*

鼻づまりで夜眠れないあなたに捧ぐ!すぐ効く鼻づまり解消法9選!

 
鼻づまりで夜眠れないあなたに捧ぐ!すぐ効く鼻づまり解消法9選!1  
風邪や花粉症で鼻がつまって眠れない!
こんな悩みをお持ちの方も多いと思います。

多分、いつの間にか口呼吸で眠っているのでしょうが、口呼吸はよくありません
すぐ効く鼻づまり解消法を集めました。
 

スポンサードリンク

鼻づまりの原因

鼻づまりで夜眠れないあなたに捧ぐ!すぐ効く鼻づまり解消法9選!2  
鼻づまりの原因は、大きく分けると3つあります。
  • ①風邪などで副鼻腔が腫れる
  • ②アレルギー性鼻炎
  • ③鼻内部の構造異常
鼻は、ウイルスやアレルゲンが鼻腔内に侵入すると鼻水を出してそれを排除しようとします。
すると鼻の中の血管も広がり、粘膜が腫れて来るようになります。

これが長く続くと粘膜の腫れがひどくなり、空気が通りづらくなるのです。

風邪の引き始めなど、鼻水が水のようなのは、まだ粘膜が腫れていないからです。
また、風邪ウイルスと白血球が戦った残骸が、粘り気のある鼻水です。

薄い緑色の鼻水が出ると風邪の治りかけと言いますが、この残骸は粘り気があるので鼻をかんでも出にくく、これも鼻づまりの原因になります。

なお、副鼻腔が長期間炎症を起こしていると、副鼻腔炎(蓄膿症)になる危険性があります。

鼻内部の構造異常というのは、先天的なものと後天的なものがあります。
先天的なものは鼻中隔湾曲症、後天的なものは鼻茸(はなたけ)とアデノイドの腫れが主な原因です。

鼻茸は鼻粘膜にポリープが出来たもので、アデノイドは5歳頃までによく起こる、リンパ組織の腫れです。

さらに最近「寒暖差アレルギー」という症状が注目されています。

空気の温度差が鼻の粘膜を刺激し毛細血管を広げるので、粘膜がむくみ鼻水や鼻づまりの症状が出ることがあります。


鼻づまりの解消法

鼻づまりで夜眠れないあなたに捧ぐ!すぐ効く鼻づまり解消法9選!3  
 

①鼻を温める

一番簡単な方法です。
濡らしたタオルをレンチンし、鼻全体を覆います。
また、入浴は全身が温まるので一番おすすめです。
 
 

②温かい汁物やミルクなどを飲む

うどんやラーメンを食べると鼻水が出ますね。
それと同じ原理です。
 
 

③マスクをする

これは①の応用です。
マスクで冷たい空気が鼻に当たらなくなり、体温でマスク内側が温まるので、鼻づまりが解消します。
 
 

④玉ねぎを嗅ぐ

生のたまねぎをカットし、その切り口から匂いを嗅ぎます。
硫化アリルという成分に粘膜の炎症を落ち着かせる作用があります
 
 

⑤鼻のツボを押す

<迎香>げいこう

<迎香>げいこう



鼻の両脇にあります
ここを押したりこすったりして刺激を与えると、鼻の通りがよくなります。

少し強めに押すのがポイント
その他、眉間の中央にも<印堂>という鼻水鼻づまりに効くツボがあります。
 
鼻づまりを簡単に解消するツボ 

 
 

⑥エッセンシャルオイルを嗅ぐ

鼻づまりで夜眠れないあなたに捧ぐ!すぐ効く鼻づまり解消法9選!5  
鼻づまりを解消すると言われるエッセンシャルオイル(精油)は色々あります。
お手持ちのものでお試し下さい。

なお、ラベンダー以外は直接肌につけないように
ペパーミント/ユーカリ/ラベンダー/ガーリック/ニアウリ/パイン
 
 

⑦メンソール系のものを嗅ぐ・食べる

精油のペパーミントなどのほか、ミント系ガムやキャンディ、サロンパス、ヴェボラップなどスーッとする匂いのものなら何でも試してみましょう。
 
 

⑧ペットボトルを脇に挟む

これはTVで紹介されていた方法です。
詰まっている鼻の反対側の脇にペットボトルを挟みます。

交感神経が刺激されることによって鼻づまりが治ります
ペットボトルでなくても、強く巻いたタオルなど、刺激を与えられるものなら何でもOK。
 
 

⑨鼻腔拡張テープを貼る

ブリーズライトなど、鼻腔を広げるテープを鼻に貼る方法です。
 
 

まとめ

鼻がつまると自然に口呼吸になってしまいますが、鼻はその構造で細菌などの有害物質を体内に取り入れない働きをしています。

口呼吸になると細菌がダイレクトに体内に入りやすくなりますし、一説には歯並びや顎の形にも影響を及ぼすのだとか。

眠る時はマスクをしたり布団を顔まで被るなど、色々試して下さいね。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

鼻の諸問題を一挙解決!インド式鼻うがい「鼻ヨガ」の効能とやり方!

  花粉症や鼻炎で悩んでいる人に良いと言われるのが、鼻うがい。 片方の鼻から水を入れて

記事を読む

風邪の時のお風呂は体に良い、悪い?正しい入浴法は?

  風邪を引いた時、お風呂に入っていますか? 多分、ほとんどの人が入ってはいけ

記事を読む

胃カメラ「口から」と「鼻から」痛さや苦しさの違いは?検査の精度は?

  どうしても胃カメラが飲めない…特に一度つらい思いをすると、恐怖心が先に立ってしまいま

記事を読む

2017人間ドック!胃カメラの苦しみを和らげる厳選テクニック!

  「胃カメラ」と聞いただけで「怖い!」ってイメージ、ありませんか?痛い、苦しい、咽る…

記事を読む

ささくれ・さかむけの原因は?明日からできる簡単予防策を伝授! 

  いつの間にか出来ているささくれ・さかむけ。 ほんの少し剥けているだけなのに、結構痛

記事を読む

内臓が冷えると太りやすい? ダイエット失敗の意外な原因!

  ダイエットしているのに、なかなか痩せない事ってありますよね。 そんな時、お腹を触っ

記事を読む

口臭の原因 膿栓(臭い玉)のツールを使った簡単な除去法とは!

  「膿栓」って聞いた事がありますか? 咳払いした時などに白くて臭い塊が飛び出して

記事を読む

手足が冷えて眠れないあなたに捧ぐ!熟睡するための秘策5選

    「手足が冷えて眠れない」「人一倍手が冷たい」… こんな症状で悩

記事を読む

春の旬野菜「ふきのとう」厳選レシピ2017!花粉症にも効果有り?

  「ふきのとう」という名前は知っていても、実際に食べたことのある人は減っている

記事を読む

「鼻うがい(鼻ヨガ)」で花粉を洗い流し、長年の花粉症とサヨナラ!

  毎年苦しめられる花粉症。 早い人は2月初め頃から症状が出始め、GW後まで続く、長く

記事を読む

PAGE TOP ↑