*

冷蔵庫買換え!古い冷蔵庫は電気代高い?買換えの節電メリットは?

 
古い冷蔵庫は電気代が高い?冷蔵庫買換えの節電メリットはどの程度?1  
一般家庭で最もフル回転している家電が冷蔵庫です。
365日、24時間稼働なのですから。

ということは、最新型の省エネタイプにすれば、電気代は安くなるのでしょうか。
買換えにメリットがあるのか、どのくらい節約できるのか、ご紹介します。
 

スポンサードリンク

冷蔵庫の寿命

古い冷蔵庫は電気代が高い?冷蔵庫買換えの節電メリットはどの程度?2
冷蔵庫の寿命は家庭によって大幅に違います。
30年近く問題なく作動しているものもあれば、5年で故障によって買換える人も。

内閣府の消費動向調査の「主要耐久消費財の買換え状況の推移(一般世帯)」最新情報(2015年3月)によると、冷蔵庫の平均使用年数は9.9年買換え理由は61.9%が故障となっています。

ですので、平均寿命は約10年と考えてよいでしょう。
 
 

古い冷蔵庫と新型冷蔵庫の消費電力比較

約10年前と新型冷蔵庫の平均消費電力を調べてみましょう。
  • 10年前 451L 年間消費電力量 640kWh/年(14,080円)
    (当時の松下・三菱・日立・シャープ・東芝・三洋の人気機種の平均容量・電力量・電気代)

  • 最新   449L 年間消費電力量 234kWh/年(6,318円)
    (価格.com 400L台の売れ筋ランキング1~5位の平均容量・電力量・電気代:2015年11月)
この差406kWh/年、7,762円です。

ということは、10年前に比べて電力は約36.5%、金額にして約44.9%節約できるということになりますね。
 
 

冷蔵庫の買換えタイミングと購入のポイント

古い冷蔵庫は電気代が高い?冷蔵庫買換えの節電メリットはどの程度?3  
いくら節約できるとわかっても、まだ使えるものを捨てることはなかなかできませんよね。

冷蔵庫の買換えとなると10万前後はしますから、「ボーナスの時期にでも…」と考えるのは当然。で

すが、特に夏のボーナス時期は冷蔵庫が最も売れる時期。
なかなか手に入らず、そんな時に限って家の冷蔵庫の調子が悪くなったりするものです。

また、冷蔵庫の部品の最低保有期間は「その冷蔵庫の製造を打ち切ってから9年」です。

毎年のように新しい機種が出ることを考えると、購入後1年で製造打ち切り+9年となり、購入後10年以上になると修理が難しくなって来ることになります。

買い時は、冷蔵庫がモデルチェンジする少し前、8月終わり~9月です。
大体10~11月に新機種が発売されるため、メーカーも販売店も手持ちの型落ち商品を売りさばこうとするからです。

もう一つの買い時は1月~3月です。
冬は冷蔵庫の需要が落ちますし、多くの販売店の年度決算が3月です。

もし量販店のポイントカードを持っているなら、その販売店の決算がいつか、調べておくのも良いかもしれません。


ということで、最新式が良ければ冬または販売店の決算月、より安いほうが良ければ夏の終わりに購入するのがおすすめです。

買換えすると決めたら、まずは価格.comなどで売れ筋、価格、仕様をチェックし、今ある冷蔵庫の位置に納まるか、納入の際に問題がないか、なども調べておきましょう。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

布団・ベッドでの「痒み」の原因「ダニ」の徹底駆除方法!

    なんか痒い…と気づいた時には手遅れ、ダニに数か所食われていたって

記事を読む

電子マネーの種類と比較・生活パターンに合った選び方!

  電子マネーといえば、あのビットコインもその一種。 現金でやりとりする煩

記事を読む

海外旅行先でも家族や友人とLINEで賢く無料通話するための3条件!

    普段何気なくLINEメールや通話をしていると、料金のことなど全く

記事を読む

ゴキブリを寄せ付けないための「水回り実践掃除術」!

昔は夏にしかいなかったゴキブリですが、最近はそれ以外の季節でも出て来るようになりました。

記事を読む

気になる洗濯層のカビ撃退!超簡単4つの洗濯機掃除法!

  洗濯槽から出したら、洗濯物に黒いワカメみたいなものがついてる!カビ臭い!

記事を読む

固くて開かない瓶のふた!か弱い女性でも簡単に開ける秘策8選

      瓶のふたが開かない! 誰でもこういう経験がある

記事を読む

室内に蟻の行列!最速で蟻を根絶する5つの方法!

    一戸建てはもちろん、マンション室内にも侵入してくるアリ。 地味

記事を読む

写真写りアップのコツとスマホの機能活用で、自撮りが200%綺麗に!

      自撮りって、慣れている人はすごくきれいに写るけれ

記事を読む

クレジットカード ポイント貯め方と賢い使い方基礎知識!

    どうせならポイントがたくさんつくクレジットカードがいい! 誰で

記事を読む

「涙活」(るいかつ)で心のデトックス!週末号泣で脳と心をリフレッシュ!

  そういえば、最近泣くことなんかないなあ… そんなあなたは、心が詰まってしまって

記事を読む

PAGE TOP ↑