*

墓いらず「自宅供養」の実際2017! 自宅墓・自宅用骨壷とはどんなもの?


近年、家族が亡くなった時の、供養の仕方に変化が出てきました。
 
昔でしたら、家族が亡くなったら、お通夜・告別式を行い、火葬の後、49日を経て、遅くても、一周忌法要までにはお墓を建てるか、菩提寺にある先祖代々の墓に納骨するのが、一般的でした。
 
また同時進行で、お仏壇も購入する(自宅に無い場合)のが普通でした。
 
ところが現代は、社会の様子も随分と変わってきて、仏教離れによる檀家制度の希薄化、少子高齢化、格差社会、核家族化…と、葬儀の仕方・考え方に始まり、その後の供養のあり方までが、今までの形にとらわれない方法を選択する方が増えてきているのです。
 
そこで今回は、自宅供養という新しい供養の考え方について、ご紹介したいと思います。
 

スポンサードリンク

自宅供養とは?


自宅供養とは、火葬の済んだ故人の遺骨を自宅に持ち帰り、お墓に納骨することなく保管し、常日頃から、遺族が手を合わせ語りかけて、供養する方法です。
 
もともと、最愛の人がこの世からいなくなった悲しみに、遺族が遺骨を手放せず、なかなか納骨の儀式が出来ないということは、多からずあったようです。
 
しかし、実際は菩提寺との関係や親類との関係もありましたし、遺骨自体長く放置しているとカビが生えたりもしますので、説得して納骨させることもあったようです。
 
しかし、現代では菩提寺との関係はおろか、親類とも縁遠く、核家族化して、子どもも無くて、夫婦だけの世帯というのも多くなりました。
 
また、お墓やお仏壇を準備したくても、生活費を捻出するのがやっとの生活をされている方も、珍しくありません。
 
・お墓のように、自分がなくなった後に残して迷惑をかけるものは建てたくない。
・常に身近に故人を感じていたい。
・お墓や大きなお仏壇は準備できないが、それに変わる何か供養はしたい。
 
そんな想いから、自宅供養というものが支持され始めているのです。
 
実際の自宅供養の方法は、遺族によって様々ですが、今人気になっているのが、故人の遺骨をベースに、金属素材などと混ぜ合わせて固めた自宅墓や、遺骨を小さな自宅用骨壷に収めて保管する方法です。
 
いづれも自宅墓や自宅用骨壷を設置するのに丁度良い、供物台のような小さな仏壇のような専用台も一緒に販売されています。
 
自宅墓には、長方形のプレートのようなタイプや、お地蔵さんなどのオブジェタイプなど、様々なものが作られています。
 
また自宅用骨壷については、素材・デザインともにおしゃれで、とても骨壷とは思えないものが色々揃っています。
 
自宅用骨壷に収める際に、少量の遺骨を別に納めて、身につけられるペンダントなども販売されており、人気です。
 
 

墓なし、完全自宅供養のメリットと注意点


このように、自宅供養の方法をとると、遺族はいつでもお墓へ行かずとも、故人に手を合わせられますし、子の世代にお墓の管理をお願いしなくても良くなります。
 
また、高価なお墓やお仏壇を準備する費用も節約できます。
 
ただし、一度菩提寺などに納骨した遺骨を、お墓から取り出し、自宅供養に変更しようという場合は、注意が必要です。
 
法律上、一度埋葬した遺骨を別の墓に納骨し直す場合は、役所で改葬申請をしなくてはなりませんが、自宅で保存するなら、元のお墓のあったお寺などから、預かってくればいいだけです。
 
しかしお寺の方は、檀家を手放すわけになるので、離檀料を請求してくることもあるのです。
 
この場合は、あなた自身は関係なくとも、先祖が一度は檀家になったのですから、支払わなければならないと思っておくほうが良いです。
 
預骨していた場合も、きちんと1年あたり1万円程度のお布施はお礼と考えて、必要かと思います。
 
そして、いくらお墓が無いとはいえ、あなたが亡くなった場合、この自宅墓をどうするのかということも考えておく必要があります。
 
遺骨を粉砕して、パウダー状にしておけば、自身の死後、共に散骨してもらうという方法もありますし、一緒に棺に入れられる素材であれば、そうしてもらうことも出来ます。
 
自宅供養のその後については、きちんと考えておきたいものです。
 
 

本人との生前相談


例えば、親やパートナーが亡くなった後、どのように供養してほしいのかということは、生前にお話する機会があるのなら、終活として、よくお話しておくことをオススメします。
 
もし、生前に故人本人の希望をきちんと聞いていれば、遺言状やエンディングノートに書き記して置いてもらうことも可能だからです。
 
そうすることで、遺族間でのもめごとも減らせますし、菩提寺とのこれからの関係もきちんと方向性が固まります。
 
最終的に、故人の意思を受け継ぐ遺族が責められる事を避けることができるのです。
 
 

自宅墓・自宅用骨壷とはどのようなものか


 
自宅墓や自宅用骨壷には、先ほど記したように、素材やデザインも豊富で、沢山の種類があります。
 
【エターナルジャパン】
 
【Soul Jewelry】
 
【メモリアル仏壇の金宝堂】
 
【INORI】
 
【TOMONI】
 
 

まとめ


 
いつでも側に居てくれるという気持ちが、遺族を悲しみから立ち直らせてくれるのですね。
 
最愛のご主人が亡くなり、悲しみにくれて引きこもってしまう年配の方も、最近では問題視され始めました。
 
パートナーが亡くなっても、自宅供養で常に身近に故人を感じられることで、愛する人の分も、前向きに余生を生きていけるのなら、パートナーもきっと喜んでくれるのではないでしょうか。
 
自宅供養という供養の方法も、一つの選択肢として、増えていくのではないかと思います。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

「戒名はいらない」の実際2017! 菩提寺なし、墓なし、仏教放棄が条件?

現代は、核家族となり、各家庭にお仏壇のある家も少なくなり、仏教への信仰も希薄化してきました。

記事を読む

両親が他界 実家の仏壇を小型仏壇に買い替えて自宅に移転する方法2017!

突然ですが、皆さんは仏壇を購入された経験って、お持ちですか?   仏壇と言えば、普

記事を読む

親から墓を引き継ぎ檀家となった場合の義務と定例出費まとめ2017年版!

両親が亡くなって、引き継ぐ(相続する)ものは多くあります。   お寺にある先祖代々

記事を読む

樹木葬の実際2017!「自然に帰る」が実現できる? 実際どこで出来る?

〜樹木葬〜皆さんは、どんなイメージを抱きますか?   私は、自分が亡くなった後、自

記事を読む

御布施の実際2017! 各法要ごとの御布施(初回は戒名料含む)の相場は?

御布施とは、僧侶に読経してもらったり、戒名をいただいたりした場合に、ご本尊にお礼としてお供えする

記事を読む

「四十九日法要・納骨法要・お斎」同日開催の事前準備と当日の流れ2017!

お葬式が済んでも、遺族には、役所関係の手続きなど、たくさんすることがあるので、四十九日法要までな

記事を読む

火葬の実際2017! 納めの式・火葬中の会食・骨上げの流れと喪主の役割は?

故人の臨終〜通夜〜葬儀・告別式の間というのは、遺族はしなくてはいけない事が山積みですし、気が張っ

記事を読む

小型仏壇に設置する位牌の実際2017! サイズとデザインの決め方は?

最近では、核家族化が進み、住環境も昔とは随分変化しました。   その変化に伴い、昔

記事を読む

散骨(自然葬)の実際2017! 海洋散骨が一般的? 墓は不要になる?

ここ10年くらいの間に、日本人の葬儀・納骨・お墓についての考え方は、随分と変化してきました。

記事を読む

「永代供養墓」の実際2017! 墓石不要、お寺が永代供養してくれる?

皆さんは、もしご自身が亡くなった場合に、どのお墓に入るのか決めていますか?   近

記事を読む

PAGE TOP ↑