*

パイロットになる方法・競争率と難易度2017年版!視力の要件は?

 
パイロットになる方法・競争率と難易度2016年版!視力の要件は?1  
 

パイロットを取り巻く環境

どこの業界でもそうですが、現在ちょうど団塊の世代が定年を迎える時期に当たっているため、パイロットは不足しています。

特にLCC(格安航空会社)が増えているため、パイロットは奪い合いの状況です。

しかし、一人のパイロットを育てるまでに1,000万円以上、機長まで行くには1億円以上経費がかかるといわれており、LCCではズブの素人から育てる余裕はまだありません。

そのため、現在のところはJALやANAなど大手の「自社養成パイロット」になるか、養成学校に通うか、自力で免許を取り航空会社に採用されるか、という方法になります。

また、大手とそれ以外で年収がかなり違います。

平均年収が大手なら2,000万前後それ以外だと800万程度とされ、2倍以上の差があります。

それでも一般サラリーマン(35~40歳)の年収が平均500万前後ですから、はるかに良いとも言えます。

また、パイロットといっても定期運送用操縦士、事業用操縦士、自家用操縦士によってそれぞれ免許が違います。

定期運送用操縦士の中でも、運ぶものが人か物かで別の免許になるのです。

世界最大の航空貨物輸送会社FEDEXの場合、JALやANAの旅客パイロットの数倍の給料だといいますが、その分超ハードスケジュールになるようです。
 
スポンサードリンク

パイロットになる方法

パイロットになる方法・競争率と難易度2016年版!視力の要件は?2
旅客パイロットになる場合について説明しましょう。

いくつかの方法があります。

まずはANAやJALなどの航空会社に入社し、内部で養成訓練を受ける方法です。

ANAの2017年募集要項を見ると、大学全学部の新卒(卒業後3年以内までを新卒とみなす)であれば受験資格があります。

試験科目は筆記、心理適性、面接、飛行適性検査、航空身体検査、英会話面接などとなっており、学力より心身の適性を重視しているようです。

また、英語力も重視しており、TOEIC900点程度は取っていないと難しいでしょう。倍率は100~200倍の超狭き門です。


2つ目は、航空大学校に入学し、在学中にいくつかの資格を取り就職する方法です。

短大・高専・大学2年終了時以降に入学し、24ヶ月の教育機関があります。

入学年の4月に25歳未満という年齢制限があり、しかも募集人数は72名以内(平成29年度募集の場合)です。

倍率は大体8~10倍のようです。
もう一つは、防衛大学に入り、自衛隊パイロットになることです。

入学できればその時点から給与がもらえます。

ただし、卒業後自衛隊に入らなかった場合、給与その他、育成にかかった費用を全額返金しなければなりません。

また、入隊後の適性検査や身体検査で不適正とされた場合、パイロット以外の業務につかなければなりません。


最後が、自費でライセンスを取得し、航空会社の就職試験を受けることです。

これはLCCなどに多いようです。

ただ、実費の場合2,000万近くかかるともいわれていますので、捻出できる人でなければ不可能です。

ただ、国内航空会社を希望する場合は年齢がネックになりますが、海外エアラインの場合そういった制限はありません。

自費でも…というのであれば、海外エアラインを狙いましょう。
 
 
ANA全日空ー現役機長が語るパイロットの裏側 

 
 

視力の要件

パイロットになる方法・競争率と難易度2016年版!視力の要件は?3
航空法に定められた基準は、

各眼の矯正視力が0.7以上で、各眼0.7、両眼1.0以上の視力に矯正できるレンズの屈折度が±8ジオプトリ-を超えないこと

となっています。

裸眼視力の条件はありません。

しかし、各航空会社により独自基準が設けられています。

また、レーシックも現在のところ不可です。

「視機能」の検査は、遠見視力(いわゆる視力のこと)だけではありません。

中距離視力、近見視力、両眼視機能、視野、眼球運動、色覚があり、すべてクリアしなければいけません。

なお、視機能は半年または1年毎に検査を受け、パスできなくなった時点でパイロットはできなくなります。
 
 

まとめ

いかがでしょうか?

かなりハードルが高いのはおわかりいただけたと思います。

さらに、どれほど他の能力が素晴らしくても、身体検査で引っかかればすべておじゃんです。

私見ですが、パイロットを目指した時点で自分の体に問題がないか、専門病院でチェックを受けることをお勧めします。

検査内容や専門病院を知りたい場合は、航空医学研究センターのHPで見られます。

>>一般財団法人 航空医学研究センター
 
 

スポンサードリンク




関連記事

北海道の農村でワーホリ2017! 十勝しかおいワーキング&ホリデーの魅力とは?

海外でワーキング&ホリデーを体験しょうと思うと、かなり敷居が高いですよね。 でもあなたが、

記事を読む

バイオ技術者の仕事内容と進路2017年版!進むべき大学・学部・就職先は?

      バイオ技術者ってどんな仕事 バイオとはバイオテ

記事を読む

航海士の仕事内容・ニーズと進学ルート2017年版!就職先は?

      航海士ってどんな仕事 航海士とは、船舶の運行に

記事を読む

宇宙開発技術者になるための進路2017年版!進むべき大学・就職先は?

      宇宙開発技術に対する社会的ニーズ 「宇宙開発」

記事を読む

歯科技工士になる方法2017年版!高齢化でニーズ増?海外で働けるチャンスも?

      歯科技工士ってどんな仕事 歯科技工士は、歯科医

記事を読む

3D-CAD技術者になるための進路・就職・仕事 徹底解剖2017年版!

  3D-CADとは   CAD(Computer Aided Des

記事を読む

ゲームクリエーターの仕事内容と進路2017年版!進むべき学校と就職先は?

      ゲームクリエーターってどんな仕事 ゲームクリエ

記事を読む

システムアナリストの仕事内容と進路2017年版!進むべき大学・就職先は?

      システムアナリストってどんな仕事 システムアナ

記事を読む

海洋工学系研究・技術者の仕事内容と進路2017年版!進むべき大学は?

      海洋工学系研究・技術者ってどんな仕事 海洋工学

記事を読む

環境保全エンジニアの仕事内容と進路2017年版!進むべき大学・就職先は?

      環境保全エンジニアってどんな仕事 環境保全エン

記事を読む

PAGE TOP ↑