*

ペットの合同火葬2017! 亡骸引き渡しから埋葬までの流れは? 立会い不可?


ペットというのは、飼う事を決めた時には「ペット」なんですが、何日も立たないうちに、すっかり「家族」になるのが不思議ですね。
 
犬でも猫でも、はたまたハムスターや小鳥のような小さな動物でも、名前を付けて世話をし始めた時から、本当の子どものようですよね。
 
でも、生き物には寿命があり、いつかはお別れの時が訪れます。
そんな時がきたら、どのように供養してあげたらよいのでしょう?
 
そこで今回は、ペットの供養方法の一つ、合同火葬についてご紹介したいと思います。
 
以下の映像の中で、ペットの葬儀について、詳しく解説されています。
 

 
 

スポンサードリンク

ペットの合同火葬とは?


合同火葬というのは、他の家のペットと一緒に合同で火葬する方法です。
ペットの場合は、亡骸は一般廃棄物の扱いになります。
 
一部のゴミ焼却施設では、ペットの焼却炉を別途供えていて、火葬後提携の霊園へ合祀してくれる所もあります。
 
また、人間の火葬場の一角に、ペット用の火葬場がある施設もあり、直接お願いしにいくことができる所もあります。
 
一番確実なのは、民間のペット供養の会社に依頼することです。
合同火葬では、ペットの種類の区別なく、合同で火葬されます。
 
そのため、一匹で寂しく旅立つということはありません。
火葬後も、共に亡くなった動物たちと一緒に合祀されるのが特徴です。
 
 

合同火葬の流れ


民間のペット供養の会社の供養方法は、その会社によりサービス等は様々で、違いがありますので、大筋でご紹介したいと思います。
 
まずは、火葬をしてくれる施設へ来園、もしくはお迎えに来ていただきます。
 
お迎えに来てもらう場合は、ご家族はそこでお別れとなります。
ですから、信頼できる会社を選びたいですね。
 
会場で、ご家族で納棺を行い、最期のお別れをします。
(会場によっては、そこで葬儀として読経していただける場合もあります。)
 
ペットの合同火葬においては、火葬する曜日等が決まっていて、数日(5日程度まで)亡骸を預かってもらって、何体かペットの亡骸が集まった状態で合同で火葬するというところが多いです。
 
火葬の日時を確認し、再度その日時に来園して、立ち会える場合もあります。
 
ですが、合同火葬の場合は立ち会いが出来ない場合も多くありますので、ご家族が望むスタイルであるか、よく確認しましょう。
 
火葬後は、合同の供養塔などに埋葬されます。
 
埋葬後は、納骨証などを送付してもらえて、霊園によっては、ペットといえども合同の供養祭等を定期的に行ってくれるところもあり、家族はそちらに参加することが出来ます。
 
 

合同火葬のメリット・デメリット


【メリット】
・他の火葬方法に比べ、費用が比較的安価に抑えられます。
 
・きちんと供養はしてあげたいが、お忙しいご家族にとっては、亡骸をお預けした後は、火葬を経て埋葬までしてくれるので、時間を気にしなくてよい。
 
・庭などに埋葬するのではなく、きちんとした供養塔などに埋葬してくれるので、安心できる。
 
 
【デメリット】
・合同火葬なので、遺骨の引取はできません。
 
・火葬については、立ち会いが出来ない場合が多いです。
 
・埋葬される霊園などの場所を、きちんと確認しておかないと、お参りに行けなくなってしまいます。
 場合によっては、火葬された地域から、遠く離れた地域に提携の埋葬先がある場合もあるので、事前にきちんと確認が必要です。
 
・火葬や埋葬の立ち会いが出来ないことが多いので、きちんと信頼出来る会社でないと不安。
 
 

まとめ


大切な家族であるペットが、安心して眠りにつけるよう、きちんと供養してあげたいと思うのが、飼い主の思いです。
 
元気な時は、かわいいという気持ちばかりがありますが、寿命がきた時に、どのように供養してあげるのかは、事前のリサーチによって大きく変わってくるかもしれませんね。
 
人間より寿命の短いペットを飼う時は、家族として、最期のことまで考えていく心構えが必要だと私は思います。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

ペットの立会い葬2017! お別れ会(葬式・告別式)どのように行うか?

ペットは、長く一緒にいれば居るほど、しだいに気持ちが通じ合うようになります。  

記事を読む

ペットの移動火葬車での火葬2017! 自宅前で火葬? 煙や匂いは大丈夫?

大切にしてきたペットの最期を看取って、この子をきちんと供養してあげたいけれど、私は高齢だし、車も

記事を読む

ペットの埋葬方法比較2017! 自治体引き取り・合同埋葬・納骨堂・ペット霊園!

昔から、ペットとして動物を飼育し始めると、次第に愛着が湧いてきて、亡くなってしまうと、とても悲し

記事を読む

ペットの個別一任葬儀2017! 亡骸引き渡しから遺骨受取までの流れは?

ペットを飼われている皆さんは、もうペットは家族という感覚で、子どもだったり、兄弟姉妹だったり、と

記事を読む

PAGE TOP ↑