*

「涙活」(るいかつ)で心のデトックス!週末号泣で脳と心をリフレッシュ!

 
そういえば、最近泣くことなんかないなあ…

そんなあなたは、心が詰まってしまっているかもしれません。

「涙活」という活動をご存じですか?

「涙活」(るいかつ)で心のデトックス!週末号泣で脳と心をリフレッシュ!1

スポンサードリンク

涙活とは

「1ヶ月に2~3分でも『能動的に』涙を流し、心の中に溜まった澱を吐き出す」のが「涙活」です。

離婚式プランナーの寺井広樹氏が提唱し、月に1~2回、活動をおこなっています。

映画や音楽、絵本、誌の朗読などを通して、自分と直接関係のない事に共感し感動して流す涙によって、心のデトックスがはかれるというものです。


【涙活】お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい




涙活の効能

現代人は常に緊張しており、交感神経が優位な状態を強いられています。
そこで、副交感神経を優位にさせてリラックスすることが必要です。
能動的に涙を流すことで全身の力が抜け、精神も安定するのです。

ですから、あくびで出る涙や玉ねぎを切って出る涙は「涙活」にはなりません。
心が動かされて出る涙でなくては、心身は解放されないのです。

自身のつらいことや悩み、悲しみで泣くことも、ストレス発散にはなっています。

ですが、本当にストレスから解放されるためには、脳の活動性を調節する「共感脳」と呼ばれる前頭前野部分を刺激することが必要です。

映画やドラマなど、自分と違う世界の人物に共感して涙を流すことで、共感脳が刺激されるのです。


週末号泣でリフレッシュする方法

ドラマでもドキュメンタリーでも映画でも、小説でもかまいません。
YouTubeにはほんの数分なのにじーんと来るような映像がたくさんあります。

①YouTubeで涙活する
これは、涙活映像を集めたページです。琴線に触れる映像はありますか?

https://www.youtube.com/user/ruikatsu

タイのCMはじーんとするものがたくさんあります。








②テレビのドキュメンタリーで涙活する
  • 松岡修造氏の「修造チャレンジ」
  • 「天才!志村どうぶつ園」
子供や動物を題材にしたものは、頭では「あざとい」「やらせでは?」と思っていても、いつの間にか引き込まれて感動の涙が出るものです。

動物と話せる女性ハイジ」には以前からやらせ疑惑が出ていますが、2006年から続くシリーズということですから、感動している人が多い証拠でしょう。

③テレビドラマで涙活する
  • 「下町ロケット」
  • 「結婚式の前日」
  • 「コウノドリ」
不調と言われ続けたテレビドラマですが、最近のドラマは粒ぞろい。
多くの人が「涙活」しています。

「涙活」(るいかつ)で心のデトックス!週末号泣で脳と心をリフレッシュ!2

④映画で涙活する
  • 「最強のふたり」
  • 「グラン・トリノ」
  • 「ボーイズ・ドント・クライ」
  • 「幸せの黄色いハンカチ」
  • 「猟奇的な彼女」
韓国映画はこれでもか、というくらい感動シーンを作ることに長けています。
日本女性のみならず、男性もとりこにさせているようですよ。
感動は人によって違います。


あなただけの週末号泣「涙活」をして下さいね。

今週末にでも…。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

布団・ベッドでの「痒み」の原因「ダニ」の徹底駆除方法!

    なんか痒い…と気づいた時には手遅れ、ダニに数か所食われていたって

記事を読む

電子マネーの種類と比較・生活パターンに合った選び方!

  電子マネーといえば、あのビットコインもその一種。 現金でやりとりする煩

記事を読む

共働き夫婦三世代同居の実際! 子育て・介護・補助金・節税メリットは?

結婚して、出産後も働き続ける女性が増えました。   政府も、「一億総活躍社会」を掲

記事を読む

ゴキブリを寄せ付けないための「水回り実践掃除術」!

昔は夏にしかいなかったゴキブリですが、最近はそれ以外の季節でも出て来るようになりました。

記事を読む

年賀状をメールやSNSに切り替えるために今から取組むべきことは?

      年賀状って、何ともやっかいですよね。 出すのは

記事を読む

共稼ぎ夫婦の家事分担! 離婚騒動を回避するための協力体制とは?

  生活するのって、本当にお金がかかりますよね。 私の周りにも、子供が幼稚園く

記事を読む

写真写りアップのコツとスマホの機能活用で、自撮りが200%綺麗に!

      自撮りって、慣れている人はすごくきれいに写るけれ

記事を読む

冬の乾かない洗濯物を快速乾燥!秘密のテクニック16選

  冬の洗濯ってうんざりしませんか? 洗濯物の量は増えるのに、朝から干して

記事を読む

冷蔵庫買換え!古い冷蔵庫は電気代高い?買換えの節電メリットは?

    一般家庭で最もフル回転している家電が冷蔵庫です。 365日、2

記事を読む

共働き、どちらかの両親との近居事情! 嫁姑問題回避と子育て両立は可能?

最近は、元気なお年寄りが増えました。   昭和世代の人間にとって、今の60代の方々

記事を読む

PAGE TOP ↑