*

共働き、どちらかの両親との近居事情! 嫁姑問題回避と子育て両立は可能?


最近は、元気なお年寄りが増えました。
 
昭和世代の人間にとって、今の60代の方々の気力・体力の若々しさは、正直マジックです。
 
自分のおじいちゃんやおばあちゃんが60代だったころとは、人種が違うかのようです。
 
医療の発達や、食べ物も豊かになったからなんでしょうね。
また子世代の生活も、ずいぶん変わりました。
 
最近では共働き世帯が増え、専業主婦って、本当に少数派になりました。
 
今、そんな2つの世帯の将来を考え、「近居」という暮らし方が注目を浴びています。
 
そこで今回は、今話題の「近居」について、共働き世帯の妻側の目線から、ご紹介したいと思います。
 

スポンサードリンク

共働き夫婦にとっての祖父母との近居について


まず、共働き夫婦の生活スタイルについてですが、結婚してまだ年数が浅い頃は、夫婦共に朝から夜まで仕事に出かけているわけですから、正直特にトラブルや悩みもなく、過ごせることかと思います。
 
しかし、お子さんが出来たらどうでしょうか?
 
「うちの子は、ほとんど熱も出さないし、産休が明けたら、保育園に預けるから、問題ないわ!」そんな簡単に考えてはいませんか。
 
確かに、本当に丈夫なお子さんもおられますが、通常は、集団生活になると、しょっちゅう何かしらの病気をもらってきます。
 
中には、期間を決めて保育園をおやすみしなければならない病気も。
 
妻や夫の会社が、十分に融通の効く会社なら大丈夫かもしれませんが、でもやはり周りに迷惑をかけてしまうことは、間違いありません。
 
一億総活躍社会と掲げてはいますが、まだまだ仕事と子育てを両立するための社会環境の整備が、十分とは言えないのが、今の日本の現状です。
 
お子さんの病気などの心配は、小学校に入っても続きます。
 
小学校にも学童がありますが、それも低学年の間だけで、その後は、お子さんが鍵っ子でも大丈夫ですか?
 
高学年になると、付き合うお友達の影響を色濃く受けるようになってきます。
 
ママやパパが帰ってくるまで、お子さんを一人にしておいて、本当にいいですか?
 
お子さんが、ある程度育ち、やれやれと思う頃になると、今度は親世代が思わぬ怪我をしたり、病気になったりすることも考えられます。
 
しょっちゅう、様子を見に行かなければいけない時期が来るかもしれません。
 
共働き夫婦にとって、遠方に住まわれている親の様子を、毎日見に行くのは、かなりの負担となるでしょう。
 
そこで、最近注目されているのが、「近居」という考え方なのです。
 
片道約30分以内の「スープの冷めない距離」ともいわれる近くに、親世代と子世代がそれぞれ暮らす形です。
 
親世代の若い間は、子世代の子育てサポートを担ってもらい、親世代が歳を重ねてきたら、子世代がサポートする。
 
そんな「お互い様」を実現するための知恵です。
同居だと、嫁姑問題も深刻化しがちですが、近居ならと考える方が増えてきているようなのです。
 

 
近居により、親孝行にも繋がるのが素敵です。
 
 

共働き夫婦が夫の両親と近居するメリット・デメリット


共働き夫婦にとって、夫の両親との近居とは、実際どうなんでしょう?
 
経験者に話を伺うと、十人十色で、親世代・子世代それぞれの考え方や、性格によって、関係がさまざまなのは確かです。
 
妻にとっても、夫が長男だったりすれば、夫のご両親のことを、全くないがしろにも出来ません。
 
かといって、夫の両親は、結婚したことで義理の両親ではありますが、そこはやはり気を遣う相手であることは間違いありません。
 
メリットは、子育てサポートをしてもらえることが一番ですが、デメリットは干渉なのではないでしょうか。
 
ただ、共働きを続ける以上、必ず自分達だけでは、どうにも対応できないことが出てきますので、そんな時に近居のありがたさを噛みしめることになると思います。
 
デメリットについては、近居のありがたみと天秤にかけると、どうなのか?というところで、自分たちの気持ちを整理しなくては、解決できないことがあるでしょう。
 
また、夫に上手に間に入ってもらうようにする、ルールを決めるなどの工夫も必要です。
 
 

共働き夫婦が妻の両親と近居するメリット・デメリット


妻が子供を産むという現実から、妻の両親は、仮に娘が夫の両親と近居している場合でも、子育てサポートに積極的であることが多いです。
 
妻にとっても、実の親ですから、近居だと安心です。
 
夫の両親ではなく、妻の両親との同居では、夫だけでなく、妻の両親、そして妻自身も夫に気を遣ってしまうことが多いので、近居なら多いにメリットがあると思います。
 
子供のことをお願いするにも、言いやすく、親も話をしやすいので、お互いのサポート関係としても、メリットは大きいでしょう。
 
ただし、デメリットとして、実の親子だけに遠慮がなくなり、義理の両親以上にトラブルが発生する場合もあります。
 
近居の基本として、お互いを思いやり、感謝する気持ちやプライバシーを尊重する意識を忘れないことだと思います。
 
 

まとめ


いつの時代も、嫁姑問題はあります。義理の関係ですから。
でも、それと同じくらい、実の親子関係の問題もあるのです。
 
また相続などの問題も関連して、同居だと兄弟姉妹間のトラブルが起こることも。
 
お互いの生き方や、考え方、プライバシーの尊重などを考慮しつつ、子育てや介護といった、避けて通れない問題をお互い様の温かい気持ちで解決していけるよう、近居という方法が選ばれているのかもしれません。
 
適度な距離を保ちつつ、お互いに感謝の気持ちを忘れない。
 
そういう心がけで、近居を始める前に、きちんと話し合いをすることも忘れてはいけないことだと思います。
 
お互いの世代にとって、より良い関係を築く努力を忘れてはいけませんね。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

年賀状をメールやSNSに切り替えるために今から取組むべきことは?

      年賀状って、何ともやっかいですよね。 出すのは

記事を読む

「涙活」(るいかつ)で心のデトックス!週末号泣で脳と心をリフレッシュ!

  そういえば、最近泣くことなんかないなあ… そんなあなたは、心が詰まってしまって

記事を読む

共稼ぎ夫婦の家事分担! 離婚騒動を回避するための協力体制とは?

  生活するのって、本当にお金がかかりますよね。 私の周りにも、子供が幼稚園く

記事を読む

冷蔵庫買換え!古い冷蔵庫は電気代高い?買換えの節電メリットは?

    一般家庭で最もフル回転している家電が冷蔵庫です。 365日、2

記事を読む

クレジットカード ポイント貯め方と賢い使い方基礎知識!

    どうせならポイントがたくさんつくクレジットカードがいい! 誰で

記事を読む

共稼ぎ夫婦の家計管理と生活費分担! 統合管理か独立採算拠出型か?

  共稼ぎ夫婦が、随分と増えました。 働き方の形態は、世帯によって様々ですが、

記事を読む

スーツケースに貼られたシールの剥がし方!ベタベタも取れる簡単な方法とは?

    旅行に行くたび増えるシールやステッカー。 航空会社が封印や

記事を読む

写真写りアップのコツとスマホの機能活用で、自撮りが200%綺麗に!

      自撮りって、慣れている人はすごくきれいに写るけれ

記事を読む

電子マネーの種類と比較・生活パターンに合った選び方!

  電子マネーといえば、あのビットコインもその一種。 現金でやりとりする煩

記事を読む

室内に蟻の行列!最速で蟻を根絶する5つの方法!

    一戸建てはもちろん、マンション室内にも侵入してくるアリ。 地味

記事を読む

PAGE TOP ↑