*

お別れの会(偲ぶ会)の実際2017! 通常の葬儀との違いと企画方法は?


テレビを観ていると時折、有名人の方が亡くなられたニュースが流れ、
「葬儀は近親者のみで密葬で執り行われ、後日お別れの会が開催される予定です。」
というフレーズを耳にすることがあります。
 
このように、葬儀とは別に、お別れの会もしくは偲ぶ会というものが開催されることがあります。
 
このお別れの会(偲ぶ会)とは、いったいどのような主旨で行われているのでしょうか?
 
今回は、お別れの会(偲ぶ会)について、ご紹介していきたいと思います!
 

スポンサードリンク

お別れの会(偲ぶ会)とは?


お別れの会(偲ぶ会)とは、家族や近親者などの身内だけで、ひそやかに葬儀を執り行い、火葬を済ませた後、改めて別日程で、故人や遺族と親交のある人を招待して行う式典です。
 
よくあるケースが、会社の社長などが亡くなった際に、社葬の代わりに会社主催で行ったり、有名人の身内での葬儀とは別に、故人を慕う方やお仕事関係の知人などの為に、別途式典が開催されるケースです。
 
葬儀は、故人が亡くなってから、限られた時間の中で執り行いますが、お別れの会(偲ぶ会)では、火葬も済んでいますので、少し時間をかけて計画することが可能です。
 
そのため、お別れの会(偲ぶ会)を企画する側は、故人が生前お世話になった方々にお別れをしていただく機会を設け、生前のご厚情に感謝の気持ちをもって、故人に代わって、おもてなしをして差し上げることができるのです。
 
通常、お別れの会(偲ぶ会)は、葬儀社のセレモニーホールや、ホテルで行われることが多く、行う時期については、ニュアンスの違いから、「お別れの会」として行うなら亡くなってから、日数の浅い日〜1ヶ月以内に開催。
 
「偲ぶ会」として行うなら、日数は問わず、1周忌の時を区切りで開催されることもあります。
 
あくまでも、言葉の持つニュアンスの違いであって、「お別れの会」や「偲ぶ会」というものの中身は、同様の目的で開催されるもので、それ以外にも「送る会」などとも呼ばれます。
 
 

どのような場合にお別れの会(偲ぶ会)が活用されるのか?

会社の社長さんや有名人などの葬儀で、本人の意向等で、葬儀は身内だけで密葬や家族葬を行ったものの、葬儀に参列出来なかったお仕事上でお世話になった方々や、生前親交のあった友人などのように、本来お礼を述べるべき相手が多くあるような場合に、葬儀が無事済んで、落ち着いてから、開催されることになります。
 
こうすることで、遺族の自宅に、後日ばらばらと弔問客が訪れ、遺族がその都度対応に当たるというような、余計な労を費やさずに済みますし、遺族として、故人の生前のご恩に対し、きちんとお礼をさせていただく機会をもてるのです。
 
以前は、社葬の代わりの本葬として行われたり、有名人の大規模なお別れの場として行われていましたが、近年の葬儀の多様化に伴い、その必要性から個人の葬儀においても、小規模なお別れの会(偲ぶ会)が行われることが増えつつあります
 
 

お別れの会(偲ぶ会)の流れ・注意点


お別れの会(偲ぶ会)は、故人や遺族の想いを自由に表現できるところに特徴があります。
そのため、企画力や運営力が必要となります。
 
お別れの会(偲ぶ会)自体の企画ももちろんですし、案内状の作成や送付、会場選びに至るまで、するべきことはたくさんあります。
 
また会場によっては、遺骨が持ち込めない、お香が焚けない、読経不可など、制約がある場合もありますので、注意が必要です。
 
お別れの会(偲ぶ会)は、自由な企画で行いますので、開催される式により様々です。
ですので、流れについて1例をお伝えしますと、
 
①開会の辞
②故人の紹介
③黙祷
④献杯・会食
⑤閉会の辞
⑥写真撮影
⑦お見送り
 
経験豊富な専門スタッフや、信頼できるスタッフに、いろいろと相談しながら、企画をたてると良いでしょう。
 

 
葬儀社協力のもと。遺品展示などで、故人を身近に感じます。
 
 

 
遺族に企画力があれば、こういった手作り感たっぷりのお別れの会も。
 
 

取扱業者の紹介

ここで、お別れの会(偲ぶ会)の取扱業者をいくつか紹介させて頂きます。
 
【イオンライフのお別れの会・偲ぶ会】
大規模な社葬なども、実績あり。
 
【公益社(社葬)】
社葬など、大規模なお別れの会ならこちら。
 
【公益社(偲ぶ会・お別れ会)】
式場選びも企画の実績も、安心して相談できる。
 
【日比谷花壇】
遺族の要望にあったプランのプロデュースと、お手伝い。
 
 

まとめ


遺族として、きちんとした葬儀は行った上で、1つのケジメ、セレモニーとして、オリジナリティあふれる企画で、故人が生前お世話になった方々に、おもてなしをする。
 
とても素敵な考え方ですね。
これまでのようなお葬式(通夜・告別式)とは、また違う良さがあるように思います。
 
特に、お別れの会(偲ぶ会)では、より具体的に映像や音楽などを用いて、故人らしさを大切にした式典を作り上げることが出来ます。
 
近年の仏教離れも背景にあると言われていますが、故人を温かく送り出すための1つの形と考えたら、今後も増えていくかもしれませんね。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

跡継ぎがいない方のお墓問題2017! 先祖の墓仕舞いと無縁仏回避術!

最近は、人口が都会に集中し、地方では過疎化が深刻になってきています。   これとは

記事を読む

2017葬儀は格安・明瞭会計の「僧侶派遣」!菩提寺があると使えない?

  久しぶりに実家に帰省し、何気ない時にふと、お母さんも歳をとったなと感じることがあ

記事を読む

墓いらず「自宅供養」の実際2017! 自宅墓・自宅用骨壷とはどんなもの?

近年、家族が亡くなった時の、供養の仕方に変化が出てきました。   昔でしたら、家族

記事を読む

「戒名はいらない」の実際2017! 菩提寺なし、墓なし、仏教放棄が条件?

現代は、核家族となり、各家庭にお仏壇のある家も少なくなり、仏教への信仰も希薄化してきました。

記事を読む

家族が死亡したら、速やかに行うことチェックリスト2017年版

大切な家族が亡くなる。 それは、本当にいろいろなケースがあるのだと思います。  

記事を読む

御布施の実際2017! 各法要ごとの御布施(初回は戒名料含む)の相場は?

御布施とは、僧侶に読経してもらったり、戒名をいただいたりした場合に、ご本尊にお礼としてお供えする

記事を読む

「手元供養」の実際2017! 故人を身近に感じられる遺骨ペンダントとは?

ここ10年くらいの間に、日本人のお墓に対する意識は、ものすごい勢いで変化していると言います。

記事を読む

「四十九日法要・納骨法要・お斎」同日開催の事前準備と当日の流れ2017!

お葬式が済んでも、遺族には、役所関係の手続きなど、たくさんすることがあるので、四十九日法要までな

記事を読む

告別式当日に初七日法要・火葬・換骨法要・精進落としまで行う方法2017!

最近では、自宅でお葬式をするお宅は、本当に少なくなりました。   都会でなくても、

記事を読む

実家の両親他界とともに改葬(墓の引越し)、檀家をやめる段取り2017!

改葬とは、一度は埋葬された遺骨やお墓を他のお墓や納骨堂に移すことを言います。  

記事を読む

PAGE TOP ↑