*

ひな祭りの定番はまぐりのお吸い物!込められた思いと厳選レシピ2017!

 
ひな祭りの定番はまぐりのお吸い物!込められた思いと厳選レシピ!1  
ひな祭りの定番と言えばひし餅、雛あられ、白酒、ちらし寿司、そしてはまぐりのお吸い物です。

昔から受け継がれて来たものということは、ちゃんと意味があるんですね。
今回は、ひな祭りとはまぐりの関係についてまとめました
 

スポンサードリンク

はまぐりについて

はまぐりは「浜の栗」という意味から来ていますが、昔は二枚貝すべてを「はまぐり」と呼んだそうです。

現在国産で一番多く出回っているのはチョウセンハマグリ。
「朝鮮」とも「汀線」とも書きますが、日本在来種です。

長さが8センチ~10センチ、幅3.5センチほどの大きい貝で、現在は瀬戸内海や有明海の一部のみで生息しています。

それ以外のはまぐりはほとんどがシナ(支那)ハマグリで、中国や朝鮮半島から輸入されています。
 
 

はまぐりの栄養と効能

ひな祭りの定番はまぐりのお吸い物!込められた思いと厳選レシピ!2  
はまぐりにはタウリン、ビタミンB12、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などが含まれています。

特にビタミンB12は1個で1日分の必要摂取量を優に超える量を含有しています。

ビタミンB12は貧血、神経痛、末梢神経炎、甲状腺機能亢進症の予防や治療などに効果があります。
また、タウリンも豊富に含んでいます。

血圧を正常にし、血中脂質や肝機能の改善、解毒作用があります。
はまぐりが二日酔いに効く、と言われるのはこのためです。

その他の成分も合わせると、はまぐりの効能はこれだけあります。
  • 貧血予防
  • 高血圧・コレステロール低下
  • 動脈効果予防
  • 骨粗鬆症予防
脂質が少なく低カロリーでもあり、生活習慣病予防・改善にぴったりの食材です。
 
 

ひな祭りにはまぐりを食べる由来

ひな祭りの定番はまぐりのお吸い物!込められた思いと厳選レシピ!3  
さて、このようなはまぐりが何故ひな祭りに食べられるようになったのでしょうか。
これは、江戸時代の貝合わせから来ています。

はまぐりの貝殻は対になっている貝殻以外とはぴったり合わないため、ペアを探すと言う遊びが流行ったのです。

そこから「一生添い遂げる仲の良い夫婦になるように」との願いを込め、公家や大名家の嫁入り道具とされるようになりました。

ここから、「良い伴侶と巡り合えますように」との願いを込めて、女の子の節句に食べさせるようになったのです。
 
 

はまぐりのお吸い物厳選レシピ

ひな祭りの定番はまぐりのお吸い物!込められた思いと厳選レシピ!4  
ここでは、昆布だしを取って作る丁寧な方法と、だしの素を使う方法の両方をご紹介します。


①はまぐりのお吸い物(昆布だし)

スーパーで買ったはまぐりは通常砂抜きをしてありますが、念のため再度おこないます。
出来るだけ食べる直前に作りましょう。

【材料】
はまぐり 250g
水 500ml
昆布 5センチ角1枚
酒 大さじ1

(木の芽)

【作り方】
  • はまぐりを砂抜きする(水300mlに対し塩小さじ2)
  • はまぐりと昆布を水に入れ、火にかける
  • アクが出たらすくい取る
  • はまぐりの口が開いたら弱火にし、酒を加える
  • 味見して、薄ければ塩を足す
  • 椀に盛り付け、あれば木の芽を添える
  •  
    >>はまぐりのお吸い物のレシピ/作り方
     
    >>砂抜きの方法はこちら。
     



    ②はまぐりのお吸い物(だしの素)

    【材料】
    はまぐり 250g
    水 500ml
    だしの素 適量
    三つ葉
    塩 少々
    醤油 少々

    【作り方】
  • お湯を沸かしてだしの素を入れる
  • はまぐりを入れ、口が開いたら三つ葉を入れる
  • 塩で味付け、醤油で風味づけをする
  •  
    Today’s menu はまぐりのお吸い物 

     
     

    まとめ

    はまぐりのお吸い物だけでなく、ひし餅は心臓を表わし災いを防ぐため、ひなあられは四季を表わし一年中幸せでありますようにとの願いを込めて、昔から母親が心を込めて揃えて来ました。

    ぜひこれらの縁起物とともに、ひな祭りをお祝いしてあげて下さいね。
     
     

    スポンサードリンク




    関連記事

    もう臭いと言わせない!「めかぶ」で口臭・体臭予防!簡単レシピ2017!

      「めかぶ」って知っていますか? ぬめりのある、鮮やかな緑色が特徴の海藻です。

    記事を読む

    春の旬野菜「ふきのとう」厳選レシピ2017!花粉症にも効果有り?

      「ふきのとう」という名前は知っていても、実際に食べたことのある人は減っている

    記事を読む

    冬はしょうがで冷え防止!話題の「しょうが鍋」のレシピと作り方2017!

        しょうがといえば、体を温める食品の代名詞。 独特な味わいで

    記事を読む

    冬はねぎで冷え防止と疲労回復!話題の「ねぎ鍋」のレシピと作り方2017!

      ねぎといえば一年中手に入る、お手軽野菜の代表です。 薬味に良し、焼いて良し

    記事を読む

    2017年節分は恵方巻ロールケーキで決まり!レシピと作り方は?

      太巻きもいいけど、やっぱり甘党ならスイーツ! そんな女性を狙い撃ちしたのが

    記事を読む

    パセリはただの付合せに非ず!その豊富な栄養価と口臭予防効果とは!

      付け合せのパセリって食べますか? レストランのパセリって、なんだかしなびてるの

    記事を読む

    ほうれん草が主役のヘルシー「常夜鍋」厳選レシピ2017!

        ほうれん草は一年中採れますが、美味しいのは何と言っても冬。 寒

    記事を読む

    「結婚後も仕事を続けたい女子」との婚活 女の胃袋をつかむ男の料理2017!

    日本では、共働き夫婦が増えました。   1980年代では、専業主婦家庭が1100万

    記事を読む

    「七草粥」の由来と効能・作り方まとめ! 2017年はいつ食べる?

      最近は食べない家も多くなりましたが、「春の七草」や「七草粥」という言葉は知っ

    記事を読む

    春の旬野菜「春アスパラ」の美味しいゆで方と厳選レシピ2017!

        アスパラガス、通称「アスパラ」に2種類あるって知っていましたか?

    記事を読む

    PAGE TOP ↑