*

2018年賀状をメールやSNSに切り替えるために今から取組むべきことは?

 
2017年賀状をメールやSNSに切り替えるために今から取組むべきことは?1  
 
年賀状って、何ともやっかいですよね。
出すのは面倒くさいけれど、もらうとちょっとは嬉しかったりして。

でも、くれた人に出していなかったりすると焦るし…。
最近、特に高齢の方が新聞の投稿欄などで「年賀状卒業宣言」をされているのが見受けられます。

でも、必ず後日反論の意見も掲載されているようです。
あなたは出す派?出さない派?
 

スポンサードリンク

年賀状の必要性検証

2017年賀状をメールやSNSに切り替えるために今から取組むべきことは?2  
 
新聞の投稿でもわかるように、特に高齢の方にとっては知人友人の安否確認という意味合いが強く、大切に思っている方が多いようです。

逆に「終活」している場合は卒業宣言する人が結構います。

また、年賀状は古くからある慣習のため、慣習を守る=礼儀を知っているという考え方があります。

上司やお世話になった方にメールというのはやはり失礼だと感じられるようです。
その他、学生時代は仲良かったんだけど就職・結婚で音信不通に…

という人からの年賀状はとても嬉しい、という意見や、デザインを考えたりネットで探して一番お気に入りのものを探す行為自体が楽しい、という人もいます。
 
 

メールやSNSに切り替えるメリット・デメリット・リスク

2017年賀状をメールやSNSに切り替えるために今から取組むべきことは?3  
 
<メリット>
  • 環境保護につながる
  • スマホ用年賀状も豊富にあり、一斉メールも出来るので楽
  • 葉書代やインク代がかからず安上がり
  • 年賀状を作成するより手間も時間もかからない
  • 郵便事故で届かないということがない
  • かさばらない
 
<デメリット・リスク>
  • アドレスやアカウントが分からない人には出せない
  • 事務的、機械的なイメージがある(特に仕事相手)
  • お年玉付きの楽しみがない
  • 残らないので特別感がない、読み返せない
 
 

具体的な準備

2017年賀状をメールやSNSに切り替えるために今から取組むべきことは?4  
 
一番簡単なのは年賀状をやめる1年前の年賀状に以下のように書き添えることです。

一身上の都合により、本年を持ちまして
どなた様にも年始のご挨拶を欠礼させていただくことといたしました。
今後もお元気でお過ごし下さいますよう、心よりお祈り申し上げます
 

あなたにだけではない、ということをわかってもらうために「どなた様にも」「皆様に」といった文言は必ず入れましょう。

もう間に合わないのであれば、まず年賀状をくれた人のリストを作りましょう。

よく会う友人知人には毎年年末は大忙しなので、申し訳ないけれど年賀状は送らないね。でも元旦にメールするからと伝えます。

SNSで公表しても良いでしょう。

あとは、年賀状をもらってからメールする、松の内を過ぎてから「寒中見舞い」として上の文章を書いて送るという方法があります。

ただ、全員に年賀状を出さないというのではなく、年賀状だけの付き合いの人には出さない、という場合はこの文言は後でトラブルの元になる危険性がないとはいえません

フェードアウトしたほうが無難でしょう。
 
 

まとめ

2014年のトレンド総研調査によると、年賀状を送らないビジネスパーソンは送る人より平均年収が140万円低いそうです。

50代ではなんと215万の差。
親しい人にはメールやSNSで良いですが、仕事関係者にはやはり年賀状が良さそうですね

特に手書きの部分が多いほど、受け取った人からの評価は高いようですよ。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

スーツケースに貼られたシールの剥がし方!ベタベタも取れる簡単な方法とは?

    旅行に行くたび増えるシールやステッカー。 航空会社が封印や

記事を読む

海外旅行先でも家族や友人とLINEで賢く無料通話するための3条件!

    普段何気なくLINEメールや通話をしていると、料金のことなど全く

記事を読む

2017年版 クレジットカード ポイント貯め方と賢い使い方基礎知識!

    どうせならポイントがたくさんつくクレジットカードがいい! 誰で

記事を読む

気になる洗濯層のカビ撃退!超簡単4つの洗濯機掃除法2017!

  洗濯槽から出したら、洗濯物に黒いワカメみたいなものがついてる!カビ臭い!

記事を読む

ゴキブリの徹底駆除方法と今後二度家に侵入させない方法2017!

  夏になると、特に夜「カサッ」と音がするだけでびくっとしますよね。 一体どこ

記事を読む

写真写りアップのコツとスマホの機能活用で、自撮りが200%綺麗に!

      自撮りって、慣れている人はすごくきれいに写るけれ

記事を読む

共稼ぎ夫婦の家計管理と生活費分担2017! 統合管理か独立採算拠出型か?

  共稼ぎ夫婦が、随分と増えました。 働き方の形態は、世帯によって様々ですが、

記事を読む

共稼ぎ夫婦の家事分担2017! 離婚騒動を回避するための協力体制とは?

  生活するのって、本当にお金がかかりますよね。 私の周りにも、子供が幼稚園く

記事を読む

冬の乾かない洗濯物を快速乾燥!秘密のテクニック16選

  冬の洗濯ってうんざりしませんか? 洗濯物の量は増えるのに、朝から干して

記事を読む

ゴキブリを寄せ付けないための「水回り実践掃除術」2017!

昔は夏にしかいなかったゴキブリですが、最近はそれ以外の季節でも出て来るようになりました。

記事を読む

PAGE TOP ↑