*

ペットの移動火葬車での火葬2017! 自宅前で火葬? 煙や匂いは大丈夫?


大切にしてきたペットの最期を看取って、この子をきちんと供養してあげたいけれど、私は高齢だし、車もなくて、どうしたらいいかしら…?
 
そんな方に、とても助かるサービスがあります。
 
確かに、自分にとっては大切なペットでも、他人にとっては…ましてや亡骸です。
タクシーを呼ぶのも、知人に頼むのも気がひけますよね?
 
そこで今回は、ペットの葬儀をしてくれる、移動火葬車についてのご紹介です。
 

スポンサードリンク

ペットの移動火葬車での火葬とは?

こちらの映像で、ペット火葬車の火葬の流れを、実際の依頼にそってご覧いただけます。
 

 
ペットの移動火葬車とは、読んで字のごとく、自宅前まで来てくれる火葬サービスのことです。
 
ペット用とはいえ、その性能は固定式の火葬炉を持つ火葬場と変わりません。
 
火葬と聞くと、近所に煙や臭いで迷惑をかけないかしら?と心配になる方もいらっしゃると思いますが、現代の移動火葬車は、無煙・無臭、ダイオキシンも発生しにくい構造となっていて、音も静か。
 
コンセントをつなげるだけで、本当に自宅の駐車スペースなどで火葬してくれます。
 
おまけに、近所に配慮して、移動火葬車の表面に、会社名なども入っていなくて、全く目立ちません。
 
最近では、24時間営業の業者もあり、家族の揃う夜の火葬依頼などにも対応してくれます。
 
プランは業者により様々です。
 
・ペットの亡骸を引き取って、合同で火葬⇒合同で埋葬⇒納骨証の送付
 
・自宅前(もしくは希望の場所)での一任個別火葬⇒骨壷に収めた状態で返骨
 
・自宅前にて立会い個別火葬⇒家族で御骨上げ⇒骨壷に収めた状態で返骨
 
など。
 
提携寺院を持つ業者なら、火葬前のお別れ時に、僧侶が来てくれて読経してくれたり
 
(※費用は、家族と業者のみの立会い個別火葬プランより高くなります。)、
 
火葬後にも、動物合同供養祭などに参加費無料で参加出来て、手厚く供養できたりもします。
 
 

移動火葬車での火葬の流れ


・僧侶に来てもらう場合、葬儀にて読経
(御布施・線香・火葬・骨壷・骨覆含めて5万円前後となることが多いです。)
 ↓
お別れ
 ↓
個別火葬
 ↓
御骨上げ
 ↓
骨壷に入れて返骨
 
家族と業者のみで行う立会い個別火葬プランなら、小型犬は2万円くらい〜が目安となります。
 
 

移動火葬車での火葬メリット・デメリット、制約


【メリット】
・近くにペットを火葬してもらえる施設が無い方や、高齢者や車での移動手段を持たない方には、非常に助かります。
 
・火葬中の待ち時間も、自宅ですので、時間が気にならない。
 
・ペットが普段生活していた場所で、見送ってあげられる。
 
【デメリット、制約】
・大型のペットだと、対応出来ないことがある。
 →目安は40kg以上は難しいと考える。
 
・どうしても近所の目が気になる方には不向き。
 
・霊園を持っていない業者が多く、納骨や埋葬は、後日別の場所でということもあり得る。
 
・時に悪徳業者も発生しているので、注意が必要。
 →「火葬料金はいくら?」と聞くより、「トータルでいくらかかるのか?」と聞く方が良いでしょう。
 
 

まとめ


ペットの移動火葬車は、自宅前まで来てくれて、自宅前や駐車スペースなどで火葬をしてくれます。
 
煙や臭いもなく、音も静かで、近所にさとられない配慮もしてくれます。
 
ただ、火葬車さえ手配出来れば、誰でも始められるサービスになりますので、中には悪徳業者もいるので、注意が必要です。
 
ペットロスの家族の心につけ込む悪徳業者に騙されないためには、やはり近所の経験者の話を伺ったり、今でしたら、インターネットの口コミなんかのチェックも有効かも知れません。
 
とにかく、大切なペットの死に動揺して、きちんと確かめるということを忘れないように心がけることに尽きます。
 
ともあれ、悪い業者ばかりではなく、基本的には真面目にペットの死に向き合ってくれる業者がほとんどです。
 
信頼できる業者によく相談し、よい供養が出来たと思えるようにしてあげたいですね。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

ペットの立会い葬2017! お別れ会(葬式・告別式)どのように行うか?

ペットは、長く一緒にいれば居るほど、しだいに気持ちが通じ合うようになります。  

記事を読む

ペットの個別一任葬儀2017! 亡骸引き渡しから遺骨受取までの流れは?

ペットを飼われている皆さんは、もうペットは家族という感覚で、子どもだったり、兄弟姉妹だったり、と

記事を読む

ペットの埋葬方法比較2017! 自治体引き取り・合同埋葬・納骨堂・ペット霊園!

昔から、ペットとして動物を飼育し始めると、次第に愛着が湧いてきて、亡くなってしまうと、とても悲し

記事を読む

ペットの合同火葬2017! 亡骸引き渡しから埋葬までの流れは? 立会い不可?

ペットというのは、飼う事を決めた時には「ペット」なんですが、何日も立たないうちに、すっかり「家族

記事を読む

PAGE TOP ↑