿ですが、現在は有名な神社で祈祷をあげてもらうのがトレンドになっています。

七五三で賑わう大宮氷川神社 


服装は、和装あり洋装あり、子供のためにという親御さんの想いがつまっていますね。

もちろん、正装でなくてはいけないなんて決まりはありません。

神様にお願いするという真摯で敬虔な気持ちがあれば、それでOK!

ざっと費用は?

女の子の七五三 何歳のどの時期にやれば良い? 数え年or満年齢?2
ここでは、神社で祈祷してもらい、写真を撮り、レストランで食事を場合を想定してみましょう。
  • 初穂料(祈祷料) 5,000~10,000円
  • 衣装代(レンタル)15,000~30,000円
    (購入)  20,000円前後~
  • 着付け・ヘアメイク代 5,000円(3歳)~12,000円(7歳)
  • スタジオ撮影代  3,500円(撮影料)+写真代(7,000円/枚)~
  • 食事代  大人3,000円、子供1,500円/人程度~
写真撮影だけで済ませる場合も多く、写真撮影と衣装レンタルがセットになったプランが人気です。

1万円前後から10万円近くまでありますが、3~5万円が最も人気があります

女の子の七五三 何歳のどの時期にやれば良い? 数え年or満年齢?3女の子の七五三 何歳のどの時期にやれば良い? 数え年or満年齢?4
はっきり言って子供本人はほとんど覚えていないもの。

しかも女の子の着物は3歳(三つ身)と7歳(四つ身)で違うので、いちいち揃えるのも大変です。

親しいママ友から衣装を借りたり、写真は自分たちで取ったりすればぐっと費用は抑えられます。

食事も、自宅で済ませるなどできますから、無理のない範囲でお祝いしてあげましょう。

スポンサードリンク




関連記事

男の子の七五三 三歳もするの?数え年or満年齢?時期は?

  毎年10月半ば過ぎると、正装の親御さんと着物姿のお子さんを街で見かけるように

記事を読む

2017年七五三 子供に着物を着せる場合、親も着物で合わせたほうが良い?

  七五三で、親はどんな服装が良いんでしょう?  やっぱり我が子のお祝いだ

記事を読む

2017年七五三 男の子はどんな着物を着せれば良い?レンタルがお得?

  男の子の七五三、5歳の時だけにする家庭が多いですが、3歳と5歳両方でやる地域も。

記事を読む

2017年七五三 女の子の着物!三歳と七歳で着回しは可能?レンタルがお得?

    最近は洋装も増えたとはいえ、やっぱり女の子の七五三には着物を着せ

記事を読む

PAGE TOP ↑