*

低カロリー・低糖質の「キヌア」だから実現できる奇跡のダイエット!

 
女性なら(男性も?)誰でもダイエットは気になりますよね。

でも、食べることが好きな私たち、置き換えダイエットとか1食抜きダイエットはなかなか続けられません。

そんな私たちにぴったりなのが、「キヌア」を利用したダイエットなんです。

低カロリー・低糖質の「キヌア」だから実現できる奇跡のダイエット!1

スポンサードリンク

キヌアとは

南米、特にペルーやボリビアで取れる雑穀です。

栄養価が非常に高く、しかも痩せた土地や塩分の多い土壌でも育つため、古くから現地では主食として利用されて来ました。

日本でいえばソバ、ヒエ、アワのようなものですが、それらより栄養価が高いのです。


キヌアのカロリー

キヌアのカロリーは100g当たり368kcal(米国農務省のデータによる)。

白米が356kcal、玄米が350kcalですから、殆ど変わりませんね。
これらはすべて生の状態での数値です。

炊いたらどうでしょうか。
キヌアは「これが正しい」という水分量がありませんから、人によって意見がまちまちです。

炊くと2倍に膨らむ」「135gの生のキヌアは茹でると525g(3.9倍)になる」などなど。

例えば3倍で計算すると300gで368kcalということになります。

一方、白米は2.3倍になるので、ごはん230gで356kcalです。

ご飯1杯150gとすると、キヌアは184kcal、ごはんは232kcalです。
キヌア(生)  精白米(生  玄米(生)
エネルギー 368kcal 356kcal 350kcal
炭水化物 64.2g 77.1g  73.8g
たんぱく質 14.1g 6.1g   6.8g
脂質  6.0g 0.9g 2.7g
 食物繊維  7.0g 0.5g 3.0g
糖   質
(炭水化物-食物繊維 )
57.2g 76.6g 70.8g
※精白米・玄米は文部科学省データベース、キヌアは米国農務省のデータより(100g当たり)

キヌアの糖質

表のように、100g当たりキヌアの糖質は57.2g、白米が76.6gになります。

これも上のカロリーと同様、水分量によって出来上がりの糖質は大幅に変わって来ます。

3倍に膨らんだ場合で計算すると、300gで57.2g、白米は230gで76.6g。お茶碗1杯150gとすると、キヌアが1杯28.6g、ごはんなら49.9gという計算になります。

糖質量はごはんに比べれば3/5ですが、それほど低いとは言えませんね。

キヌアの炊き方


ダイエット効果

低カロリー・低糖質の「キヌア」だから実現できる奇跡のダイエット!2
キヌアの糖質はそれほど低くないと書きましたが、なぜ糖質が良くないかというと、血糖値が上がるからです。

ところがキヌアは血糖値の上昇指数が非常に低く、食べても血糖値があまり上がらないという特性があります。

ですから、糖質制限ダイエットをしている人は、キヌアをご飯代わりにするなど上手く取り入れることが可能です。

糖質制限していなくても、食物繊維が豊富なのでダイエット向きの食材と言えるでしょう。

ただ、キヌアは決して安いものではありません。

100g当たり200~300円はしますから、ご飯茶碗1杯で150~200円。
1日3回食べたら月15,000円になってしまいます

ご飯代わりにするのは1日1回にするなどして、うまく料理に取り入れましょう。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

長年の便秘がスッキリ!ココナッツオイルとコーヒーは奇跡の組合せ?

  ココナッツオイルといえば、既に日本ではちょっと大きいスーパーに行けば手に入るほど、ポ

記事を読む

21世紀のスーパーフード「キヌア」お勧めレシピ!食べあわせ注意点!

  基本の炊き方はわかったけれど、これをどう工夫したらいいの? 最初は誰でも悩んで

記事を読む

ココナッツオイルで顔のしわ・しみ・毛穴を改善する秘密のテクニックとは?

  今や女性の美肌やダイエットに欠かせないと言われている、ココナッツオイル。 でも、街

記事を読む

「エゴマ油」アレルギー進行抑制の効能あり、アトピーと花粉症に有効!

  テレビで効能が紹介されて以来、大人気のエゴマ油。 油としてはかなり高価

記事を読む

自家製「デトックスウォーター」の作り方!美容とダイエット効果抜群!

    美容やダイエットに高い効果の「デトックスウォーター」。 作り方

記事を読む

「エゴマ油」記憶学習能力向上の効能あり、認知症予防に有効!

  イタリアの食科大学研究者が訪れるほど、世界的に注目を集めているエゴマ。 オ

記事を読む

中高年の味方「黒しょうが」!アンチエイジング・更年期障害予防・精力増強!

  タイでは1000年前から滋養強壮に絶大な効果があるとされてきた貴重なハーブ、

記事を読む

毎朝「白湯」で内臓を暖める習慣が、ダイエットに有利な身体を作る!

  ミランダ・カーやビヨンセ、ローラが毎朝飲んでいると話題なのが、「白湯」。

記事を読む

「キヌア」の炊き方と保存方法。臭味を取るためのマル秘テクニック!

  小粒で白ごまのような「キヌア」。 ダイエット食品として広く知られて来ましたが、

記事を読む

風邪を引いた時の「卵酒」は本当に効果ある?レシピと作り方は?

    卵酒って飲んだことありますか? 「風邪の時飲むと体の芯から

記事を読む

PAGE TOP ↑