*

宗教儀礼なし 無宗教葬(自由葬)の実際2017! できるケースは限られる?


現代の日本において、自身が何らかの宗教を信心していると断言できる人は、何%くらいいるのでしょうか?
 
実際、先祖代々の菩提寺のある方でも、お寺のお世話になるのは、葬儀と法要の時だけという方が多いのではないでしょうか?
 
現代は、昔の檀家制度のように、何かにつけ、お寺との関係性が生じるような時代ではなくなってきました。
 
このような時代背景のもと、葬儀と一言に言っても、多種多様なスタイルの葬儀が、準備されるようになりました。
 
さて今回は、そんな新しい葬儀の形として、話題となっている「無宗教葬(自由葬)」について、ご紹介したいと思います。
 

スポンサードリンク

無宗教葬(自由葬)とは?


無宗教葬とは、自由葬とも言われ、読んで字のごとく、特定の宗教・宗旨宗派の葬儀方法や、伝統的な作法にこだわらず、宗教者による葬祭行為も強制されない自由な形式で、故人との別れの式を行う葬儀のことです。
 
故人の死を悼む遺族・親族・友人などの想いを大切にし、故人らしく送り出すための自由な企画・演出で執り行う、オーダーメイドの葬儀であることに特徴があります。
 
葬儀全体の企画が自由なので、宗教的な儀礼を取り入れても構いませんし、全くなしでも構いません。
 
とにかく、「このようにする」というのが無い、葬儀を執り行う遺族毎に違う内容になる、非常に珍しい葬儀のスタイルです。
 
そのため、これまでに様々な無宗教葬(自由葬)が行われてきました。
例えば、その中でも比較的多いのが、このような音楽葬です。
 

 
 
式の最中に、故人ゆかりの音楽をBGMとして流したり、生演奏を行ったりと、葬儀であることを忘れてしまいそうな、華やかな式になることが多いです。
 
他には、レストラン葬・ホテル葬・キャンドル葬…と、オリジナルな企画で葬儀を行います。
 
 

無宗教葬(自由葬)の費用


これまで説明させていただいた通り、無宗教葬(自由葬)は、オリジナル企画で執り行います。
そのため、決まった形式も無ければ、費用の相場というものもないのが本当のところです。
 
ですから、無宗教葬(自由葬)の企画作りをサポートしてくれる、葬儀社の実績や、葬儀社との相性が非常に大切になります。
 
また、まだ無宗教葬(自由葬)が一般的でないことから、葬儀社で取り扱う1日葬のプランや、家族葬のプランにオプションをつけて実施したりすることも多いようです。
 
通夜に当たるものを行うのかどうかでも費用は変わってきますので、葬儀社の見積書をきちんと確認することをおすすめします。
 
あくまで例としてですが、各葬儀社の扱う、1日葬プランの相場が20万〜50万円ですので、1日で無宗教葬(自由葬)を行うのであれば、この金額+−αとなるでしょう。
 
通夜・告別式の2日かけて行うのであれば、一般葬や家族葬のプランが参考になるかと思います。
 
1例として、イオンのお葬式の場合ですと、一般葬が693,000円で、家族葬が493,000円となっています。
 
そこに、オプションとして生演奏(29,000円)やDVDによるメモリアルアルバムの放映(35,800円)をつけたり、必要のない項目を削ったり…という感じになります。
 
 

無宗教葬(自由葬)をするための条件や制約は?


無宗教葬(自由葬)は、正直なところ、話題性だけが独り歩きしている感は否めません。
 
話題になっている割に、無宗教葬(自由葬)が実際に行われたのは、葬儀全体の1%程度にすぎないと言われています。
 
この理由としては、まず第一に、家族が亡くなって間なしであるのにもかかわらず、無宗教葬(自由葬)には雛形がなく、葬儀社の力を借りながらも、限られた時間の中で、遺族が一から企画を考えなければならないことです。
 
宗教による葬儀形式で、標準パッケージされているような葬儀の方が、簡単なのです。
 
故人が長く闘病されていたりすれば尚更、遺族の疲労は、この労に費やせる余力を残していないことが、ほとんどと言っていいでしょう。
 
また二つ目は、菩提寺との関係です。
 
いくら菩提寺との関係が希薄であるといっても、先祖のお墓が菩提寺にある場合、その寺のしきたりによる葬儀を行っていない者の納骨を、認めてはもらえないと考えるのが妥当です。
 
こうなると、遺族は故人の遺骨だけ、先祖とは関係のない、公営墓地や民営墓地に葬るしかなくなります。
 
先祖と同じお墓に納めてもらうために、再度菩提寺のしきたりにそった葬儀のやり直しを余儀なくされる場合もあります。
 
菩提寺との関係が悪化することは、先祖の今後の供養にも影響を及ぼしかねません。
 
そして最後に、無宗教葬(自由葬)では、各宗派が葬儀後に行うような、追悼行事(49日法要や1周忌など)についても、決まりがありません。
 
もし、そのような行事を行うのであれば、その企画も遺族が考えていかねばならないのです。
 
ですから、無宗教葬(自由葬)を行うには、
 
・企画を立てることが、問題なくできること。
・菩提寺がない、もしくは菩提寺との関係が途切れても、何の問題もないこと。
・遺族間、故人の親しい友人などの認識・理解が、きちんとまとまっていて、総じて無宗教葬(自由葬)に賛成であること。
 
が、無宗教葬(自由葬)を行うための、必要条件になってくると言えるでしょう。
 
 

取扱業者の紹介

ここで、無宗教葬(自由葬)を取扱う業者やウェブサイトを一部紹介させて頂きます。
 
【イオンのお葬式】
生演奏などイオンならではのオプション有り。
 
【公益社】
東証1部上場 燦ホールディングス㈱のグループ中核葬儀社。
 
【花葬儀】
後悔のない葬儀を。
花いっぱいの花祭壇。
 
【無宗教葬.com】
お分かれのスペシャリストとして、様々な葬送プランをご提案。
 
 

まとめ


無宗教葬(自由葬)の実施が、まだ今では難しい現実を書かせていただきましたが、最近の日本人の仏教への考え方の変化や、宗教離れを見聞きしていると、この先の未来においては、無宗教葬(自由葬)が広まりをみせる世の中になることも、十分考えられると思います。
 
ただ私故人としては、仏教に限らず、何かしらの信心を持って生きる方が、強く生きていけそうな気がします。
 
また先祖への感謝も忘れずに生きていけそうな気がしますので、無宗教葬という響きよりは、自由葬という認識で広まったほうが、私の感覚には近い気がするのです。
 
皆さんは、どのようにお考えでしょうか?
 
 

スポンサードリンク




関連記事

お別れの会(偲ぶ会)の実際2017! 通常の葬儀との違いと企画方法は?

テレビを観ていると時折、有名人の方が亡くなられたニュースが流れ、 「葬儀は近親者のみで密葬で執

記事を読む

「永代供養墓」の実際2017! 墓石不要、お寺が永代供養してくれる?

皆さんは、もしご自身が亡くなった場合に、どのお墓に入るのか決めていますか?   近

記事を読む

御布施の実際2017! 各法要ごとの御布施(初回は戒名料含む)の相場は?

御布施とは、僧侶に読経してもらったり、戒名をいただいたりした場合に、ご本尊にお礼としてお供えする

記事を読む

2017葬儀は格安・明瞭会計の「僧侶派遣」!菩提寺があると使えない?

  久しぶりに実家に帰省し、何気ない時にふと、お母さんも歳をとったなと感じることがあ

記事を読む

自宅安置の実際2017! 絶対北枕? 枕飾りは何を飾る? 遺体の腐食防止方法は?

大切なご家族が他界された悲しみの中、残された遺族には、故人とのお別れの準備が始まります。 &n

記事を読む

墓いらず「自宅供養」の実際2017! 自宅墓・自宅用骨壷とはどんなもの?

近年、家族が亡くなった時の、供養の仕方に変化が出てきました。   昔でしたら、家族

記事を読む

出棺の実際2017! 儀式の流れと喪主・親族の役割分担、喪主挨拶例文!

葬儀に関することは、そういう職についていない限り、わからないことばかり。   おま

記事を読む

納棺の実際2017! 死装束とは? 入れるべき副葬品とNGの副葬品とは?

大切な家族が亡くなり、温かかった手のぬくもりが、徐々に遠のいていくのを感じながら、残された遺族に

記事を読む

火葬の実際2017! 納めの式・火葬中の会食・骨上げの流れと喪主の役割は?

故人の臨終〜通夜〜葬儀・告別式の間というのは、遺族はしなくてはいけない事が山積みですし、気が張っ

記事を読む

小型仏壇に設置するご本尊の実際2017! 仏像ではなく掛け軸でも良い?

近年、住まいのスペースの問題などから、従来の大きな仏壇から、小型で場所を取らず、デザインもオシャ

記事を読む

PAGE TOP ↑