*

東京観光の思い出に、浅草花やしきで忍者体験!1時間2000円?

 
東京観光の思い出に、浅草花やしきで忍者体験!1時間2000円?1  
 
花やしきといえば、あまりにレトロ過ぎて壊れるんじゃないかという、他では味わえない恐怖感が人気の遊園地です。

160年たっても絶えることのない来園者は皆、アトラクションを楽しんでいるんですよ。
 

スポンサードリンク

花やしきの忍者道場とは

花やしきの人気アトラクションの一つが「忍者道場」です。
文字通り、忍者に必要な忍術のうち基本の3つを体験できるというものです。

最後には修了書がもらえます。
体験道場は「浅草花やしき」外、花やしき通りにあります

受付となっているのはマルハナ忍者商店で、忍者グッズ満載のお店です。
 
 

コースの内容と料金

①剣術「抜刀術」

剣術は刀を抜いて、攻撃して、刀を納めるまでの一連をいかに美しく流れるようにおこなえるか、の練習です。
 
忍者体験~抜刀術 

 
 

②遁術「隠れ身の術」

蓑を使い、背景に溶け込む術です。足が見えたり高さが合わなかったりと、やってみると結構大変です。
 
忍者体験~隠れ身の術 

 
 

③武術「手裏剣」

東京観光の思い出に、浅草花やしきで忍者体験!1時間2000円?2  
これも、簡単そうでなかなか刺さらず、最初は結構苦労します。
 
忍者体験~手裏剣

 
  • 体験料金 2,000円(小学生以下は不可)
  • 時間 10:00~17:00まで、 各45分
  • 受付 ウェブ予約サイトより http://esp01.dt-r.com/hanayashiki-enta/ 
  • その他 動きやすい服装で参加すること。
 
 

花やしき概要

東京観光の思い出に、浅草花やしきで忍者体験!1時間2000円?3  
浅草花やしきは、1853年に植物園として開園したのが始まりです。
当時は上流階級の人々の憩いの場として、庶民は入ることができませんでした。

明治に入り、動物の展示も始め、段々庶民も入園できるようになりました。

その後浅草は発展し、動物だけでなく見世物もおこなうようになり、昭和初期には日本有数の動物園として知られるようになりました。

その後関東大震災が起こり、多くの動物が薬殺されました。
その後規模を縮小しながら営業していましたが、1942年に解体。

戦後1947年に再度開園し、ローラーコースター、Beeタワーなど現存するアトラクションが次々に登場

2004年に一度倒産しかけましたが地元企業であるバンダイグループが支援し存続が決定。
2007年には大型アトラクション「ディスク・オー」、2011年には新お化け屋敷が登場。

このお化け屋敷は、本物の亡霊が出るとの噂が絶えなかった元のお化け屋敷を解体し、跡地に建設したものです。

元々は入園料なし、アトラクションごとに料金を支払う方法でしたが、風営法改正に伴い、入園料を徴収するようになりました。

ローラーコースター、スペースショット、Beeタワー、ディスク・オーなど、子供も大人も楽しめるアトラクション、飲食店、フードコート、浅草土産店など、お楽しみ満載です。

住所 東京都台東区浅草2-28-1

電話 03-3842-8780

時間 10:00~18:00(最終入園は17:30まで)

アクセス つくばエクスプレス 浅草駅下車3分
東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線・東武スカイツリーライン 浅草駅下車5分

駐車場 なし

料金 入園料
  • 大人(中学生~64歳)1,000円
  • 小学生・65歳以上500円
  • のりもの券:普通券1枚100円 回数券(11枚綴り)1,000円
  • ※アトラクションにより1回数枚ののりもの券が必要
  • フリーパス 大人(中学生~64歳)2,300円  小学生2,000円
  • 65歳以上・未就学児(2歳以上)1,800円
URL 浅草花やしき http://www.hanayashiki.net/

浅草花やしき

 
 

まとめ

派手さだけを求める人には向きませんが、狭い敷地にぎっしり詰まる各アトラクションが何だかほっとできる、そんな遊園地が浅草花やしきです。

ぜひご家族連れで楽しんで下さいね。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

広島「うさぎ島(大久野島)」世界も注目の700匹の癒し系ウサギの生態!

      うさぎ好きの聖地と言われるのが広島県の大久野島(

記事を読む

初めての「落語」鑑賞を200%楽しむための予備知識まとめ!

    落語という言葉には違和感はないけれど、見に(聴きに)行ったことは

記事を読む

京都「サムライ剣舞シアター」で伝統芸能・サムライ文化を体感!

      旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が発表し

記事を読む

山ボーイと山ガールの出会いの場「山コン」!イベント情報サイトと交遊術2017!

    山コンとは 「山コン」は、登山を通じて友人や恋人を見つける

記事を読む

2016GWは「スヌーピーミュージアム」で愛しのピーナッツを見よう!

    1950年に初めて登場したスヌーピー。 それから既に60年以上

記事を読む

2017 初めての「歌舞伎」鑑賞を200%楽しむ予備知識まとめ!

      日本の伝統芸能と言われる歌舞伎ですが、実際に鑑賞

記事を読む

東京ゲームショウ2016!AI・海外・ロマンス・ファミリーなど魅力的なコーナー多数!

   出典:http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2016/

記事を読む

「蔵王キツネ村」海外観光客が殺到する130匹のキツネたちの生態とは?

      日本では「キツネ」というと「化かす」という言い伝

記事を読む

「町田リス園」海外でも話題 200匹の癒し系リスたちの生態とは?

  リスというと、イメージは 「小さくてちょろちょろしてかわいい」  

記事を読む

外国人に超人気!な「はとバス」ツアー、日本人だって楽しもう!

    みなさん、「はとバス」って利用したことありますか? 名前は知っ

記事を読む

PAGE TOP ↑