*

散骨(自然葬)の実際2017! 海洋散骨が一般的? 墓は不要になる?


ここ10年くらいの間に、日本人の葬儀・納骨・お墓についての考え方は、随分と変化してきました。
 
少子高齢化により、自分たちに何かあった場合は、お墓のことで迷惑をかけたくない。
経済的格差社会となり、お墓の準備もお墓の管理・維持も難しい。
 
亡くなってからは、親戚と同じお墓に入らず、鳥のように自由になりたい。
様々な理由から、散骨(自然葬)を選ばれる方増えてきているのは事実です。
 
そこで今回は、散骨(自然葬)について、中でも特に人気のある海洋散骨について、ご紹介したいと思います。
 

スポンサードリンク

散骨(自然葬)とは?


散骨(自然葬)とは、遺骨をお墓に納骨するのではなく、海・川・山・空・宇宙などに遺骨を蒔く、葬儀の方法です。
 
日本では昔から、故人が亡くなった後は、通夜・告別式を行い、菩提寺に納骨し、その後定期的にお墓参りや法要を行うのが、一般的な供養の仕方でした。
 
しかし、世界に目を向けてみますと、風葬や鳥葬、獣葬…と、日本人から見ればかわった風習と思われる供養の形がたくさんあるのです。
 
散骨(自然葬)が増えてきた背景には、遺族毎の様々な理由があるとは思いますが、今の日本において、散骨(自然葬)はじわじわと増え続けてきているのです。
 
散骨(自然葬)を行うことのメリットは、お墓を建てなくて良いこと。
 
そして、お墓が無いということは、その後の供養や管理も無くなりますので、子や孫といった子孫に、お墓のことで、迷惑をかけなくて良いことです。
 
仮に永代供養していただいたとしても、今後どんな不測の事態が起こり、遺骨が無縁仏化してしまう可能性もあります。
 
そういう点から考えても、散骨(自然葬)なら、大いなる自然にかえることで供養が完結し、その先の不安もありません。
 
散骨(自然葬)にも色んな種類があり、海洋散骨や陸上散骨、樹木葬などが有名です。
そのなかでも、法律上の規制が少ない、海洋散骨は特にオススメなのです。
 
海洋散骨には、
 
・家族・親族のみで行う、個人散骨
・合同散骨
・代行散骨(委託散骨)
 
があります。
 
いづれも最終的には、きちんと散骨証明を受け取ることが可能です。
 
こちらは海洋散骨の流れに関する説明映像です。
 

 
海洋散骨を取扱う会社にもよりますが、献花・献酒・音楽を流す・映像撮影・会食など、さまざまなプランを提供されていますので、事前の打ち合わせをしっかりと行いたいものです。
 
 

本人との生前相談


海洋散骨などの自然葬には、夢やロマンを抱いて、生前より予約申し込みされる方も少なくありません。
 
また生前好きだった海へ、もう一度行きたいと願いつつ亡くなられる方もおられ、遺族が、その願いを叶えてあげたいと、海洋散骨を選択される場合もあります。
 
いづれにせよ、出来ることなら、終活の一つととらえ、生前に個人とお話する機会を設け、遺言状やエンディングノートに記載しておけば、個人の意思も残された遺族に伝わりますし、残された遺族間でのもめ事も回避できますね。
 
 

全部散骨するか、一部残して手元葬・自宅葬するかの検討


また、散骨(自然葬)を選択した場合、もし遺骨の全てを散骨してしまったら、当然何も残りません。
 
それが個人の生前の希望だとしても、どうしても何もなくなってしまうことに耐えられない遺族がいらっしゃる場合もあります。
 
そういう場合に、遺骨の一部を手元に残し、残り全てを散骨する方法もあります。
 
取扱業者にもよりますが、一定期間分骨した遺骨を預かってくれるところもありますし、手元に残した遺骨だけは、手元葬・自宅葬として、骨壷や遺骨ペンダントなどに納め、身近に置いて供養とすることも可能です。
 
全てを散骨してしまってからでは、どうしようもありませんので、きちんと考えておきたいところです。
 
 

海洋散骨取扱業者の紹介

ここで、海洋散骨を取扱業者を一部紹介させて頂きます。
 
【小さなお葬式】
日本全国対応。
総額55,000円で、追加料金一切不要。
 
【おこつ供養舎】
自社で粉骨の全行程を行いますので、安心・安全・安価!
 
【公益財団法人 沖縄県メモリアル整備協会】
憧れの地で迎えるリゾートエンディング。
 
【散骨想】
家族だけのプライベート散骨を、低価格・高満足で。
 
【バトーセレモニー】
冷暖房完備の豪華クルーザー使用。
出港地も7箇所から選べます。
 
 

まとめ


世の中には、金銭的な事情でお墓を建てたくても、菩提寺のお墓を存続させたくても出来なくて、最終的に散骨(自然葬)を選ぶ方もいます。
 
そして、十分なお金はあっても、お墓に眠るのではなく、もっと自由になりたい!大いなる自然に還りたい!と希望して散骨(自然葬)を選ぶ方もいます。
 
生前の生き方、環境がどんなに違う人であっても、そういう事に関係なく最終的に選ばれている散骨(自然葬)という供養の方法は、現代に生きる私達にとって、最も必要とされる供養の仕方なのかもしれませんね。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

火葬の実際2017! 納めの式・火葬中の会食・骨上げの流れと喪主の役割は?

故人の臨終〜通夜〜葬儀・告別式の間というのは、遺族はしなくてはいけない事が山積みですし、気が張っ

記事を読む

小型仏壇に設置するご本尊の実際2017! 仏像ではなく掛け軸でも良い?

近年、住まいのスペースの問題などから、従来の大きな仏壇から、小型で場所を取らず、デザインもオシャ

記事を読む

「手元供養」の実際2017! 故人を身近に感じられる遺骨ペンダントとは?

ここ10年くらいの間に、日本人のお墓に対する意識は、ものすごい勢いで変化していると言います。

記事を読む

「1日葬」の実際2017! 流れ・費用・本人や菩提寺との事前調整はどうする?

私達の知っている、一般的な葬儀というと、通夜と告別式、告別式終了後に初七日や火葬というものがイメ

記事を読む

枕経の実際2017! 枕経の意義は? 省略してもよいか? 段取り・費用は?

ある程度の年齢になると、どうしても避けて通れないのが、家族との別れ(死別)です。  

記事を読む

小型仏壇に設置する位牌の実際2017! サイズとデザインの決め方は?

最近では、核家族化が進み、住環境も昔とは随分変化しました。   その変化に伴い、昔

記事を読む

両親が他界 実家の仏壇を小型仏壇に買い替えて自宅に移転する方法2017!

突然ですが、皆さんは仏壇を購入された経験って、お持ちですか?   仏壇と言えば、普

記事を読む

御布施の実際2017! 各法要ごとの御布施(初回は戒名料含む)の相場は?

御布施とは、僧侶に読経してもらったり、戒名をいただいたりした場合に、ご本尊にお礼としてお供えする

記事を読む

実家の両親他界とともに改葬(墓の引越し)、檀家をやめる段取り2017!

改葬とは、一度は埋葬された遺骨やお墓を他のお墓や納骨堂に移すことを言います。  

記事を読む

「直葬(火葬式)」の実際2017! 流れ・費用・本人や菩提寺との事前調整は?

お身内に、もしものことがあったら、皆さんはどのように故人をお見送りするか、考えていますか? &

記事を読む

PAGE TOP ↑