*

「四十九日法要・納骨法要・お斎」同日開催の事前準備と当日の流れ!


お葬式が済んでも、遺族には、役所関係の手続きなど、たくさんすることがあるので、四十九日法要までなんて、あっと言う間に過ぎてしまうことでしょう。
 
しかし、この四十九日法要は、大切な節目の儀式で、当日にまとめて納骨法要やお斎も行うとすれば、思っているより準備することがあるのです。
 
そこで今回は、四十九日法要と納骨法要・お斎を同日開催する場合に、心得ておきたいことについて、ご紹介したいと思います。
 

スポンサードリンク

四十九日法要・納骨法要・お斎の事前準備事項


人は亡くなった後、亡くなった日から数えて7日毎に、閻魔大王の裁判を受け、49日目に極楽浄土へ行けるかどうかの判決が下されるといいます。
 
そのため遺族は、7日毎に法要を行い、故人が生前行ってきた善い行いに、さらなる善を追加出来るようにと読経を行ったり、質素な食事で過ごしたり、行動を謹んだりして過ごします。
 
この7日毎の法要を追善法要というのも、そのためです。
そしてついに49日目になり、仏の元へと向かうとされているのです。
その49日目に行う法要を、四十九日法要と言います。
 
故人が仏の元へと向かうので、位牌を仏壇に納めたり、遺骨をお墓に納骨したり(納骨法要)、葬儀や法要等でお世話になった僧侶や、親族、故人の友人らを招いて、感謝とお礼の意を込めて、膳でもてなしたり(お斎)も出来るようになるのです。
 
これらを行うには、忘れてはいけない準備がありますので、葬儀が終わったら、なるべく早く取り掛かりましょう。
 

①四十九日法要開催の日時と場所を決定

魂をお待たせするわけにはいかないので、49日目を過ぎないよう、また来て下さる皆の都合が合いやすいよう、土日などに設定します。
 
時間帯は、四十九日法要終了後に納骨法要やお斎を行うのであれば、午前10時頃から行うことが多いです。
 
全ての法要終了後に、お斎として食事を振る舞い、解散という流れがスマートですね。
 
四十九日法要の場所は、菩提寺があればお寺、または自宅、墓前、セレモニーホールなど。
 
その後、お墓に移って納骨法要、場所を変えて、レストランや会席料理店などで、お斎という流れが主流です。
 
お斎は、もちろん自宅に仕出しを頼んで行っても構いませんが、お客様のお帰りもばらつきがちになりますので、会場を外に取る方が好まれるようです。
 
葬儀の後の会食会などで、近親者に相談して決めてもおくのも良いですね。
とにかく日時と場所は、葬儀後すぐに予定を決めましょう。
 

②僧侶の手配

日時と場所が決まり次第、僧侶の手配も続けて行います。
 
もしも僧侶の都合がつかなければ、日時の方を変更しなくてはならなくなりますので、すぐに連絡を入れておきましょう。
 
この時、納骨法要も行うのであれば、納骨法要をお願いしたい旨も、きちんとお伝えします。
 
また、お斎も行うのであれば、出席いただけるかどうかも確認しておきましょう。
 
そうすることで、当日準備するお膳料の有無や、お布施を含め、お渡しするタイミングも事前にわかりますので、あわてなくて済みます。
 

③案内状の手配と、各会場の仮申し込み

四十九日法要には、誰に来て頂くのかを決定出来たら、案内状の作成に入ります。
 
出欠確認をしなくてはなりませんので、案内状と共に、返信用はがきを封筒に入れるか、往復はがきを使用します。
 
誰の四十九日法要なのか、日時・場所・お斎の有無を明記します。
 
そして1ヶ月前には送付し、できるだけ2週間前くらいには出欠がわかるようにしたいですね。
 
お斎の会場の手配では、お料理はだいだいの人数で予約しておき、出欠が確定してから、正確な数の連絡をすると良いでしょう。
 
料理の内容は、予算(3千円〜1万円くらい)をお伝えしてお任せしても構いませんが、めでたい料理が入らないよう、四十九日法要後の食事であることを、きちんとお伝えしましょう。
 

④各種物品の購入・依頼

・お仏壇が無い場合は、お仏壇の購入。
 
・四十九日法要で、白木の位牌から、本位牌へと魂を移します。そのため、本位牌に戒名を入れていただいた物を注文します。
 
・納骨自体は、3回忌までに行えば良いのですが、今回一緒に行うのであれば、お墓を新たに購入されるなら、お墓の購入。
 
・お墓のある方も、石屋さんへ依頼して、墓石への戒名の彫刻を発注します。
 
・そして、これは出欠確認が取れてからで大丈夫ですが、引き出物(3000円くらい)の購入です。
一般的に、実用品(洗剤など)や食品(お菓子)などの消えもの(消費されて無くなるもの)を選ばれるようです。
のしは、黒白の水引で、結びきり。黒墨で「粗供養」や「志」とし、下の段には喪主(施主)の名前を入れます。
 
・お料理ですが、お斎に出席されない方用には、折り詰め弁当とお酒を準備して、引き出物と共にお渡しします。
 
 

当日持参するもの


当日の服装は、洋服の喪服で、数珠を持参していれば、間違いないでしょう。
 
持ち物は以下の通りです。
 
・遺骨
・遺影
・本位牌
・白木の位牌
・埋葬許可証
・お布施(お車代や必要ならばお膳料も準備)
・引き出物(数が多い時は、出来れば食事の会場に事前に置かせて頂いておく。)
・立ち会う石屋さんへの寸志(3千円〜5千円程度)
四十九日法要のお布施は、葬儀の1割程度と言われています。
これに、納骨式のお布施も足して、お車代やお膳料とともに小さなお盆にのせてお渡しします。
 
 

当日の流れ

①僧侶入場 仏壇の前に案内します。
②施主あいさつ
③読経・焼香
④法話を聞く
⑤お墓へ移動して、納骨法要
⑥(僧侶退場)お斎に出席されない場合
⑦お斎会場へ移動
⑧施主あいさつ・献杯
⑨施主閉会の挨拶
⑩解散
 

 
当日の挨拶について参考にして下さい
 
 

まとめ


葬儀の後、役所やその他の書類手続きから、今回ご紹介した四十九日法要などの準備、さらには相続の問題等、本当にほっと息つく暇もありませんね。
 
それでも、昔はきちんと順を追って、全ての儀式を行っていたのを、最近は、1日にまとめて行うことができるようになりました。
 
忙しいけれど、大切な人を失った悲しみで、心にぽっかり穴の空いたような状態で、気が遠くなるほど時間があるより、故人のためになることで忙しく過ごしている方が、健全でいられるのではないかと思うのです。
 
色々大変ではありますが、しっかりと四十九日法要・納骨法要・お斎の準備をして、故人にご報告できるようにしたいですね。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

「手元供養」の実際! 故人を身近に感じられる遺骨ペンダントとは?

ここ10年くらいの間に、日本人のお墓に対する意識は、ものすごい勢いで変化していると言います。

記事を読む

「永代供養墓」の実際! 墓石不要、お寺が永代供養してくれる?

皆さんは、もしご自身が亡くなった場合に、どのお墓に入るのか決めていますか?   近

記事を読む

自宅安置の実際! 絶対北枕? 枕飾りは何を飾る? 遺体の腐食防止方法は?

大切なご家族が他界された悲しみの中、残された遺族には、故人とのお別れの準備が始まります。 &n

記事を読む

「直葬(火葬式)」の実際! 流れ・費用・本人や菩提寺との事前調整は?

お身内に、もしものことがあったら、皆さんはどのように故人をお見送りするか、考えていますか? &

記事を読む

お別れの会(偲ぶ会)の実際! 通常の葬儀との違いと企画方法は?

テレビを観ていると時折、有名人の方が亡くなられたニュースが流れ、 「葬儀は近親者のみで密葬で執

記事を読む

墓いらず「自宅供養」の実際! 自宅墓・自宅用骨壷とはどんなもの?

近年、家族が亡くなった時の、供養の仕方に変化が出てきました。   昔でしたら、家族

記事を読む

小型仏壇に設置する位牌の実際! サイズとデザインの決め方は?

最近では、核家族化が進み、住環境も昔とは随分変化しました。   その変化に伴い、昔

記事を読む

家族が死亡したら、速やかに行うことチェックリスト!

大切な家族が亡くなる。 それは、本当にいろいろなケースがあるのだと思います。  

記事を読む

御布施の実際! 各法要ごとの御布施(初回は戒名料含む)の相場は?

御布施とは、僧侶に読経してもらったり、戒名をいただいたりした場合に、ご本尊にお礼としてお供えする

記事を読む

散骨(自然葬)の実際! 海洋散骨が一般的? 墓は不要になる?

ここ10年くらいの間に、日本人の葬儀・納骨・お墓についての考え方は、随分と変化してきました。

記事を読む

PAGE TOP ↑