*

跡継ぎがいない方のお墓問題2017! 先祖の墓仕舞いと無縁仏回避術!


最近は、人口が都会に集中し、地方では過疎化が深刻になってきています。
 
これとは別に、少子高齢化も社会のあり方そのものを大きく変えようとしています。
 
これらの社会の変化は、いろんなところで様々な問題を生んでいますが、お墓の問題もその一つです。
 
跡継ぎのないお墓がたくさん出来てきて、寺院や墓地の管理で、無縁仏としてきちんと合祀される場合はまだ良いのですが、お墓そのものが荒れ放題の薮の中で放置されていることも珍しくありません。
 
こういったことを目にすると、ご先祖様のお墓どころか、自分のお墓は、どのように準備すべきなのか考えさせられます。
 
そこで今回は、跡継ぎのないお墓をどうするのが良いのかについて考えていきたいと思います!
 

 
実際に起こっている事実なんです。
 

スポンサードリンク

跡継ぎがいない場合のお墓の取扱い方

跡継ぎがないと一口に言っても、いろいろあります。
 
本当に跡継ぎがいない場合と、人としての跡継ぎはあっても、家族や親族、ひいては先祖といった関係に対しての意識が変化し、お墓に関しては、責任を持つ人がいない場合です。
 
いづれにせよ、跡継ぎがないお墓は、遠くない未来には、無縁仏化してしまうことでしょう。
 
それを防ぐためには、お墓の跡継ぎである方が健在なうちに、未来を見据えて、行動に出るほかはありません。
 
お墓の跡継ぎがないのなら、お墓を持っていても仕方ありませんね。
 
おすすめは、墓仕舞いをして、ご先祖様の遺骨は、散骨や樹木葬とするか、永代供養とするか、納骨堂に納めるか、自分の新しい墓を用意して、そちらに改葬するかといった方法を考えます。
 
永代供養墓や納骨堂、自分の新しい墓を用意するなどは、菩提寺のある方なら、住職に相談されるとよいでしょう。
 
樹木葬も、菩提寺で執り行える所もあります。
 
もう一つ大切なのは、本当に親族間で、墓仕舞いをしてトラブルがないか、確認を怠らないことです。
 
もし、自分にも跡継ぎが無い場合なら、自分の新しいお墓を準備しても、それも後々困るかもしれませんね。
 
とにかく、未来のことをよく想像して、立鳥跡を濁さずの方法を選択していきたいです。
 
 

事前準備の段取り


ご先祖様の墓仕舞いを行った後の供養方法を決めたら、行うべきことが見えてきます。
 
改葬の手続き…
 
①現在の墓地で埋葬証明書を発行してもらう。
 
②新しくお墓を準備するなら、受入証明書。
 永代供養等は、永代使用許可証を発行してもらう。
 
③現在の墓地のある市区町村役場で、①②を提出し、改葬許可証を交付してもらう。
 
④閉眼供養をして遺骨を取り出し、石材店等に依頼して墓所を更地にして返還する。
 
⑤改葬許可証を提出して、遺骨を新しい場所に収める。
(この時、新しいお墓なら、開眼供養を行う。)
 
永代供養…永代供養料・納骨法要のお布施・刻字料が必要になります。
 
はじめから合祀の場合や、予め定められた年数管理してくれ、その後合祀される場合がある。
価格については、開きがありますが、平均的には30万円〜50万円くらいです。
 
納骨堂…30万円〜50万円くらい。
遺骨を骨壷に入れたまま管理。
継承者がいなくなる時は、永代供養も可能。
 
樹木葬…30万円〜70万円くらい。
(個別埋葬と合祀が有り。)
 
散骨…プランにより、価格には差があります。
(海洋散骨が一般的ですが、他にも様々な散骨プランあり。)
 
手元供養…自宅墓・自宅用骨壷・遺骨ペンダントなど、数万円〜。
 
 

まとめ


今や高齢化に伴い、大量死時代と言われています。
 
いずれ誰しも亡くなるのですが、たしかに子孫に墓守の負担を強いるのも気がひけますし、それどころか、墓守をしてくれる跡継ぎがどこまで存在しているかも疑問です。
 
となるとやはり、先々自分のお墓が荒れ放題の藪の中に取り残されるくらいなら、誰にも墓守の負担を負わせない方法を、今のうちから考えておかないといけない気になりますね。
 
幸い、こんな時代ですから、供養に関する様々なビジネスが生まれています。
 
もっとも自分の思いに合う方法は何か?
ご先祖さまの供養を考えることを機に、元気なうちに、いろいろと検討したいものです。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

「手元供養」の実際2017! 故人を身近に感じられる遺骨ペンダントとは?

ここ10年くらいの間に、日本人のお墓に対する意識は、ものすごい勢いで変化していると言います。

記事を読む

宗教儀礼なし 無宗教葬(自由葬)の実際2017! できるケースは限られる?

現代の日本において、自身が何らかの宗教を信心していると断言できる人は、何%くらいいるのでしょうか

記事を読む

「0(ゼロ)葬」の実際2017! 対応してくれる火葬場は? 首都圏では無理?

高齢化社会が現実のものとなり、亡くなる方が増加し、また亡くなる方の年齢が高齢になってきました。

記事を読む

家族が死亡したら、速やかに行うことチェックリスト2017年版

大切な家族が亡くなる。 それは、本当にいろいろなケースがあるのだと思います。  

記事を読む

親から墓を引き継ぎ檀家となった場合の義務と定例出費まとめ2017年版!

両親が亡くなって、引き継ぐ(相続する)ものは多くあります。   お寺にある先祖代々

記事を読む

「戒名はいらない」の実際2017! 菩提寺なし、墓なし、仏教放棄が条件?

現代は、核家族となり、各家庭にお仏壇のある家も少なくなり、仏教への信仰も希薄化してきました。

記事を読む

「永代供養墓」の実際2017! 墓石不要、お寺が永代供養してくれる?

皆さんは、もしご自身が亡くなった場合に、どのお墓に入るのか決めていますか?   近

記事を読む

「1日葬」の実際2017! 流れ・費用・本人や菩提寺との事前調整はどうする?

私達の知っている、一般的な葬儀というと、通夜と告別式、告別式終了後に初七日や火葬というものがイメ

記事を読む

お別れの会(偲ぶ会)の実際2017! 通常の葬儀との違いと企画方法は?

テレビを観ていると時折、有名人の方が亡くなられたニュースが流れ、 「葬儀は近親者のみで密葬で執

記事を読む

樹木葬の実際2017!「自然に帰る」が実現できる? 実際どこで出来る?

〜樹木葬〜皆さんは、どんなイメージを抱きますか?   私は、自分が亡くなった後、自

記事を読む

PAGE TOP ↑