*

ぼらいやー(国際ボランティア1年間)4種コースと魅力・手続き・費用は?

 
近年、日本のみならず、海外のいたるところで国際ボランティア活動をされている人達の活躍を耳にします。

そういった国際ボランティア活動をされている人の中には、いろんな経験や価値観を持つ人がいて、共に仲間として働くことで、自分自身を見つめ直すきっかけになったり、その後も影響し合える友となったりすると言います。

今回ご紹介するのは、ただ海外に憧れを抱き、バックパーカーで旅をするのではなく、1年間をかけて、世界各地(日本含む)で国際ボランティアや海外インターンに参加しながら、世界を旅するというぼらいやーというプログラムです。
 

スポンサードリンク

ぼらいやーとは?

ぼらいやーというのは、NICE(ナイス)という特定非営利活動法人(日本国際ワークキャンプセンター)が主催する、国際ボランティア1年間プログラムです。

NICEは、1990年に海外ワークキャンプ経験者7名で設立されたNGOで、日本や海外でボランティア活動を主催し、海外のボランティア活動に多くの日本人を派遣しています。

日本で唯一(国際NGOの日本支部を除く)、国連・CCIVに加盟し(現;財務理事)、世界トップクラスのネットワークを持っています。

このNICEの経験豊富なスタッフが、それぞれの人のイメージする1年間に最も近い計画を作る手伝いをしてくれて、そのため一人ひとり違ったオーダーメイドプランで1年間を過ごせるという企画が、ぼらいやーです。

実際には、プラン作りを行った1年間のみならず、事前・事後の充実した研修もあり、先輩や仲間との絆作りも出来るので、実際は一人旅でありながら、ワークキャンプでの新たな出会いも含め、人との出会いの素晴らしさを、多いに経験できる魅力的な企画です。

また、この1年間を通して、みなさんそれぞれ何かを掴み、素晴らしく成長されている印象が強く感じられます。
 

 
実際にぼらいやーに参加した方の体験談です。
 
 

4種類のコースと魅力

 
そんな魅力満載のぼらいやーですが、魅力を放つのは、やはりそれぞれの参加者のプランが、それぞれの人ごとの希望に限りなく近いからではないかと思います。

ぼらいやーでは、4種類のコースが準備されていて、参加者はその中から選択することになっています。

①旅ボラコース
世界中を旅したいならコレ!
旅のルートを最優先し、旅の途中でタイミングの合ったボランティアに参加していくコース。

②留ボラコース
語学力を上げることが最大の目標の方はコレ!

③専門コース
分野又は国・地域に特化して、世界各地のボランティアに参加したいという方はコレ!

④よくボラコース
旅より国際ボランティア参加を重視したいという方はコレ!
 
 

ぼらいやーの手続きと費用

 
【登録について】

ぼらいやーに興味をもったら、まずはオフイスに問い合わせるか、説明会へオンラインより登録して、参加してみましょう。

TEL  03−3358−7140
Email LM−in@nicel.gr.jp(担当 井口さん)
そして、内容に納得して、いよいよ登録。

①ぼらいやーへ登録
②オリジナルコース作り(参加するプログラム決め)
③航空券や持ち物などの準備
④現地申し込み&入金(現地へはNICEが手続きしてくれます。)
⑤1年分全ての活動開催地、受け入れ団体から、受入通知が届く

【費用について】

ぼらいやーの費用は、正直な所、個人のオリジナルプランによって、大きく違うので、一様には言えないようですが、全体の平均総費用は、130万円くらいとなっています。

国内やアジアのみに特化したプランの方なら、30万円台で抑えられた方もおられるそうですが、逆に宿泊先のグレードを上げた方で、200万円を超えたという方も!

費用についても、自分の予算にできるだけ合うようにプランニングしたいですね。
基本的な費用は、以下の通り。

①ぼらいやー登録費用…9万円(銀行振込/カード払い)
※研修費の参加費用、研修交通費、宿泊費、年会費1年分などは別。

②登録後に払う費用
ボランティア特別会費(ぼらいやー参加者は1割引。)
※事業リーダーに挑戦する方は、特別会費免除、交通費補助を受けられる場合も。

短期ボランティア(国内)
初参加 21,600円
90日以内連続参加 17,100円
再参加 20,700円

短期ボランティア(海外) 
初参加 30,600円
90日以内連続参加 17,100円
再参加 23,400円

中長期ボランティア 
連続参加17,100円+活動コーディネート費13,500円×月

③個人的費用
渡航費・旅行保険・予防接種・パスポート・ビザ取得費・交通費・自由旅行費など
 
 

まとめ

 
NICEは、世界トップクラスのネットワークを誇っており、年間3000以上の国際ボランティアプロジェクトがあるので、ぼらいやーに参加すれば、他では経験できない活動が選べます。

長年、NICEのワークキャンプを受け入れてくださっている共済団体の方が、NICEに授けられた言葉に、「人生の80分の1の有効な寄り道」というのがあるそうです。

たった1年、されど1年。

本当に共感できるメッセージですね!

『「いつかじゃなくて、いま」やりたい事を実現できる1年に』したいですね。

※NICEの紹介文より引用
 
 

スポンサードリンク




関連記事

ヨーロッパのロングステイお勧め地域と物価水準比較2017年版!

  海外移住やロングステイというとまず東南アジアが主流ですが、実はヨーロッパにも物価

記事を読む

国内の国際ボランティア! プログラムの種類と魅力・スケジュール・費用は?

  ボランティアで、何か自分にも出来ることがないだろうか?という思いを持っている方は

記事を読む

ヨーロッパ ロングステイの超穴場「ハンガリー」10の魅力!

  ヨーロッパに住みたいと憧れる方は多いと思いますが、東欧を思い浮かべる方はあまりい

記事を読む

東南アジアの永住・ロングステイ人気国の物価水準比較2017年版!

  将来海外永住やロングステイを検討されている方々は、物価水準の面から東南アジアの国

記事を読む

フィリピン永住権(クオータビザ)取得体験記! 手続・費用など全公開!

永住権を取得して南国のリゾート地に移住なんて憧れるけど、ハードルが高くて自分には無理と最初か

記事を読む

ピースボート99万円で行ける世界一周! 20代までに行くべき理由2017!

世界一周の旅というと、私のイメージでは、どこかのお金持ちのバカンスか、相当の強運の持ち主が、何ら

記事を読む

国際ワークキャンプ(合宿型ボランティア)活動内容と魅力・期間・費用は?

  この地球上では、人が生きていく上で、様々な問題が起きています。 自然災

記事を読む

海外トイレの謎 手動ウォシュレット・ビデ・ハンドシャワーの使い方全公開!

  海外に行く時は胸が躍りますが、同時に不安や疑問も色々出てきますよね。 &nbs

記事を読む

アジア移住ビザの双璧 フィリピン クオータビザVSマレーシアMM2H徹底比較!

  最近海外移住に興味をお持ちの方が増えてきているように感じます。 でも具体的に移

記事を読む

海外駐在員が語る 海外渡航を安く快適にするクレジットカード活用術とは?

  私は海外駐在員で、日本を含め色々な国に頻繁に渡航しています。 でも、もともとは

記事を読む

PAGE TOP ↑