*

2017春の横浜デート「三溪園観桜の夕べ」夜桜ライトアップで優美な夜を!

 
横浜本牧「三溪園観桜の夕べ」2016!時期・イベント・アクセスは?1  
横浜の三溪園(さんけいえん)は、古くから横浜市民に親しまれて来た日本庭園。

現在は回りが工業地帯となってしまい、遠景にコンビナートの煙突が見えるなど興ざめな所もあり残念ですが、静寂に包まれた広い庭園は別世界です。
 

スポンサードリンク

三溪園観桜の夕べについて

横浜本牧「三溪園観桜の夕べ」2016!時期・イベント・アクセスは?2
三溪園は生糸貿易で財をなした原三渓が開園した、175,000平方メートルの日本庭園です。

桜はもちろん、梅、ツツジなど四季折々の花を見ることができます
園内には大池、旧燈明寺三重塔、旧東慶寺仏殿など、京都や鎌倉などから移築した古建築が多数あります。

起伏のある自然を生かした園内のこれらの建築物の多くは、指定重要文化財です。

観桜の夕べ」では三重塔などをライトアップし、大池に映る幻想的な桜や闇に浮かび上がる建造物が、妖しくも優美な世界を醸し出します。
 
 

桜の見頃時期

3月下旬から4月上旬が見頃です。
特に大池周辺と旧燈明寺本堂周辺に多くの桜が集まっています。

桜のほか、ユキヤナギ、ヤマブキ、フジ、ツツジ、サツキなども美しい姿を見せてくれます。

紅葉の名所でもあり、11月中旬からはモミジ、カエデ、イチョウなどが園内を華やかに染め上げます。
 
 

イベント情報

3月下旬から4月上旬の間、ライトアップをおこないます。
時間は日没前(18:30頃)から21:00まで。

ただし、夜間は安全上観覧範囲が大池とその周辺に限られます
夜桜と旧燈明寺三重塔が闇夜の静寂な空気の中浮かび上がり、幻想的な世界を作りだします。
 
横浜・三渓園 観桜の夕べ 

 
大池沿いにある三溪記念館入口にはミュージアムショップがあり、写真集や絵葉書、工芸品などを販売しています。

また、三溪記念館ロビーの「抹茶処望塔亭」で抹茶と餡入り落雁をいただくことができます。

園内には食事処が3つあります。
  • 三溪園茶寮」ではうどん、そば、お団子など、
  • 雁ヶ音茶屋」では昔ながらの正油ラーメンやそば、おでん、お汁粉など、
  • 待春軒」では季節のご飯、おでん、しゅうまい、卵焼きをお弁当箱につめた桃山御膳やそば、お汁粉などをいただくことができます。
 
 

アクセス情報

横浜本牧「三溪園観桜の夕べ」2016!時期・イベント・アクセスは?3  
【住所】神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1

【開園時間】9:00~17:00 観桜の夕べの祭は8:30~21:00

【入園料】
  • 大人500円、
  • 小人(小学生)200円
  • 1年間有効のパスポートあり 2,500円

  • 【アクセス】
  • 電車:JR京浜東北(根岸)線「根岸駅」下車、駅前1番乗り場市営バス「本牧」下車徒歩10分
  • バス:横浜駅東口より8系統または148系統「本牧三溪園前」下車
    桜木町より8系統、106系統、148系統「本牧三溪谷園前」下車
  • :首都高速本牧ふ頭出入口から国道357号経由3km

  • 【駐車場】
    平常時80台(2時間500円、以降30分毎100円)
    本牧市民公園駐車場300台(1時間200円)

    【問い合わせ】公益財団法人 三溪園保勝会 045-621-0634

    【URL】http://www.sankeien.or.jp/index.html

    横浜市三溪園

    ペットを連れての入場はできません(盲導犬・聴導犬を除く)
    また、持参した飲食物を取れる場所が決まっており、それ以外の場所にはその旨の掲示があります。
     
     

    まとめ

    この付近は昭和20年9月米軍に接収され、米軍人やその家族が暮らす「横浜海浜住宅地区」でした。

    昭和57年にようやく米国から日本政府に返還され、日本人の街として成り立ったのは昭和63年(1988年)でした。

    そのため伝統のある建造物は殆どなく、三溪園以外の見どころはこの近辺にはまだないのが現状です。

    ですが、中華街や元町には車で15分、バス(8系統、148系統)でも30分ほどですので、異国情緒あふれる街と純和風庭園の両方をぜひ味わって下さいね。
     
     

    スポンサードリンク




    関連記事

    2017春の熊本の桜名所「一心行の大桜」 菜の花畑とのコラボが絶景!

        少しずつ暖かくなって来ましたね。 毎年微妙にずれる桜の開花予想

    記事を読む

    2107春 東京駅前のオアシス 八重洲さくら通り「日八会さくら祭り」!

        東京の玄関、東京駅北口の八重洲にある桜通りは、ビルに囲まれた車道

    記事を読む

    「富士芝桜祭り」2017! 富士山の麓に咲き誇る花絨毯、イベントも満載!

      「芝桜」ってご存知ですか? 桜という文字はついていますが、全く違う品種です。

    記事を読む

    日本三大桜 福島の巨木「三春滝桜」2017!滝のような桜は必見!

      東日本大震災でも数本の小枝が折れたのみだったという奇跡の桜、「三春滝桜(みは

    記事を読む

    2017春のデートは井の頭恩賜公園でボートに乗って桜の花見!

      井の頭恩賜公園(井の頭公園)は、1917年開園した伝統ある都立公園です。

    記事を読む

    横浜の春の息吹!横浜さくら通り「みなとみらい21さくらフェスタ」2017!

      みなとみらいは理路整然とした街づくりが特徴の高層ビル街です。 横浜ランドマ

    記事を読む

    弘前さくら祭り2017! 絶景花筏(水面に浮かぶ桜の花絨毯)は必見!

        弘前と聞いてまず思い浮かぶのはりんごでしょうか。 実は弘前の桜

    記事を読む

    大阪造幣局 1週間限定「桜の通り抜け」2017!時期・アクセスは?

        大阪の造幣局内に一般人が出入りできるって聞いてびっくり! 東京

    記事を読む

    愛知岡崎公園の桜まつり2017! 東海随一の夜桜は必見!

    東海随一と言われる夜桜が見られるのが、愛知の岡崎公園一帯と伊賀川堤。 毎年多くの観光客が訪

    記事を読む

    2017春の六本木お花見スポット! 六本木ヒルズ・毛利庭園・さくら坂!

    都会の高層ビルの中で咲く桜ってちょっと不思議です。 無機質なビルに囲まれているのに、全

    記事を読む

    PAGE TOP ↑