*

「直葬(火葬式)」の実際2017! 流れ・費用・本人や菩提寺との事前調整は?


お身内に、もしものことがあったら、皆さんはどのように故人をお見送りするか、考えていますか?
 
今はまだピン!と来ないという方も、いづれその時は訪れます。
 
その時に、焦らずに、心を込めてお別れが出来るように、今から少しづつでも、関心を持って情報を集めていきたいものです。
 
今回は、最近多くなってきている、直送(ちょくそう)について、ご紹介していきます。
 

スポンサードリンク

直葬とは?


直葬とは、火葬式とも言われます。
 
病院などの、亡くなられた場所から、荼毘(だび=火葬)を行う火葬場へ直接搬送し、通夜や告別式を省略し、火葬のみを行うという形式です。
 
法律では、亡くなられた時間(死亡診断書に記載)から、24時間を経過しないと、火葬は出来ないということになっていますので、実際の火葬は、翌日以降に行われます。
 
役所の手続き(死亡届の提出)や火葬場の空き状況、遺族の都合などで、日時が決定されることになります。
 
直葬(火葬式)による葬儀は、予算的にも時間的にも、遺族の負担が少なくて済むことが、一番の特徴です。
 
故人が、生前長らく病に伏せり、医療費などに出費がかさんで、貯蓄がほとんど無い場合。
 
また高齢化が進み、故人が仕事を退職してから、かなりの年月が経過し、既に弔問される方がほとんどいないような場合
 
友人や知人も同様に歳を重ねていて、長時間の葬儀は、負担になることが考えられるような場合など。
 
時間的に2時間程度で、全てのお別れが終わるという直葬(火葬式)は、現実に見合っているかもしれません。
 
実際、葬儀社が執り行う葬儀の6件に1件が直葬(火葬式)になってきていると言われていて、従来の通夜・告別式を省略するという、新しい葬儀の形は、今広まりを見せています。
 
こちらは「小さなお葬式」という業者の直葬(火葬式)についての説明映像になります。
 

 
直葬に必要となってくる費用は、葬儀社によって若干の差がありますが、以下の全てを含めて、18万円〜30万円前後となっています。
 
・搬送費用2回(病院⇒安置所、安置所⇒火葬場)
・安置施設使用料
・ドライアイス
・枕飾り、棺、骨壷、白木位牌、お別れの花などの物品一式
・火葬料金
・運営スタッフ人件費
・役所や火葬場の手続き代行
 
などになります。
 
 

本人との生前相談


直葬(火葬式)が現代のお葬式のニーズに合っていて、需要が増えているとはいえ、そのスタイルは、通夜・告別式省略という、故人との別れを惜しむ時間を必要とする人にとっては、理解されにくいもので、トラブルを生む可能性も秘めています。
 
もし、故人が生前に直葬(火葬式)を望んでいたり、家族の要望に異論がなかった場合は、終活の一つとして、エンディングノートや遺言書に、その旨を記入していただきましょう。
 
いくら、直葬(火葬式)に反対の方がおられても、故人の意思を確認できる手段があれば、それ以上トラブルになることはないでしょう。
 
 

菩提寺がある場合の菩提寺との事前調整


先祖代々のお墓をお願いしている、菩提寺がある場合は、菩提寺の住職や僧侶に、きちんと相談しておく必要があります。
 
やはり、お寺にはお寺のしきたりがあり、「通夜・告別式省略、戒名もなしということでは、納骨は認められません!」というように、関係が悪化しては、また納骨の場所探しも必要になりますし、何より、その後の先祖供養についても、何かと気まずい思いをすることになるでしょう。
 
きちんと相談の上であれば、納骨法要のときだけお世話になったり、49日法要などの、その他の法要はお願いするなど、良好な関係をキープできるというものです。
 
 

取扱業者の紹介

ここで、直葬(火葬式)を取扱う業者を一部紹介させて頂きます。
 
【小さなお葬式】
無料資料請求で、188,000円。
必要なもの全て込みで、追加料金なし。
 
【イオンのお葬式】
無料資料請求で、193,000円。
イオンカードで、分割もOK!
 
【シンプルなお葬式】
余命宣告など、事前の申し込みで、全て込みで133,000円!
業界最安。
 
また、【直葬なび】で、全国の直葬(火葬式)プランを比較・検討出来ます。
 
 

まとめ


直葬(火葬式)は、今までの葬儀のあり方から考えると、新しいスタイルの葬儀になります。
 
現代のニーズにあった葬儀の形式とは言えるものの、その分それまでの葬儀を当たり前としてきた方にとっては、受け入れにくいとも言えます。
 
そのため、トラブルも少ないとは言えません。
 
まず、直葬(火葬式)を選択する時点で、香典はあてにせず、親戚や故人の特に親しかった友人・知人への相談、菩提寺への相談等、理解を求める事前の努力は必要と言えるでしょう。
 
後々、故人の逝去を知った友人・知人が、バラバラと自宅に訪問されると、遺族の負担になりますので、後日、ささやかでも「お別れの会」などを催す旨を、連絡しておくのも、一つの方法ですね。
 
大切なのは、形式ではなく、故人を大切に温かく送り出してあげる気持ちだと思います。
遺族にとって、どういったスタイルが合っているのか、よく話し合って決めたいものですね。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

御布施の実際2017! 各法要ごとの御布施(初回は戒名料含む)の相場は?

御布施とは、僧侶に読経してもらったり、戒名をいただいたりした場合に、ご本尊にお礼としてお供えする

記事を読む

お別れの会(偲ぶ会)の実際2017! 通常の葬儀との違いと企画方法は?

テレビを観ていると時折、有名人の方が亡くなられたニュースが流れ、 「葬儀は近親者のみで密葬で執

記事を読む

親から墓を引き継ぎ檀家となった場合の義務と定例出費まとめ2017年版!

両親が亡くなって、引き継ぐ(相続する)ものは多くあります。   お寺にある先祖代々

記事を読む

「1日葬」の実際2017! 流れ・費用・本人や菩提寺との事前調整はどうする?

私達の知っている、一般的な葬儀というと、通夜と告別式、告別式終了後に初七日や火葬というものがイメ

記事を読む

樹木葬の実際2017!「自然に帰る」が実現できる? 実際どこで出来る?

〜樹木葬〜皆さんは、どんなイメージを抱きますか?   私は、自分が亡くなった後、自

記事を読む

家族が死亡したら、速やかに行うことチェックリスト2017年版

大切な家族が亡くなる。 それは、本当にいろいろなケースがあるのだと思います。  

記事を読む

散骨(自然葬)の実際2017! 海洋散骨が一般的? 墓は不要になる?

ここ10年くらいの間に、日本人の葬儀・納骨・お墓についての考え方は、随分と変化してきました。

記事を読む

告別式当日に初七日法要・火葬・換骨法要・精進落としまで行う方法2017!

最近では、自宅でお葬式をするお宅は、本当に少なくなりました。   都会でなくても、

記事を読む

実家の両親他界とともに改葬(墓の引越し)、檀家をやめる段取り2017!

改葬とは、一度は埋葬された遺骨やお墓を他のお墓や納骨堂に移すことを言います。  

記事を読む

小型仏壇に設置するご本尊の実際2017! 仏像ではなく掛け軸でも良い?

近年、住まいのスペースの問題などから、従来の大きな仏壇から、小型で場所を取らず、デザインもオシャ

記事を読む

PAGE TOP ↑