*

憧れの北海道ロングスティ2017! 長期滞在人気NO.1、釧路の魅力と家賃相場は?

 
誰しも、普段の生活から解き放たれて、避暑地で優雅にロングスティ…なんて生活を夢見たことがあるのではないでしょうか?

それが、北海道などというように、旅行でも人気のゆったりとした土地ならば、なお理想に近いのではないでしょうか?

そんな理想や夢を叶えてもらうべく、北海道の釧路にはくしろ長期滞在ビジネス研究会という団体が立ち上げられました。

今回は、憧れの北海道ロングステイを実現する、釧路の魅力をご紹介したいと思います。
 

スポンサードリンク

北海道ロングスティについて

 
北海道は、同じ日本とはいえ、やはり気候や環境が違い、文化にも独特なものがあって、旅先として、憧れの地の1つであることは間違いありません。

グルメは、新鮮な魚介類や乳製品にお野菜…何を食べても美味しく、季節によってスキーやカヌー、ハイキングなどなど…、楽しめるレジャーも異なり、何度旅行で行っても、もっともっといたいと思うものです。

それならいっそ、長期滞在を計画してみてはどうでしょう。

ツアーで行く3泊程度の旅では味わいきれない素晴らしい体験ができるのではないでしょうか?

働き盛りの世代なら、なかなか難しいのかもしれませんが、終の棲家を探す旅として、または二地域居住として、会社勤めを卒業された世代の方には、魅力的ではありませんか?

最近では、温暖化の影響で、関東・関西共に夏は異常に暑く、夏の暑い時期だけ、避暑に訪れるという人も、多いんだとか。

次にお伝えする北海道の東側、釧路市では、積極的に長期滞在者向けのサポートを行っています。
 
 

長期滞在先としての釧路の魅力とは?


 
釧路、今すぐにでも行ってみたいですね!

釧路では、釧路市役所が事務局となり、市内のホテル業者・不動産業者・タクシー会社・レンタカー会社・観光団体と連携し、平成21年6月30日に「くしろ長期滞在ビジネス研究会」という団体が設立されました。

この団体が主となり、年間を通して、滞在物件の紹介や地域を学ぶ講座の開催、長期滞在中の相談やサポートを積極的に行っています。

そのため、昨年では、300組459人の方が、延べ滞在日数15,288日におよぶ長期滞在を実現されています。

釧路の7月〜9月の気温は、最高気温の平均が21,4℃と、大阪や東京都とは10℃以上も涼しく、同じ北海道の札幌と比べても5℃程涼しいといわれていて、真夏でもクーラーいらずです。

秋も残暑がなく、冬の気になる雪も、降雪時期が比較的遅いという特徴があります。

晴天率も高く、長雨の心配の無い地域です。

春はスギ・ヒノキが生育していないため、花粉症の方には天国のような、花粉ゼロの地域なのです。

釧路港や釧路空港は、東北海道の物流の拠点ですので、美味しい食べ物もたくさん集まります。

都会では万札が飛んでいきそうな、新鮮で大きなお刺身なども、格安でいただけます。

釧路湿原国立公園や阿寒国立公園を有し、特別天然記念物であるタンチョウや、阿寒湖のマリモも有名です。温泉だって多数あります。

別名「日本のロンドン」と言われ、濃霧で幻想的な街並みになることでも有名です。

世界三大夕日の街とも言われ、素晴らしい夕日が楽しめる街でもあります。

こんないろんな訪れる場所、見たいもの、食べたい物がある釧路では、長期滞在者や移住者用に、くしろステイメンバーズカードというカードを発行し、市内の一部施設(プールや博物館、美術館など)の入場料を釧路市民と同条件で利用できるなどのサービスも開始されました。
 
 

釧路での住居と家賃相場について

 
釧路市では、移住や長期滞在を考えている人向けに、マンションなどの空き室の改修費用を
補助して、物件を確保しています。

そういった物件は、テレビ・冷蔵庫・掃除機などの、生活必需品は備え付けなので、東京・羽田空港から、1時間半。旅行準備程度の荷物で来ても、いきなり生活が始められます。

家賃の相場は、以下の通りです。
 
マンスリー1DK物件 約7〜14万円/月
マンスリー2DK物件 約11〜16万/月
ホテル(シングル) 約10〜17万/月
ホテル(ツイン)  約19〜42万円/月

滞在中、困ったことや相談事が生じても、きちんとくしろ長期滞在ビジネス研究会がサポートしてくれますし、滞在中に参加出来る様々な交流会も企画されていて、きっと満足の行くロングステイになるはずです。
 
 

まとめ

 
いかがでしょうか、長期滞在という旅の形

一度体験された方の中には、その快適さと魅力に取り憑かれ、毎年訪れるという方も多いそうです。

ロングステイならではなのですが、釧路の現地の人と、滞在中仲良くなって、お互いにまた会いたいという関係が築けたという人も。

釧路の土地が気に入ってしまったなら、何度か長期滞在をして、確かめて、移住というパターンもありですよね。

今年の夏は、一度釧路でロングステイの旅に、出かけてみませんか?
 
 

スポンサードリンク




関連記事

地方移住で農業の実際2017! 地域おこし協力隊と就業給付金で10年間補助?

  大学を卒業して、企業に就職し、なんとなく今日まで来たけれど、自分は本当にこのまま

記事を読む

地域プロジェクト・インターンの実際! NPO+農村活動+国際ボランティア=?

  就職活動が始まると、インターン(インターンシップ)とい言葉を、よく耳にするように

記事を読む

PAGE TOP ↑