*

ささくれ・さかむけの原因は?明日からできる簡単予防策を伝授! 

 
いつの間にか出来ているささくれ・さかむけ。
ほんの少し剥けているだけなのに、結構痛いんですよね。

予防法が色々ありますので、まとめてみました。
 
ささくれ・さかむけの原因は?明日からできる簡単予防策を伝授! 1

スポンサードリンク

ささくれ・さかむけとは

爪の回りにある皮膚が部分的にむける状態を「ささくれ(さかむけ)」と言います。
爪の左右だけでなく、時には下の部分にも起きます。

「ささくれ」は主に東日本で、「さかむけ」は西日本で使われますが、意味は同じです。

 

原因

主に以下の原因で起きる現象です。
 
  1. 乾燥
    特に冬は指の皮膚が乾燥し、水分や油分が欠乏すると皮膚が柔軟性を失ってしまいます。
    マニキュアの除光液なども指を乾燥させます。

  2. 栄養不足
    特に皮膚を作るたんぱく質不足の時に起こります。
    ダイエット中は特になりやすいです。

  3. 刺激
    水仕事で洗剤を使う事により炎症が起き、手荒れを起こします。
    冬は合成繊維製の手袋も静電気を起こしやすく、刺激となります。

 

予防法

こまめにハンドクリームを塗りましょう。
特に爪の回りは念入りに摺り込んで下さい。

水仕事をする時には、ゴム手袋を必ずつけましょう。
 
おうちで簡単ネイル&ハンドケアのやり方


 
たんぱく質をしっかり摂る事も大切です。
更に、ビタミンも意識して摂りましょう。
ビタミンAやB2は乾燥を防ぎ皮膚を健康に保ちます。

B6は皮膚障害の予防効果があります。

Eは傷や炎症を治す作用があります。食事だけでは難しい時は、マルチビタミン剤を服用して下さい。
 

治療法

ささくれ・さかむけの原因は?明日からできる簡単予防策を伝授! 2  
そのままにしたり無理に剥くと、雑菌が入り込んで化膿したり、カビ菌に感染してしまう危険性があります。

以下の方法で丁寧にカットして下さい。
 
  1. ネイルニッパーや眉用のはさみを消毒する。
  2. ささくれ部分を出来るだけ根元からカットする。
  3. ハンドクリームなどで保湿する。
  4. 剥けて痛い場合は、エタノールなどで拭き、絆創膏やガーゼで雑菌が入らないようにする。
 
手軽な商品に小林製薬の「サカムケアや同種の塗り薬があります。
言ってみれば医療用ボンドです。

乾くと薄い膜が出来、患部を保護してくれます。
確実に治りは早くなりますよ。


東洋医学では

東洋医学では各指がそれぞれの臓器と関係があると考えています。
簡単に分けると、以下のようになります。
ささくれ・さかむけの原因は?明日からできる簡単予防策を伝授! 3

  • 親指ー肺径(呼吸器、水分代謝、体温調整など)
  • 人差し指ー大腸径(消化器)
  • 中指ー心包径(各臓器、精神のコントロール)
  • 薬指―三焦系(消化吸収の代謝、内分泌系。首から上の機能を司る)
  • 小指―心径(心臓径、小腸系、血液循環、目・耳など)

指自体ではなく、ささくれした指とつながる臓器に問題がある、という考え方をするのです。

例えば目が疲れているなら薬指に、便秘気味だと人差し指にささくれなどの反応が出る、ということです。

特に冬は新陳代謝が悪くなりますから、末端である指にまで血液が回らず、ささくれなどの反応が出そうですね。

体を温め、たんぱく質をしっかり摂って、手のケアをおこたらないようにしましょう。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

口臭の原因 膿栓(臭い玉)のツールを使った簡単な除去法とは!

  「膿栓」って聞いた事がありますか? 咳払いした時などに白くて臭い塊が飛び出して

記事を読む

手足が冷えて眠れないあなたに捧ぐ!熟睡するための秘策5選

    「手足が冷えて眠れない」「人一倍手が冷たい」… こんな症状で悩

記事を読む

2017人間ドック!胃カメラの苦しみを和らげる厳選テクニック!

  「胃カメラ」と聞いただけで「怖い!」ってイメージ、ありませんか?痛い、苦しい、咽る…

記事を読む

胃カメラ「口から」と「鼻から」痛さや苦しさの違いは?検査の精度は?

  どうしても胃カメラが飲めない…特に一度つらい思いをすると、恐怖心が先に立ってしまいま

記事を読む

鼻の諸問題を一挙解決!インド式鼻うがい「鼻ヨガ」の効能とやり方!

  花粉症や鼻炎で悩んでいる人に良いと言われるのが、鼻うがい。 片方の鼻から水を入れて

記事を読む

春の旬野菜「ふきのとう」厳選レシピ2017!花粉症にも効果有り?

  「ふきのとう」という名前は知っていても、実際に食べたことのある人は減っている

記事を読む

「鼻うがい(鼻ヨガ)」で花粉を洗い流し、長年の花粉症とサヨナラ!

  毎年苦しめられる花粉症。 早い人は2月初め頃から症状が出始め、GW後まで続く、長く

記事を読む

妻が産後うつ! 離婚を招かないための夫の妻への接し方マニュアル2017!

  奥さんが妊娠中のご主人、または、出産したばかりのご主人、「産後うつ」という病気を

記事を読む

風邪の時のお風呂は体に良い、悪い?正しい入浴法は?

  風邪を引いた時、お風呂に入っていますか? 多分、ほとんどの人が入ってはいけ

記事を読む

鼻づまりで夜眠れないあなたに捧ぐ!すぐ効く鼻づまり解消法9選!

    風邪や花粉症で鼻がつまって眠れない! こんな悩みをお持ちの方も

記事を読む

PAGE TOP ↑