*

子供を海外留学させ、日本より安く(無料)効果的に国際人にする秘策とは?

 
子供を海外留学させ、日本より安く(無料)効果的に国際人にする秘策とは?
日本では多くの親御さんたちが、子供の英語教育や海外留学などについて関心を持たれていると思います。
 
でも海外留学は費用が高く、我が家には無理と諦めている方が多いのではないでしょうか。
 
でも諦めるのはまだ早いです!
今日はあまり知られていない、子供を無料で海外留学させ国際人にする秘策を伝授します。
 

スポンサードリンク

高校留学編

子供を海外留学させ、日本より安く(無料)効果的に国際人にする秘策とは?
まず高校生の留学について、説明します。
一般的によく知られているのは、交換留学と私費留学です。
 
交換留学は現地の一般家庭にホームステイ(無償)しながら現地の公立学校に通う形で、基本的に国や地域は選べません。
プログラム参加費は1年間のコースで約150万円位かかります。
 
私費留学の場合は一般家庭にホームステイ(有償の場合が多い)か寮に滞在し、現地の学校に通う形ですが、国や地域を選ぶことが出来ます。
ただし費用は300万円~450万円程度かかります。
 
交換留学・私費留学何れにしてもかなりの費用がかかりますが、これら以外にあまり知られていない国際ロータリークラブを活用した方法を紹介します。
 
 

国際ロータリー日本青少年交換プログラム

全国各地の国際ロータリークラブで高校生の1年間の海外派遣事業を行っています。
プログラムの内容は各地区のロータリークラブにより異なりますが、概要は以下の通りです。
 
派遣国:世界各国
生活:現地ロータリークラブ会員の家庭にホームステイして地元の高校に通う。
費用:ロータリークラブが、学費・生活費(食費・宿泊費)・お小遣いを負担
留学生の自己負担は、現地までの渡航費用・海外旅行保険費用・現地でのオプショナルツアー参加費
選考試験:英語・小論文・面接
東京ロータリーの募集ページ(参考)
 
私の知人が一昨年息子さんをこの制度で米国に留学させました。
 
地域にもよるのでしょうが、知人の地域では参加を希望する学生が少なく、申し込めば通る感じだったとのことです。
 
彼は米国ハリウッドのお金持ちの家にホームステイして快適な生活を送ったようです。
 
また日本の高校との協議になるようですが、米国の高校での単位が日本の高校で認められ、休学や留年扱いにならなかったとのことです。
 
この制度を使うと正に無料で子供を海外留学させ、国際人としての第1歩を歩ませることが出来ます。
 
 

大学留学編

子供を海外留学させ、日本より安く(無料)効果的に国際人にする秘策とは?
海外の大学への留学というと米国・イギリス・オーストラリアが思い浮かぶと思います。
でもこれらの国々の学費は高いです。
 
また日本の大学の学費自体もかなり高く、最近国立大学の授業料の値上げが騒がれていて、不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。
 
このような親御さんにお勧めしたいのが、子供をヨーロッパの大学に留学させることです。
あまり知られていませんが、ヨーロッパの大学の学費は驚くほど安いのです。
 
なかでもお勧めなのが、海外からの留学生でも学費が無料ドイツ・ノルウェー・フィンランドの大学への留学です。
 
ヨーロッパの大学では授業の英語化が進んでおり、英語で授業を受けることが出来ます。
 
ヨーロッパの大学で英語力と国際感覚を磨きながら学位を取得できれば、日本の大学と一味違う中身の濃い勉強と経験そして国際的な人脈が出来ると思います。
それも学費無料ですから最高に親孝行です。(笑)
 
良い事ばかりのようですが、ここで気になることが2つ出てきます。
 
1つ目は現地の物価
2つ目は大学に入学するための英語力
 
まず物価についてですが、ノルウェー・フィンランドはかなり物価が高いので、個人的にはドイツの首都ベルリンをお勧めします。
 

東京とベルリンの物価比較

 東京ベルリン
レストラン食事代800円1,044円
牛乳(1ℓ)174円97円
米(1kg)458円221円
卵(12個)218円217円
牛肉(1kg)2,260円1,813円
りんご(1kg)848円240円
水(1.5ℓ)158円50円
国産ビール
(0.5リットル)
247円107円
タクシー
初乗り代金
730円509円
ワンルームアパート
家賃(郊外)
77,205円59,649円

※出典:NUMBEO 2016年2月時点のデータ及び為替レートに基づき掲載
 
ご覧の通り外食の値段はベルリンのほうが高いですが、スーパーでの買い物費用などはベルリンの方が大幅に安く、自炊をすれば東京より安く生活できることがお分かり頂けると思います。
 
 
次に英語力ですが、TOEFLで最低80点必要になります。
高校卒業時点でこのスコアはかなり難しいかもしれません。
 
そこで、短期集中で英語力を上げるためにフィリピンに短期語学留学に行くという手もあります。
さすがにこの留学費用は無料にはなりませんが、4年間無料でヨーロッパの大学に行くための先行投資だと思えば、安いものではないでしょうか。
 
 

まとめ

子供を海外留学させ、日本より安く(無料)効果的に国際人にする秘策とは?
私が中高生の頃は海外留学について全く知識もなく、当然のように日本の大学(文系)に入りました。
 
でも当時の大学では授業はサボるのが当たり前、試験前の一夜漬け勉強だけで単位を取って、どちらかというと勉強より、アルバイトやサークル活動に注力するという一般的な風潮に流され、親から高い授業料を出して貰っていながらも空回りしていた感がありました。
 
出来れば自分の子供は空回りせず、身のある学生生活を送り、海外で活躍できる国際人になって欲しいという思いがあり、色々と調べてみました。
 
当然子供には子供の考えがあり、親の思い通りにはなりませんが、色々な選択肢を提示してあげることは親の重要な役目だと思います。
 
これからの国際社会を生き抜いていく力を付けるために、海外留学は有力な手段になります。
子供と一緒に考えてみてはいかがでしょうか。
 
場合によっては、自分も子供と一緒にヨーロッパに住んでみるのも面白いかもしれませんね!
 
 

スポンサードリンク




関連記事

外国人殺到の白馬でワーホリ2017! 0円留学と24時間英語環境の勤務とは?

英語力をつけるために留学するという学生さんは、昔からよく聞きます。 確かに、海外へ行き、一

記事を読む

海外駐在員が語る英語の重要性と密かに実践している外国語学習法とは?

    私は現役の海外駐在員で、今までアジアや中東など色々な国に駐在し、

記事を読む

白馬で大人の英語キャンプ2017! 大自然の中で朝から晩まで英語漬け?

英語を身に着けたくても、国内にいると、どうしても英語漬けになることは叶わないな〜なんて思っていま

記事を読む

語学留学の新潮流!「ハンガリー英語留学」の7つの魅力とは?

  数年前から英語留学と言えばフィリピンが流行していますが、今回はあえてはるか遠い東

記事を読む

2017年夏休み 国内で実践 英語と国際体験! 人気英語サマーキャンプ3選!

近年、子供の人気の習い事の1つに、英会話があります。 やはり国際化社会となり、東京オリ

記事を読む

話題の英会話学習教材2017! 美男・美女講師のYoutube英語レッスンとは?

東京オリンピックが開催されることになったのもありますが、今、日本では子供から大人まで、英語教

記事を読む

子供をトリリンガルにして「世界を舞台に活躍する人材」にする方法とは?

  私は仕事の都合で永年海外に住んでいますが、海外から冷静に日本を見て思うのは、少子

記事を読む

「トビタテ!留学JAPAN」返済不要な奨学金を得て海外留学する秘策とは?

海外留学は資金面のハードルが高く我が家には難しいとお考えの高校・大学生の親御さんに、超お得な情報

記事を読む

PAGE TOP ↑