*

2017年夏休み 国内で実践 英語と国際体験! 人気英語サマーキャンプ3選!


近年、子供の人気の習い事の1つに、英会話があります。

やはり国際化社会となり、東京オリンピックも控えていたりして、英語力はあって損することはないからなんでしょう。

海外との関わりのある企業などでは、英語ができることが、就職の条件になっていたりするところもたくさんあります。

そこで今回は、英語を身につけるための始めの第一歩、英語への興味を引き出す、人気のサマーキャンプについてご紹介します。
 

スポンサードリンク

日本国内での英語サマーキャンプとは


夏休みに、日本に居ながらにして、留学のような体験ができる、英語サマーキャンプというものがあります。

最近は大変な人気で、場合によっては、申込みは1.8倍以上の倍率というので驚きです。

基本的には、サマーキャンプ中の共通言語は英語と身振り手振りのボディランゲージ。

スタッフには、バイリンガルやネイティブの講師をそろえ、サマーキャンプ中、英語に溢れた環境で過ごせることが魅力です。

教室で受ける英語のレッスンとは違い、様々なプログラムを行う過程で、英語やボディランゲージをコミュニケーションツールとして用います。

その過程で、自分の気持ちや伝えたいことを発信する力や、相手の発する英語を聞き取るリスニング力に火をつけることが目的です。

もちろん、日本語の話せるスタッフも同行しますので、必要以上に心配することはありません。
 
 

英語サマーキャンプの意義


英語サマーキャンプの、この短期間にて英語の習得が出来れば、喜ばしいことこの上ありません。

でも正直な所、どんなに英語漬けであっても、夏休み中の1週間やそこらで、ペラペラと話せるようになることを期待するものではありません。

子供の性格によっては、むしろ上手にコミュニケーションがとれず、英語に対する苦手意識が残ることも有り得ます。

ですから、英語サマーキャンプに参加することが、親と離れて、英語ばかりの環境でも、自分のことは自分でできたし、楽しく過ごせたという自信になること。

そして、共に過ごしたお友達やスタッフとの絆により、子供にとって夏休みの楽しい思い出となることで、英語に対するハードルを下げることにつながれば、大成功だと考えて良いと思います。

また来年の夏休みもサマーキャンプに参加したい!
今度は、スタッフに英語でもっと話しかけてみたい!


など、英語習得につながる第一歩を踏み出すことが最大の意義ととらえるべきでしょう。
 
 

人気の英語サマーキャンプと特徴

>>ENGLISH  ADVENTURE

コースは初級者用と中級者用があり、4泊5日又は11泊12日。
名古屋・東京・大阪から、開催場所の長野県までの送迎もあります。

バイリンガルスタッフが同行し、日本語でのサポートもあるので、安心して預けられます。
小学生が対象です。

キャンプ中、カヤックやボルダリング、ダンスパーティなど様々なアクティビティが体験できます。


 
キャンプを楽しみながら、仲間達と忘れられない思い出が作れます。





>>SCOA

スポーツに特化したキャンプ内容で、アメリカ人キャンプカウンセラーが同行してくれます。キャンプカウンセラーは、なんと全員スポーツ選手。

2泊3日〜5泊6日のうちから、期間設定可能。

言葉と動作を結びつけることにより、英語を体感して理解するTPR(全身反応教授法)を実践しています。





>>MLS(モデル・ランゲージ・スタジオ)

最高顧問であったリチャード・A・ヴァイア氏は、アメリカのブロードウェイで活躍した、元俳優・演出家・舞台監督。

日本での演技指導の際に、本当のコミュニケーションをはかり、自分を生かすことの出来る演技スタイルによる指導を行う中、MLSのドラマメソッドに行き着く。

ドラマを通して英語を学ぶという、独特のスタイルです。

毎年、テーマにそった単語や表現を用いながら、2泊3日を英語漬けで過ごします。
 
 

まとめ


最近では外人さんの姿は、普通に見かけるようになっているにもかかわらず、私達大人でも、いざ対峙すると、おどおどしてしまうことがあります。

やはり、慣れてないからなのではないでしょうか。

言葉が違っても、同じ人間。

同じ環境で、共に同じ体験をする中で、自然と外人さんを受け入れることが出来るようになります。

あとはコミュニケーションの手段である英語をマスターすれば、何の抵抗もなく、話しかけることが出来ます。

むしろ、ネイティブスタッフともっとわかり合いたいと思う気持ちから、英語を学ぶ気持ちが高まれば、英語の吸収も、ぐんと早くなるのではないでしょうか?

今年の夏休みは、英語のサマーキャンプに決まりですね!
 
 

スポンサードリンク




関連記事

海外駐在員が語る英語の重要性と密かに実践している外国語学習法とは?

    私は現役の海外駐在員で、今までアジアや中東など色々な国に駐在し、

記事を読む

子供を海外留学させ、日本より安く(無料)効果的に国際人にする秘策とは?

  日本では多くの親御さんたちが、子供の英語教育や海外留学などについて関心を持たれて

記事を読む

語学留学の新潮流!「ハンガリー英語留学」の7つの魅力とは?

  数年前から英語留学と言えばフィリピンが流行していますが、今回はあえてはるか遠い東

記事を読む

子供をトリリンガルにして「世界を舞台に活躍する人材」にする方法とは?

  私は仕事の都合で永年海外に住んでいますが、海外から冷静に日本を見て思うのは、少子

記事を読む

「トビタテ!留学JAPAN」返済不要な奨学金を得て海外留学する秘策とは?

海外留学は資金面のハードルが高く我が家には難しいとお考えの高校・大学生の親御さんに、超お得な情報

記事を読む

白馬で大人の英語キャンプ2017! 大自然の中で朝から晩まで英語漬け?

英語を身に着けたくても、国内にいると、どうしても英語漬けになることは叶わないな〜なんて思っていま

記事を読む

外国人殺到の白馬でワーホリ2017! 0円留学と24時間英語環境の勤務とは?

英語力をつけるために留学するという学生さんは、昔からよく聞きます。 確かに、海外へ行き、一

記事を読む

話題の英会話学習教材2017! 美男・美女講師のYoutube英語レッスンとは?

東京オリンピックが開催されることになったのもありますが、今、日本では子供から大人まで、英語教

記事を読む

PAGE TOP ↑