*

冬はしょうがで冷え防止!話題の「しょうが鍋」のレシピと作り方2017!

 
冬はしょうがで冷え防止!話題の「しょうが鍋」のレシピと作り方!1  
しょうがといえば、体を温める食品の代名詞

独特な味わいで味を引き締める役割もあり、焼きそばやお好み焼きに紅ショウガ、お寿司にはガリと大活躍。

今回は、そんなしょうがについてまとめました。

スポンサードリンク

しょうがについて

冬はしょうがで冷え防止!話題の「しょうが鍋」のレシピと作り方!2
実は、どこが原産かはっきりわかっていないというしょうが

でも、インドでは紀元前300~500年前に、中国でも紀元前650年には既に食用とされていたと言います。

しょうがは花をつけますが、ほとんど開花しません。
そのため、根茎に栄養が凝縮されているのです。

特有の辛味と香りがありますが、栽培地域によって香りはかなり違うようです。

また、料理での使い方も日本では主に薬味として使われますが、海外ではクッキーやパン、キャンディ、紅茶などに入れて飲食されています。

冬はしょうがで冷え防止!話題の「しょうが鍋」のレシピと作り方!3

しょうがの効能

冬はしょうがで冷え防止!話題の「しょうが鍋」のレシピと作り方!4
しょうが=体を温める」と考えている人が多いですが、摂取方法によっては逆の作用になります

東洋医学では
  • 生しょうが ― 体の表面を温めるが、体温を冷やす
  • 乾燥しょうが ― 体内を温める
と考えられています。

つまり、夏に生のしょうがをすり下ろして摂取すると発汗して体内を冷やしてくれます

逆に冬は生姜を加熱して紅茶などに入れて飲めば、体を芯から温めてくれるわけです。

生しょうがの主成分はジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロン、ジンギベレンなどですが、これらが以下の効能を持っています。
 
  • 血行促進
    ジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロンが体を温めます。
    また血流が良くなるので、疲労回復や消化促進、肩こりなどの症状に効果的とされています。

  • 解熱・発汗
    生しょうがは体の表面を温め、乾燥しょうがは体を内部から温め、発汗を促してくれます。
    その他、中国医学では胃腸の冷えを防止・改善する健胃作用や嘔吐を抑える効能もあるとして、数々の漢方薬に使われています。

  • 殺菌作用
    実は最近の研究で、私たちが信じているほどしょうがには殺菌作用がないことがわかりました
    食中毒の原因とされるサルモネラ菌などには効果がなく、有効であった大腸菌性下痢や一部の細菌に対しても、しょうがそのものではなくジンゲロールを精製した精油の場合でした。
 
冬はしょうがで冷え防止!話題の「しょうが鍋」のレシピと作り方!5  
 

しょうが鍋とは

加熱した食材にしょうがをプラスすることで、体の芯から温めるのが「しょうが鍋」です。胃腸の冷えを防止・改善するため消化作用が働きますから、特に新陳代謝が衰える冬にうってつけですね。
 
 

しょうが鍋のレシピと作り方

①はなまるマーケットのしょうがの薬膳鍋

【材料】
しょうが 40g
鶏もも肉 400g
小さじ2
ごま油 大さじ1.5
6カップ
大さじ4
油揚げ 2枚
長ネギ 2枚
水葉 5株
にら 1束
えのき 1袋
 

【作り方】
  • しょうがは半分すりおろし、半分千切りにする
  • 鶏肉にすりおろしたしょうがと塩をなじませる
  • ごま油で鶏肉を炒める
  • 水と酒を加え沸騰させたら弱火にしてアクを取る
  • しょうが千切りを入れ、15分弱火で煮る
  • 油揚げ・長ネギ・水菜・にら・えのきを加える
  • しょうが・ねぎ・にらで体が温まり、風邪の予防にぴったりです。

    >>しょうがの薬膳鍋
     

    ②超簡単!しょうが鍋

    【材料】
    豚しゃぶ肉 300g
    しめじ 1 1パック
    しいたけ 6個
    えのき 1袋
    白菜 3枚
    ねぎ 1本
    しらたき 1袋
    豆腐 1丁
    800CC
    ほんだし 少々
    大さじ2
    しょうが 2~3個
    適量
     

    【作り方】
  • 鍋に水を入れ、ほんだしと酒を入れる
  • そのまましらたき、しめじ、しいたけ、えのき、白菜、ねぎ、豆腐を入れ、火をつける
  • つけだれを作る。しょうがをたっぷりすりおろし、絞って汁を出す
  • 絞り汁に塩を足す
  • 鍋に豚肉を入れ、煮えたらしょうがの絞り汁でいただく
  •  
    水の状態で肉以外のすべての食材を入れて煮込み、最後に豚肉をしゃぶしゃぶするだけなのでとても簡単です。

    オリンピックの超簡単レシピ しょうが鍋の作り方 

     
     

    まとめ

    鍋料理って、食材をどんどん入れるだけで出来るし、満足感も高いですよね。

    そこにしょうがをプラスすれば、冷え防止になるし、新陳代謝を促してくれるのでダイエットにも効果的です。

    どんどん使いましょう!
     
     

    スポンサードリンク




    関連記事

    「恵方巻き」の由来と2017年節分での正しい食べ方ガイド

      1月後半になると、コンビニやスーパーでやたら目につく「恵方巻き」。 といっ

    記事を読む

    春の旬魚「いかなご」の効能と名物料理「くぎ煮」の作り方2017!

        「いかなご」って聞いたことありますか? 「玉筋魚」「鮊子」と書

    記事を読む

    「七草粥」の由来と効能・作り方まとめ! 2017年はいつ食べる?

      最近は食べない家も多くなりましたが、「春の七草」や「七草粥」という言葉は知っ

    記事を読む

    「2017春キャベツのサラダ」でデトックス!しみ・そばかす予防にも!

        春になると、八百屋さんやスーパーで買うキャベツの重さが急に軽くな

    記事を読む

    春の旬野菜「菜の花」厳選レシピ2017!免疫力を高め、がん予防にも!

        昔はアブラナと呼んだ「菜の花」。 黄色い可憐な花を咲かせます。

    記事を読む

    石川県名物「とり野菜みそ」を使った「とり野菜みそ鍋」がメチャ旨!

    石川県民で知らぬ者はいない、「まつやのとり野菜みそ」。 味噌に調味料を足した、調味味噌です

    記事を読む

    セロリは加熱すると美味しい!血圧低下にも効果のある万能薬だった?

      セロリが苦手な人は多いのでは? あの独特な青臭い香りと味が、淡泊な野菜

    記事を読む

    春の旬野菜「ふきのとう」厳選レシピ2017!花粉症にも効果有り?

      「ふきのとう」という名前は知っていても、実際に食べたことのある人は減っている

    記事を読む

    2017年節分は恵方巻ロールケーキで決まり!レシピと作り方は?

      太巻きもいいけど、やっぱり甘党ならスイーツ! そんな女性を狙い撃ちしたのが

    記事を読む

    パセリはただの付合せに非ず!その豊富な栄養価と口臭予防効果とは!

      付け合せのパセリって食べますか? レストランのパセリって、なんだかしなびてるの

    記事を読む

    PAGE TOP ↑