*

母の日には母に手紙を送ろう!社会人の息子・娘からのメッセージ文例集!

 

5月の第2日曜日は、母の日です。

何かプレゼントを…と思われている方も、多いのではないでしょうか?

でも、母というのは、物を大事にする生き物で、案外何でも持ってるんですよね。

そして、物に対してこだわりもあったりして、最新の物だと、タンスの肥やしになってしまいがちです。

そんな時、あえて手紙というのはどうでしょうか。

プレゼントは、お母さんの大好きなスイーツとか、花とか、さほど高級でなくても、手紙というスペシャルプレゼント付きなら十分です。

実は手紙というのは、色んなところで実施されている、母が貰いたい物ランキングにおいても、常に上位にランクインされているんです。

そこで今回は、社会人の息子・娘から、母への手紙の書き方について、ご紹介します。
 

スポンサードリンク

母の日の母への手紙の書き方(社会人編)


 
まずは、素敵な曲を聞いて、素直な気持ちになりましょう!

手紙というと、自分のいない所で読んでもらうわけですから、とにかく素直に、正直に、普段は決して言わないことを伝える覚悟を持ちましょう。

文章の構成は、簡単です。

①母への感謝の言葉で、冒頭文とする
②思い出からの感謝
③自分自身の成長や近況報告
④母への気遣いや甘えの気持ちを表現し、結びとする


以上の4つの順番で書けてしまいます。

②では、
幼い頃に病気がちだった、
大きな怪我をした、
やんちゃで迷惑をかけた、
登校拒否になった
などのエピソードがあればあるほど、書きやすいでしょう。

③では、
出世した、
仕事を任されている、
部下ができた、
資格をとったなど、
自立して頑張る姿もアピールし、自慢の息子・娘に育っていることを報告。

息子・娘、それぞれの立場からの文例も載せていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
 
 

社会人の息子からのメッセージ文例

 

文例1
お母さん、いつもありがとう。
ちょっと照れくさいけど、母の日なので、手紙を書いてみました。
(オレのいない時に読んでくれると助かる!)
お母さん、オレももう、25歳になりました。
小さい時は人見知りが激しくて、なかなか思っていることが、周りに伝えられず、いつもグズグズ…
何するのも友達よりずっと遅くて、お母さんもイライラしてたでしょうね。
なのに、お母さんはいつでも、「この子は、何でもよく考えてからでないと実行に移せませんが、いざやったら何でも出来ちゃう子なんです!」って先生に言ってくれたよね。
ちょっと、ハードル上がってキツイ時も正直あったけど、オレ、自分でも何でもやれるような気がしてきて、頑張れたんだ。
オレのこと、信じてくれて、ありがとう。
今では、そんなオレにも部下ができて、これでも営業チームを任せてもらってます。
今年は、寒かったり、暑かったりが激しくて、気温がなかなか定まらないけど、風邪とかひかずに、元気でいてよね。
次の休みは、オレのおごりで、飯食いに行こう!
以上。これからも、よろしくね。

 
文例2
お母さん、いつも気にかけてくれて、ありがとう。
オレも、こっちに引越してきて、ようやく落ち着きました。
仕事はまだまだ慣れないけど、今は先輩について、とにかく早く戦力になれるよう、頑張ってるよ。
実家にいた時は、当たり前だったけど、お母さんがいて、ご飯も着る服も全部準備されていたのが、懐かしいよ。
お母さん、本当にありがとう。
今更ながら、身にしみて感謝してます。
次、帰ったら、絶対に鯖の味噌煮込み作ってくれな。
あの味だけは、どこ行ってもないわ。お母さんの作るのが、最高!
しばらくは帰れないけど、また良かったら、こっちに遊びに来てよ。
夜、美味しい店でも予約して、ごちそうするから。
じゃ、体に気をつけて。
また、連絡します。
 
 

社会人の娘からのメッセージ文例

 
文例1
お母さん、今日は母の日だね。いつもありがとう!
今年は、私も社会人になったので、あえて感謝の手紙を贈りたいと思い立ちました。
私は、小さい頃から頑固で、強情で、素直じゃなくて、ちょっと嘘つきで。
お母さんは、きっと心配してたと思います。
中学生の時、そんな性格が災いして、友達とトラブってしまったことがあったよね。
ホントは私が悪かったのに、素直に謝れなくて。
お母さん、友達のお母さんに、「本当は、悪いことしたって、反省してるんです。」って、何度も何度も頭下げてくれたの、今でもはっきり覚えています。
私、あれから決めたよ。
当たり前のことだけど、自分が悪い時は、素直に謝る。嘘はつかないって。
お母さん、ありがとう。
今では、周りの友達からも信頼してもらって、相談とかされたりもしてるんだよ。
お母さん、ずっと元気でいて下さい。
いつか、私もお母さんみたいな、素敵なお母さんになりたいです。


文例2
お母さん、元気にしてますか?
この間送ってくれたお漬物、美味しかったよ。
いつもありがとう。
母の日なので、手紙を書きました。
実家を離れて、3年が経ちました。
お父さんは、こちらでの就職に反対してたのに、結局お母さんが説得してくれたお陰で、今、こうして好きな仕事をしていられます。
遠く離れてはいるけど、私は元気で毎日頑張ってるよ。
この間から、お給料が少し上がったんだよ!
記念に、こちらの名物をいろいろ送りました。
気に入ったのがあったら、またいつでもリクエストして(笑)!
お母さん、ずっと応援してくれてありがとう。
これから必ず、恩返しするから、ずっと元気でいてね。
 
 

まとめ

 

不思議なものですが、お母さんというのは、立派に成長して、自立した子供が自慢なのに、甘えても欲しくて。

大人になっても、子供は子供…ということなんでしょうね。

そしてまた、子供は親孝行したくても、親は全くそんなこと期待もせずに、いつまでも気にかけてくれる…それが親なんでしょうね。

でも、親も人間。

時に、子供からの手紙で、今までの苦労は無駄じゃなかった。

私の子育ては、間違ってなかった。

だって、こんなに素晴らしい大人に成長してくれているんだから。

そんな風に思える手紙を読むことで、心から喜んでもらえるのではないでしょうか。

今年はぜひ、お母さんをホロリと嬉し涙で泣かせてみませんか?
 
 

スポンサードリンク




関連記事

母の日には母に手紙を送ろう!大学生の息子・娘からのメッセージ文例集!

  大学生の皆さん、5月の第2日曜日は、母の日ですよ! 母の日が近づくと、

記事を読む

母の日にはママに手紙を送ろう!小学生の息子・娘からのメッセージ文例集!

  5月の第2日曜日は、母の日です。 さあ、ママに何をプレゼントしますか?

記事を読む

母の日には母に手紙を送ろう!中高生の息子・娘からのメッセ−ジ文例集!

  今年の母の日は、お母さんに何を贈りますか? プレゼントといっても、お母さん

記事を読む

PAGE TOP ↑