*

実家の片付け2017! 生前整理での業者選定法・活用術・費用相場は?


歳を重ねると、体力だけでなく、気力もなくなってきます。
 
若い頃は、家事・育児に忙しく、「いつかあなたたちが大きくなったら、家の中のいろんな物をゆっくりと片付けよう…」
 
そう言っていたのに、気付けばもう何十年もそのまんま。
 
後回し、後回しにしてきたせいで、家の中は物であふれている。
 
そんな実家の様子が気になってはいませんか?
 
物が邪魔で、親御さんが転倒したりする危険はありませんか?
 
もし親御さんが亡くなった場合、遺品整理はすぐにできそうですか?
 
生前整理とは、親御さんが残された人生を、本当に必要な物だけに囲まれて暮らす為の方法です。
 
親御さんが元気な今のうちに、ぜひ取り組んでおくことで、親御さんにとってもすっきりとした、気持ちいい暮らしやすい生活を提供できるのです。
 
そこで今回は、生前整理での業者選びや活用術、費用相場についてご紹介していきます。
 

スポンサードリンク

生前整理の業者とは?

最近では、生前整理を代行して行ってくれる業者があります。
 
昔は、親御さんが亡くなってから、兄弟姉妹総出で実家の片付けをしたものです。
 
でも最近のお年寄りは、子供に迷惑をかけなくて済むように、元気なうちに自分の終活の一部として、生前整理やエンディングノートの作成、葬儀の生前予約、自分が入る墓の注文までしている方もいると聞きます。
 
とはいえ、片付けについては、もうひとつやる気力がないし、そんなことで子供を呼びつけるのも…と思っておられる方が多いものです。
 
そんな方なら、生前整理の業者さんに依頼してみるのも一案です。
 
生前整理ですので、親御さんのお気持ちを尊重し、きちんと確認をとりつつ、作業をすすめてくれます。
 
また。ゴミの分別などの心配もいりません。
廃棄だけでなく、不用品の買い取りまでしてくれる業者もあります
 

 
実際の生前整理の様子がよくわかります!
 
 

生前整理の業者選定ポイント


ただし生前整理として、実家の片付けに業者を依頼する場合、その業者が安心してお願いできる業者なのかどうかの見極めは、非常に大切になってきます。
 
いわゆるなんでも屋などではなく、きちんと生前整理(遺品整理業を兼ねている場合は多い)の専門家であるかどうか代表者が明確にされており、連絡がきちんととれるのかどうかは、大切なところです。
 
また料金体系がしっかりしていているのか、見積もりをきちんと提出してもらい、説明をしてもらいましょう。
 
この説明がいい加減であったり、あいまいであったりすると、後から見積もり以外に追加費用を請求されたりといった心配があります。
 
きちんと納得の行く説明をしてくれるかどうかも、見極めの一つですね。
 
そうなると、質問したいことを、こちらがきちんと明確に準備しておくことも大切です。
 
また、生前整理の作業工程で必要となる資格を有しているかということも、確認しましょう。
 
そして、アフターサービスについても確認が必要です。
 
これらを踏まえ、納得のいく回答を貰える業者で、予算が合えばお任せして大丈夫でしょう。
 
ここで、生前整理の業者をいくつか紹介させて頂きます。
 
【プロアシスト】
遺品整理・生前整理・特殊清掃のプロフェッショナル
 
【エコフレンドリーサービス】
「便利」「安心」を提供する、遺品整理・片付け総合サービスです。
 
【㈱アクションパワー】
あったかい生前整理サービス
 
【快適生活サポートパック】
新しい街へ 新しい毎日へ クロネコが始めた新しいサービス
 
 

業者の活用術と費用相場


1人で動かせない重い家具ですとか、買い取りしてもらえるような物がある場合は、生前整理の業者を活用して見てはいかがでしょうか。
 
例え無料で粗大ごみに出せるとしても、動かせなければ、そこで作業がストップしてしまいます。
 
また、買い取ってもらえるような物でも、大きい物や重い物は、お店に持ち込めません。
 
生前整理の業者なら、片付けて買い取ってもらった上で、お掃除までしてくれて、お年寄りには、非常に助かります。
 
生前整理の業者を依頼するにあたっての費用は以下の要素できまります。
 
・お部屋の間取り
・作業員人数(人件費)
・作業量
・必要となるトラック台数
・作業環境
・外注の有無
・廃棄物処理費用
・オプション作業
 
費用相場はざっと以下のようになります。
 
間取り  人数   およその金額
1K   1名     3.5〜4.5万円
1DK   2名     5.5〜6万円
1LDK  2〜3名   8万円〜
2DK   3名    12〜13万円
2LDK  4名    14〜15万円
3DK   5名    18〜19.5万円
4DK   6名    22〜23万円
4LDK  6名    25〜26万円
 
 

まとめ


理想を言えば、実家の片付けなので、親御さんと一緒にお子さんが片付けを手伝ってあげるのが、親子の会話の時間にもなり、良いと思うのですが、遠方に別居されている場合や、お勤めが忙しいなど、現実的で無い場合も多いです。
 
そんな時は、ぜひご紹介させていただいたような生前整理の業者を活用して、早く簡単に親御さんの住環境を暮らしやすいようにしてあげるのも、一つの方法ではないでしょうか。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

実家の片付け2017! 片親だけが残った実家の生前整理の具体的方法は?

すでにご両親のうち、どちらかは亡くなられていて、実家には片親だけで一人暮らしというご家庭は多く、

記事を読む

遺品整理の実際2017! 仏壇・神棚・人形の処分方法は?

御両親が他界された後、残された遺族にとって、大変な作業となるのが、遺品整理。  

記事を読む

実家の相続の実際2017! 終身介護施設入所なら、存命中に家の処分すべき?

  高齢化社会ではありますが、医療技術の進歩などの甲斐もあり、長生きされる方が増えま

記事を読む

遺品整理の実際2017! パソコンとアルバムの処分方法は?

  遺品整理の際は、たくさんの物を処分することになると思います。 その中でも、

記事を読む

遺品整理の実際2017! 処分が厄介な車やピアノはどうする?

  遺品整理が終わり、ほとんどのものは処分したが、後は目の前にどーんと残っているピア

記事を読む

遺品整理の実際2017! 貴金属・金の入れ歯・美術品の処分方法は?

  ご両親が亡くなられて、遺品整理を行うと、いろんな品が出てきます。 そんな中

記事を読む

遺品整理の実際2017! 遺品整理業者の選定法・活用術・費用は?

両親が他界され、遺品整理に実家の片付けにいかないといけないことはわかっていても、遠方に住んでいた

記事を読む

実家の相続の実際2017! 空き家で放置するリスクと維持コストは?

  両親が他界してしまい、実家を相続するということになりますと、実家で同居していた場

記事を読む

実家の相続の実際2017! 「空き家バンク」に登録し、賃貸する方法とは?

  実家の相続をしたが、すでに生活の基盤があり、引っ越すわけにもいかず、とりあえず知

記事を読む

実家の片付け2017! 生前整理をすべきかの判断基準と親の説得術とは?

自分がある程度の年齢になってくると、時折実家に戻ると、「おやっ?」と感じることがあります。 &

記事を読む

PAGE TOP ↑