*

地域プロジェクト・インターンの実際! NPO+農村活動+国際ボランティア=?

 
就職活動が始まると、インターン(インターンシップ)とい言葉を、よく耳にするようになりました。

インターンにも色々あって、大企業が学生向けに行う1DAYインターンから、プロジェクト型の短期インターン、長期実践型のインターン…と自分に合った業種、職種を探す学生にも、即戦力が欲しい企業側にも、メリットがあります。

しかし、この従来のインターンを超えることを目指し、世界で求められるホンモノになるために過ごすインターンというものがあります。

今回は、NICEが企画する地域プロジェクト・インターンについて、ご紹介します。
 
 

地域プロジェクト・インターンとは?


 
地域は違うのですが、取組みの雰囲気が伝わるかと思います。

現在の日本には、至る所に人材不足や、過疎などの問題があります。

NICEやその他のNPOは、そういった地域にボランティアのプロジェクトを立ち上げ、問題解決のために、日々邁進しています。

そんな中、現在よく都市部でも取り入れられている、インターンの仕組みを、地域活性などのプロジェクトとして、活用しているのが、この地域プロジェクト・インターンです。

この地域プロジェクト・インターンで目指す成果は、

①受け入れ地域や団体の取組みに対して、意欲とエネルギーに溢れる若者を、一定期間投入することで、一層パワーアップさせること。

②活動する若者が、現場の最前線で、地域やプロの方々と接しながら、自身の経験により能力を伸ばし、活動後も受け入れ団体や開催地で働いて、つながりを持ち続けたり、社会の各分野の担い手として成長すること。

③国際ワークキャンプや中長期ボランティア等の国際ボランティア活動の質・成果を高め、各地から世界中への参加も推進しながら、地域を超えた連携に発展することです。
 
 

具体的な活動内容と活動期間

 
具体的には、下記の受け入れ地域の農村によって、若干異なりますが、ボランティア活動を主体に、NPO団体の業務(オフィス事務・イベント補佐なども、臨機応変に対応。)や、ワークキャンプや中長期ワークキャンプの開催地にあっては、キャンプリーダーを務めたり、この中長期ボランティアに参加している、主に外国人の活動や生活のサポート、月1程度で、都会でのPR活動、月1程度で、週末ワークキャンプや合宿の企画・運営を行ったりします。
 
受け入れ地域
福島県鮫川村
福島県いわき市
三重県名張市
徳島県徳島市
福岡県八女市
熊本県水俣市
 
このいづれかの地域で、6ヶ月間(もしくは3ヶ月や1年)、精一杯がんばっていきます。

国際ワークキャンプ・中長期ボランティアなどの経験者は、選考にあたって優遇されます。

しかし、18歳以上で、ルールが守れ、責任感や協調性、カタコトの英語が使えたら、選考に誰でも応募出来るのです。
 
 

手続き・費用・支援金

 
手続きは、とっても簡単です。

インターネット上から、参加申込書をダウンロードし、記入したものを、メール・郵送・持参します。

書類による1次選考→面接→合格したら、事前研修を経て、活動を開始します。

終了後にも、事後研修が設けられ、学んだことを、今後どう活かしていくのかを検討します。

活動期間中の食事や宿泊は、受け入れ団体持ちで、活動にあたり、活動支援費が2ヶ月目から支給されます。

金額は、受け入れ地域によりことなりますが、おおむね1〜6万円となっています。

地域プロジェクト・インターン参加者は、登録費として45,000円(NICEの年会費含む)
 
 

まとめ

 
単なる企業でのインターンで、会社の業務を知ったりするのとは違い、自分がこの地域の人達と共に、この農村の明るい未来を切り開いていくんだという強い意思を活かせられるプロジェクトであることも、魅力ですね。

あなたの企画力やリーダーシップにより、一つの農村のあり方が変わるかも知れませんね。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

地方移住で農業の実際2017! 地域おこし協力隊と就業給付金で10年間補助?

  大学を卒業して、企業に就職し、なんとなく今日まで来たけれど、自分は本当にこのまま

記事を読む

憧れの北海道ロングスティ2017! 長期滞在人気NO.1、釧路の魅力と家賃相場は?

  誰しも、普段の生活から解き放たれて、避暑地で優雅にロングスティ…なんて生活を夢見

記事を読む

PAGE TOP ↑