*

遺品整理の実際2017! 仏壇・神棚・人形の処分方法は?


御両親が他界された後、残された遺族にとって、大変な作業となるのが、遺品整理。
 
他界された親御さんの住まいが賃貸物件で、退去日が設けられていたり、相続の関係などもあり、早々に遺品整理を始めなければなりません。
 
思い出の品もあり、なかなか思うように進まない中、棚の上に飾られている、数体の日本人形に目が止まる…なんてことがあります。
 
人形でなくても、仏壇や神棚なんてこともあるでしょう。
 
さて、こういった祭祀財産の処分は、いったいどうすればよいのでしょう?
 
そこで今回は、遺品整理で処分することになった、仏壇・神棚・人形などの処分についてご紹介したいと思います。
 

スポンサードリンク

供養などの処理が必要な遺品について


仏壇・仏具・位牌・神棚・神具・遺骨・墓地などは、祭祀財産と言います。
 
民法上は、遺産相続人と祭祀財産承継者とは別に考えられます。
(一般的には同一になることが多いですが。)
 
祭祀財産のうち、遺産整理の時に時折問題となるのが、仏壇や神棚などです。
 
きちんと墓守りはするけれど、仏壇や神棚は、引き継いで設置するスペースがないというような場合、祭祀財産承継者が処分を決めたら、それが可能となります。
 
ただ、仏壇などのようにそこに設置した時に、ご先祖の魂を入れた場合、処分する時には、その逆に魂抜き(閉眼供養、お性根抜き、遷座供養などとも言う)を行ってもらう必要があります。
 
また、その人の考え方次第なのですが、人形のように、人の形をした物については、昔から魂が宿るなどと言われ、そのままゴミに出すのは忍びない気持ちに苛まれる場合があります。
 
このような場合にも、後々気になるようであれば、供養をしてもらってから処分するのが良いかと思います。
 
 

仏壇・神棚の処分方法


仏壇・仏具については、実家にお坊さんを招ける状態であれば、ご足労いただき、魂抜きの読経をしていただきます。
 
とてもお越しいただけるような状態でない場合は、いったん仏壇の処分業者や遺品整理業者に依頼し、業者の供養場などに引き上げていただいた後に、供養していただくという方法が良いかと思います。
 
魂抜きが済めば、仏壇はただの箱ですので、自治体が認めていれば、粗大ごみに出しても問題ありませんし、そのまま業者に引き取ってもらって、お焚き上げしてもらうこともできるでしょう。
 
神棚や神具も同様に、神社に持ち込めるようなら、玉串料を添えてお返しすれば、お清めとお焚き上げをしていただけるはずです。
 
 

人形の供養方法

人形については、気にされない方は全く気にせずに、ゴミに出す方もいらっしゃいます。
 
しかし、特に五月人形や雛人形といった、厄除けで子供がお世話になった人形については、そのままゴミに捨ててしまうことに罪悪感を覚える方も少なくないでしょう。
 
そういった場合、お寺や神社に依頼して合同供養していただくこともできます。
 
ただ、それなりにお金がかかりますので、悩まれるという方は、葬儀社が定期的に開催されている、人形の供養祭というものがありますので、一度問い合わせて見られるのも一案です。
 
会員だけでなく、一般の方でも参加できますし、法話が聞けたりする場合も多いようです。
 
金額も、無料〜2000円くらいでしてくださるそうですので、一度お近くで開催予定がないか、問い合わせてみてはいかがでしょう。
 

 
人形・ぬいぐるみ供養祭の様子です。
 
 

まとめ


遺品整理で出てきた処分したい仏壇や神棚、人形などは、基本的には、きちんと供養を行い、お焚き上げなどによる処分が望ましいと思います。
 
それら祭祀財産も、故人にとっての大切な生きた証ですので、後悔の無いように処分したいものですね。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

実家の相続の実際2017! 「空き家バンク」に登録し、賃貸する方法とは?

  実家の相続をしたが、すでに生活の基盤があり、引っ越すわけにもいかず、とりあえず知

記事を読む

実家の片付け2017! 片親だけが残った実家の生前整理の具体的方法は?

すでにご両親のうち、どちらかは亡くなられていて、実家には片親だけで一人暮らしというご家庭は多く、

記事を読む

実家の相続の実際2017! 早期処分のための遺言での相続人指定とは?

  近年、子供は既に都会で自立して家族と暮らしていて、親が亡くなっても、実家に戻ると

記事を読む

実家の片付け2017! 生前整理での業者選定法・活用術・費用相場は?

歳を重ねると、体力だけでなく、気力もなくなってきます。   若い頃は、家事・育児に

記事を読む

遺品整理の実際2017! 遺品整理業者の選定法・活用術・費用は?

両親が他界され、遺品整理に実家の片付けにいかないといけないことはわかっていても、遠方に住んでいた

記事を読む

遺品整理の実際2017! パソコンとアルバムの処分方法は?

  遺品整理の際は、たくさんの物を処分することになると思います。 その中でも、

記事を読む

遺品整理の実際2017! 貴金属・金の入れ歯・美術品の処分方法は?

  ご両親が亡くなられて、遺品整理を行うと、いろんな品が出てきます。 そんな中

記事を読む

実家の片付け2017! 生前整理をすべきかの判断基準と親の説得術とは?

自分がある程度の年齢になってくると、時折実家に戻ると、「おやっ?」と感じることがあります。 &

記事を読む

実家の相続の実際2017! 終身介護施設入所なら、存命中に家の処分すべき?

  高齢化社会ではありますが、医療技術の進歩などの甲斐もあり、長生きされる方が増えま

記事を読む

実家の相続の実際2017! 空き家で放置するリスクと維持コストは?

  両親が他界してしまい、実家を相続するということになりますと、実家で同居していた場

記事を読む

PAGE TOP ↑