*

「蔵王キツネ村」海外観光客が殺到する130匹のキツネたちの生態とは?

 
「蔵王キツネ村」海外観光客が殺到する130匹のキツネたちの生態とは?1  
 
日本では「キツネ」というと「化かす」という言い伝えがありますし、畑を荒らすということもあってあまり良いイメージがありません。

でも、人間に飼育されるとこんなにかわいくて人懐っこくなるんですよ!
 

スポンサードリンク

蔵王キツネ村とは

「蔵王キツネ村」海外観光客が殺到する130匹のキツネたちの生態とは?2  
 
宮城県の蔵王山からほど近い所にあるのが「蔵王キツネ村」です。

キツネの数なんと130頭!

放し飼いエリアと屋内飼育エリアがあり、屋内飼育エリアではふれあうこともできます。

現在飼われているのは6種

「キタキツネ(+ホンギツネ)」「ギンギツネ」「茶プラキツネ」「十字キツネ」「プラチナキツネ」「ホッキョクギツネ」で、全てこの施設内で人工的に繁殖させたもの。

野生のキツネには「エキノコックス」という寄生虫がおり、それが人体に入ると肝臓障害を引き起こすからです。

蔵王キツネ村では毎年虫卵検査をおこない、さらに場内駆虫消毒を月1回、道路等殺菌消毒毎日、エサにも駆虫剤を月1回与えるなどして万全の態勢を取っているので大丈夫。

心置きなくキツネたちと戯れて下さいね。
 
 

魅力と見所

「蔵王キツネ村」海外観光客が殺到する130匹のキツネたちの生態とは?3  
 
猫と犬両方の特性を持つといわれるキツネは、警戒心も強いですがそれ以上に好奇心の固まりです。

こちらから寄って行くと逃げますが、じっとしていると寄って来たりじゃれたり。

ジャケットのコードを引っ張ったりバッグを取ろうとしたりと、やんちゃぶりがたまりません。

キツネは穴を掘ったり土の上を走ったり寝転んだりという習性があるため、かなり泥がついています。

ですから放牧されているものはあまり触れないほうが良いかもしれません。

ですが広場やふれあいコーナー内のキツネなら触っても抱いても大丈夫です。

ただし、スタッフの人数に限りがあり、平日はコーナーがお休みになる場合も

事前に確認しておきましょう。

4~5月は子ギツネが生まれるシーズンです。

お母さんキツネの深い愛情に包まれて育っていく子ギツネを見ることもできますよ。

エサを購入して、エサやり場で放し飼いのキツネにあげることもできます。

このエサはキツネ用に特別調合したもので、外からエサを持ち込むことはできません

キツネたちの健康のために、これは必ず守って下さい

キツネ村には、他にもウサギ、山羊、ポニーなどがいて、ふれあうことができます

お土産コーナーも充実していますよ。
 
 
Fox Village in Zao Japan!蔵王きつね村・kitsune mura

 
 

施設概要(アクセス・営業時間・料金等)

「蔵王キツネ村」海外観光客が殺到する130匹のキツネたちの生態とは?4  
 
住所 宮城県白石市福岡八宮字川原子11-3

電話 0224-24-8812

営業 年中無休

時間
  • 9:00~17:00(冬季は~16:00)
  • GW中は9:00~18:00
入場料金

  • 1,000円(中学生以上)

  • 小学生以下無料

  • エサ1袋100円

  • アクセス
    • 電車:JR白石蔵王駅より車で約20分
    • 車:東北自動車道 白石ICより車で約20分
    • バス:白石駅より「きゃするくん」毎週火・金 1日2往復
      仙台駅より「薬師の湯シャトルバス」毎日運行(要予約)1日1往復
    問い合わせ・URL

    http://zao-fox-village.com/
     
    宮城県白石市福岡八宮字川原子11-3

     
     

    まとめ

    特に秋から冬はもっふもふになり、萌え死ぬ日本人観光客が多発しています(笑)

    もちろん外国人も、ここ目当てで来日する人がいるほど大人気。

    動物愛護で知られる英国の人々にもうらやましがられる世界でただ一つのキツネ村に、ぜひ行ってみて下さいね。

    スポンサードリンク




    関連記事

    山ボーイと山ガールの出会いの場「山コン」!イベント情報サイトと交遊術2017!

        山コンとは 「山コン」は、登山を通じて友人や恋人を見つける

    記事を読む

    「町田リス園」海外でも話題 200匹の癒し系リスたちの生態とは?

      リスというと、イメージは 「小さくてちょろちょろしてかわいい」  

    記事を読む

    2016GWは「スヌーピーミュージアム」で愛しのピーナッツを見よう!

        1950年に初めて登場したスヌーピー。 それから既に60年以上

    記事を読む

    京都「サムライ剣舞シアター」で伝統芸能・サムライ文化を体感!

          旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が発表し

    記事を読む

    腐女子の聖地 池袋「乙女ロード」の正しい歩き方2017年版!

        やっぱり東京はすごいな~と素直に思ってしまうのが、この「乙女ロー

    記事を読む

    初めての「宝塚歌劇」鑑賞を200%楽しむための予備知識まとめ!

          宝塚歌劇は、1914年に初公演を行って以来、10

    記事を読む

    外国人に超人気!な「はとバス」ツアー、日本人だって楽しもう!

        みなさん、「はとバス」って利用したことありますか? 名前は知っ

    記事を読む

    初めての大相撲観戦(両国国技館)を安く200%満喫する方法とは?

        相撲って見に行ったことありますか? 行ったことのない人の理由の

    記事を読む

    外国人に大人気「姫路城」の魅力と城内の仕掛け全容解明2017!

          皆さんは、各城の見分けがつきますか? お城

    記事を読む

    no image

    2016GWは「幕張メッセ”どきどき”フリーマーケット2016」で大人買い!

      フリマと聞くだけでわくわくしている人、たくさんいませんか? としまえん、駒沢公園、

    記事を読む

    PAGE TOP ↑