*

母の日には母に手紙を送ろう!中高生の息子・娘からのメッセ−ジ文例集!

 
今年の母の日は、お母さんに何を贈りますか?

プレゼントといっても、お母さんが喜ぶものって何でしょう?

この季節になると、毎年どこかしらで、母の日に母がもらいたい物に関するアンケート結果が公表されていて、その中でも毎年ランキング上位に上がっているのが、実は手紙なんだそうです。

確かに手紙だと、普段話さないような本音を聞けるようで、特別感がありますよね。

そこで今回は、母に送る手紙の書き方(中高生編)について、お伝えしていきます。
 

スポンサードリンク

母の日の母への手紙の書き方(中高生編)



まずは、素敵な曲で、素直な気持ちになりましょう!

母の日のプレゼントですので、手紙はきちんと封筒と便せんを準備しましょう。

現代社会では、メールやLINEなどもよく使われますが、プレゼントですので、特別感を演出するためにも、ここはあえて、手書きの手紙を渡したいものです。

お母さんは、褒めてもらうなどの、人から評価を受けることに慣れていません。

年中無休で、毎日頑張ってくれているお母さんに、年に1度の母の日に、その頑張りを、家族はちゃんと見ていて、感謝していることを伝えてあげましょう。

そうすることで、お母さんはまた頑張れるものなのです。

文章書くのってニガテ…
という中高生の皆さん、そんなに難しく考えなくても大丈夫です。


大切な以下の3点をおさえれば、文章自体は、短くてもいいのです。

大切なのは、
①日頃のお母さんを思い浮かべて書くことです。

そして、
②感謝の言葉を素直な気持ちで具体的に書くこと

照れくさいかもしれませんが、お母さんをうれし涙で泣かせるつもりで、書いてみましょう。

そして、最後の締めは、
③お母さんを気遣う気持ちを表現しましょう

ちょうど思春期の中高生にとって、手紙なんて恥ずかしい!
という人もいるかもしれません。

でも、お母さんにいろいろ世話を焼いてもらえるのも、もうあと少し。

皆さんは、もうすぐ大人になるのです。

いつも甘えさせてもらっているお母さんを年に1度くらい、気持ち良い気分にさせてあげられなくて、どうしますか!?

以上3点を踏まえた文例を準備しましたので、参考にしてみてくださいね。
 
 

中高生の息子からのメッセージ文例

 

文例1
お母さん、毎日朝早く起きて、オレの弁当作ってくれてありがとう。
いつもすごく旨いから、毎日昼がくるのが楽しみです。
お母さんも仕事で疲れているのに、毎朝1番に起きて、すごいと思う。
お母さんが病気になったら、オレら本当に困るから、たまにはゆっくり休んで、体を大切にしてよね。
オレも出来ることなら手伝うから。
お母さん、いつも本当にありがとう。

文例2
お母さん、いつもありがとう。
部活が忙しくて、オレはほとんど何も手伝い出来なくて、ごめん。
でもお母さんのおかげで、部活に集中できること、感謝してます。
次の試合も、絶対レギュラーとるから、期待してて!
お母さん、体に気をつけて、これからもよろしくお願いします。

文例3
面と向かっては、よう言わんから、手紙を書きました。
お母さん、ありがとう。
お母さんには、いっぱいありがとうを言わなあかんな。
毎日旨い飯作ってくれて、ありがとう。
毎日洗濯してくれてありがとう。
毎日掃除してくれてありがとう。
毎日オレの弁当作ってくれてありがとう。
毎日いってらっしゃい言ってくれてありがとう。
毎日毎日、ありがとうばっかりや。
時々おしゃべりで、うっとおしい時もあるけど、あのマシンガントークも、よう、それだけしゃべることあるなぁって、尊敬できます。
最後に、オレのこと産んでくれて、大事に育ててくれて、ほんまにありがとう。
これからも、ずっとよろしく。
ずっーと、元気でおってな。
 
 

中高生の娘からのメッセージ文例

 

文例1
お母さん、いつもありがとう。
家族のみんながくつろいでいる時も、お母さんはいつも忙しそうに用事をしてくれていて、気付いたらまた違う用事してたり、とにかくずっと忙しくしてるね。
でも、いつの間にか一緒に笑ってて、お母さんは本当にすごいね。
いつか、わたしもお母さんみたいになれるかな?
私が働いて、お給料もらえるようになったら、いつか一緒に旅行して、ゆっくりさせてあげるからね。
毎日大変だけど、体に気をつけて、ずっと元気でいてね。

文例2
お母さん、いつも私達のために、いろいろ家事をしてくれて、ありがとう。
すぐ偉そうな言い方して、お母さんを怒らせて、ごめんね。
今度からは、もう少し気をつけます。
この間、友達のお母さんが病気で入院したと聞きました。
何だかすごく怖くなりました。
たまには私も手伝うから、お母さんはずっと元気でいてね。
お母さん、大好きだよ。

文例3
お母さん、毎日家族のためにいろいろ忙しくしてくれて、ありがとう。
この間、教えてもらったグラタン、美味しかったね。
もっともっと、いろいろ教えてもらったら、たまにはお母さんの代りに私がお料理担当してあげるね!
たまには、お母さんのお休みも作らないとね。
私も、お母さんみたいになりたいです。
ずっと元気で、キレイなお母さんでいてね。
 
 

まとめ


お母さんにとって、家族から自分の頑張りを認めてもらったり、自分のことを必要としてもらうことは、本当にかけがえのない心の充電になります。

そもそもお母さんは、誰かに褒めてもらおうと思って、家族のお世話をしているわけではありません。

でも、誰もお母さんの頑張りに見向きもしなかったら、お母さんはお金で雇った家政婦さんみたいですよね。

だからこそ、年に1度の母の日くらい、家族でお母さんに思いっきり感謝して、その感謝を伝えましょう

手紙なら、いつでも読み返すことが出来ます。

きっと、お母さんも大切にしてくれることでしょう。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

母の日には母に手紙を送ろう!大学生の息子・娘からのメッセージ文例集!

  大学生の皆さん、5月の第2日曜日は、母の日ですよ! 母の日が近づくと、

記事を読む

母の日には母に手紙を送ろう!社会人の息子・娘からのメッセージ文例集!

  5月の第2日曜日は、母の日です。 何かプレゼントを…と思われている方も

記事を読む

母の日にはママに手紙を送ろう!小学生の息子・娘からのメッセージ文例集!

  5月の第2日曜日は、母の日です。 さあ、ママに何をプレゼントしますか?

記事を読む

PAGE TOP ↑