*

ペットの個別一任葬儀2017! 亡骸引き渡しから遺骨受取までの流れは?


ペットを飼われている皆さんは、もうペットは家族という感覚で、子どもだったり、兄弟姉妹だったり、とにかくペットということを忘れてしまいますよね。
 
でも、ペットは人間より寿命が短いということが、ついつい忘れがちな事実。
ペットに寿命が訪れた時、どのように供養してあげたいと思いますか?
 
人間の葬儀同様、現在はペットにも専用の葬儀会社があり、葬儀にも様々な種類があります。
 
そこで今回は、ペットの個別一任葬儀というスタイルについて、ご紹介させていただきます。
 

スポンサードリンク

ペットの個別一任葬儀とは?


個別一任葬儀とは、ペットを個別に火葬し、遺骨は家族に返骨してもらえるか、スタッフが納骨してくれるというスタイルの葬儀です。
 
基本的に、ペットの火葬時や骨上げの際の、家族の立ち会いは出来ないことがほとんどです。
 
ペットの亡骸をお預けし、スタッフにお任せすることで、返骨時には骨壷に入れて、きれいな状態で返してもらえます。
 
 

個別一任葬儀の流れ


 
立ち会いはできませんが、きちんと供養して下さいます。
 
ペットが最期を迎えたら、自宅に安置し、ペット専用の葬儀会社に連絡します。
 
亡骸は、家族が葬儀会社に連れて来園するか、もしくはお迎えに来てもらいます。
 
来園する場合は、会社にもよりますが、その場で納棺等の旅支度を行い、焼香などをして、最期のお別れをします。
 
お迎えの場合は、自宅でお別れをし、葬儀会社のスタッフにお願いします。
 
来園する場合も、お別れが済むと、スタッフにペットの亡骸をお預けして帰ります。
 
個別一任葬儀の場合は、火葬や骨上げ時の立ち会いは出来ない場合がほとんどです。
 
ですから、信頼できるスタッフにお任せして、火葬と骨上げまでしてもらいます。
 
その後、遺骨は骨壷に入れてもらい、返骨してもらうか、納骨する(もしくは、スタッフに納骨してもらう)かを選択することができます。
 
 

個別一任葬儀のメリット・デメリット


【メリット】
・他の家のペットと合同で火葬するわけではないので、あとから遺骨を返してもらえる。
 
・自分のペットの遺骨がきちんと骨上げされて、返骨してもらえるので、自宅供養でも納骨でも選択が可能。
 
・霊園に亡骸を連れて行けば、忙しい方でも後のことは、葬儀会社の方にお任せできる。
(※自宅に亡骸をお迎えに来てくれる場合もあります)
 
【デメリット】
・合同火葬よりは、若干料金が高くなる。
 
・火葬の際、出棺などの立ち会いが出来ない場合がほとんど。
 
・家族による骨上げが出来ない。
 
 

まとめ


ペットの葬儀のスタイルも、人間のように様々です。
 
個別一任葬儀では、出棺から骨上げまでの立ち会いはできないことが、ほとんどです。
 
ですから、遺骨を返してもらう限りは、きちんと間違いなく自分のペットの遺骨を返骨してもらえることは勿論、丁寧に亡骸を供養してくれる、信頼の出来る葬儀会社を選びたいですね。
 
また、忙しい現代人にとって、なかなか「ペットの葬儀で、会社を休みます」とは言いにくいものです。
 
亡骸をお預けしたら、火葬から骨上げまでお願いでき、場合によっては納骨までお任せできる個別一任葬儀は、非常に助かります。
 
生前、私達人間を癒やしてくれたペットですから、良く考えて供養の方法を選んであげたいですね。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

ペットの移動火葬車での火葬2017! 自宅前で火葬? 煙や匂いは大丈夫?

大切にしてきたペットの最期を看取って、この子をきちんと供養してあげたいけれど、私は高齢だし、車も

記事を読む

ペットの合同火葬2017! 亡骸引き渡しから埋葬までの流れは? 立会い不可?

ペットというのは、飼う事を決めた時には「ペット」なんですが、何日も立たないうちに、すっかり「家族

記事を読む

ペットの埋葬方法比較2017! 自治体引き取り・合同埋葬・納骨堂・ペット霊園!

昔から、ペットとして動物を飼育し始めると、次第に愛着が湧いてきて、亡くなってしまうと、とても悲し

記事を読む

ペットの立会い葬2017! お別れ会(葬式・告別式)どのように行うか?

ペットは、長く一緒にいれば居るほど、しだいに気持ちが通じ合うようになります。  

記事を読む

PAGE TOP ↑