*

宇宙開発技術者になるための進路!進むべき大学・就職先は?

 
宇宙開発技術者になるための進路2016年版!進むべき大学・就職先は?1  
 

宇宙開発技術に対する社会的ニーズ

宇宙開発」というと、第一にイメージするのが宇宙船や宇宙飛行士かもしれません。

しかし、実は宇宙開発には2つの側面があります。

簡単にいうと、「研究」か「利用」か、ということです。

「研究」とは宇宙の星を観測・研究したり、宇宙から地球を研究すること

そのために必要なものすべて、例えば宇宙船の部品一つから開発します。

宇宙服に使用する生地や宇宙船内で食べるものも同様です。

宇宙空間での肉体や精神の状態を研究するための医学や心理学、生物学のスペシャリストも必要です。

最近、NASAでは「宇宙船での火災実験」を行ないました。

船内での温度、酸素、二酸化炭素濃度などを調べ、無重力下での火の動きを研究するのです。

このようなことも、宇宙開発の一環なのです。
 
【宇宙教育テレビ】宇宙開発とお花畑 

 
 
「利用」は、代表的なものが人工衛星開発・利用です

自然災害の多い日本では、人工衛星による天候や災害の状況把握、地震や噴火の予測などに対し強いニーズがあります。

また、防衛のための世界各地の情報収集、不審船の侵入や海賊行為防止の海洋監視、果ては漁場の把握や穀物などの生育状況の把握にも衛星開発が不可欠なのです。

さらに、衛星通信も「利用」です。

あの「スカパー!」のスカパーJSATでは、通信衛星を利用した通信サービスを提供しています。
 
スポンサードリンク

 
 

宇宙開発技術について勉強できる大学・学部

 
宇宙開発技術者になるための進路2016年版!進むべき大学・就職先は?2  
ロケット開発や人工衛星(通信衛星など)を本格的に勉強したいのであれば、国立大のほうが良いと言われています。

というのは、宇宙開発は国策ですから、国からの補助が多く出る国立大のほうが施設や設備にお金をかけられるからです。

もちろん私立大出身の宇宙開発技術者もいますが、現在も旧帝大出身者が大半を占めるそうです。

具体的には、「航空宇宙工学」が機械力学、流体力学、制御工学、航空力学、ジェットエンジン、ロケットエンジンなどについて学べる学部になります。

大半は大学院に進学しているようです。
 
 

<国公立大学・大学院>

  • 北海道大学 工学部 機械知能工学科
  • 室蘭工業大学 機械航空創造系学科
  • 東北大学 工学部 機械知能・航空工学科
  • 筑波大学 工学システム学類
  • 東京大学 理科一類 航空宇宙工学専攻
  • 首都大学東京 システムデザイン学部 航空宇宙システム工学コース
  • 東京工業大学 第4類 機械宇宙学科
  • 横浜国立大学 海洋宇宙システム工学コース
  • 防衛大学 システム工学群 航空宇宙工学科
  • 名古屋大学 工学部 機械・航空工学科 航空宇宙工学コース
  • 京都大学 工学部 物理工学科
  • 大阪府立大学 航空宇宙工学分野
  • 高知工科大 航空宇宙工学専攻
  • 九州大学 航空宇宙工学部門
  • 九州工業大学 工学部 機械知能工学科 機械工学・宇宙工学コース
ほか
 
 

<私立大学・大学院>

  • 帝京大学 航空宇宙工学科航空宇宙工学コース
  • 東海大学 航空宇宙学科 航空宇宙学専攻
  • 日本大学 航空宇宙工学科
  • 早稲田大学 機械科学・航空学科
  • 神奈川工科大学 航空宇宙学専攻
  • 金沢工業大学 航空システム工学科
  • 祟城大学 宇宙航空システム工学科
  • 日本文理大学 航空宇宙工学科
  • 第一工業大学 航空工学科
ほか

宇宙開発技術者になるための進路2016年版!進むべき大学・就職先は?3  
UNISEC(大学宇宙工学コンソーシアム)のサイトでは、各大学や団体の活動を知ることができます。

興味があったら「加盟大学・高専・団体」のページを読んでみて下さいね。
UNISEC URL
 
 

就職分野と採用企業例

航空宇宙産業、自動車、精密機械、電機、情報通信など多くの分野に就職しているようです。

首都大学東京の場合、JAXA、IHI、富士重工、トヨタ自動車、KDDI、野村総研、三菱重工、川崎重工、NECなど多岐にわたる分野に就職しています。

ただし、民間企業の場合最初から希望の部署に行けるとは限りません。

それだけは覚悟しておきましょう。
 
 

まとめ

「宇宙開発」に係わる方法のアウトラインが少しはつかめたでしょうか。

宇宙開発に特化した機関はJAXAのみですが、ベンチャー企業の活躍も始まっています。

(株)アクセルスペースでは超小型衛星の企画から打ち上げまでを行なっていますし、ホリエモンがスポンサーのロケットベンチャー「インターステラテクノロジズ(株)」では超小型ロケットを開発しています。

こういった企業に飛び込めば、自分の学んだことを思い切り活かせるかもしれませんね。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

システムアナリストの仕事内容と進路!進むべき大学・就職先は?

      システムアナリストってどんな仕事 システムアナ

記事を読む

パイロットになる方法・競争率と難易度!視力の要件は?

      パイロットを取り巻く環境 どこの業界でもそうで

記事を読む

ゲームクリエーターの仕事内容と進路!進むべき学校と就職先は?

      ゲームクリエーターってどんな仕事 ゲームクリエ

記事を読む

エネルギー系研究・技術者の仕事内容と進路!進むべき大学は?

      エネルギー系研究・技術者ってどんな仕事 「エネ

記事を読む

船舶機関士の仕事内容・ニーズと進学ルート!就職先は?

      船舶機関士ってどんな仕事 船舶機関士とは、エン

記事を読む

北海道の農村でワーホリ! 十勝しかおいワーキング&ホリデーの魅力とは?

海外でワーキング&ホリデーを体験しょうと思うと、かなり敷居が高いですよね。 でもあなたが、

記事を読む

理学療法士の仕事内容と進路!進むべき学校と就職先は?

      理学療法士ってどんな仕事 理学療法士とは、ケガ

記事を読む

航空エンジニアの仕事内容と進路!進むべき大学・就職先は?

      航空エンジニアってどんな仕事 航空エンジニアと

記事を読む

AIロボ技術者になるための進路!進むべき大学・就職先は?

  AIロボ技術者に対する企業ニーズ 経済産業省が力を入れ出したことからもわか

記事を読む

ヒヨコ鑑定士の仕事内容・ニーズ、なる方法!就職先は?

      ヒヨコ鑑定士ってどんな仕事 ヒヨコ鑑定士は正式

記事を読む

PAGE TOP ↑