*

父の日にはパパに手紙を送ろう!小学生の息子・娘からのメッセージ文例集!

 
世の小学生を子育て中のママ!6月の第3日曜日は、父の日ですよ!

父の日は、母の日より世間的にはお祝いの実施率が低いといいます。

特に小学生くらいのお子さんは、いつも身近にお世話をしてくれるママへは、自然と「いてくれなきゃ困る=感謝」の感情がわきやすいかと思うのですが、パパはこの年代、働き盛り。

毎日忙しくて、休日も返上又は、休日はゴロゴロという方も多く、なかなかゆっくりと子供との時間をとるのが難しい方も多いのではないでしょうか。

中にはママだって、うれしそうに「今日はパパが晩御飯いらないの。」なんて、うっかり子供の前で言ってしまってたりして。

これでは、子供だって、自然と感謝するという心境には至りません。

だからこそ、年に1度の父の日ぐらいは、パパへの感謝の気持ちを持つべきこと、持つべき理由を、ママがきちんと教えてあげないとと思うわけです。

そこで今回は、小学生の子供からパパへ、感謝の気持ちが伝わる手紙の書き方について、ご紹介していきます。
 

スポンサードリンク

父の日のパパへのお手紙の書き方(小学生編)


 
あなたのお父さんは、どんなお父さんですか?

と、言われても…難しいんですよね。

ママへの手紙なら、あんなにスラスラ書けるのに。

でも大丈夫!

以下の3点をおさえれば、案外簡単に書けてしまうものなんですよ。

①何に感謝しているのかを明確にする。
②パパとのエピソードから、その時の気持ちを伝える。
③パパを気遣う。

②では、パパから教わったことや、パパがとった行動、パパの日頃の習慣などから、そのことを子供がどう感じているのかを、少し大げさでもいいので表現します。

③では、パパの健康など、気にしてるんだよというところをアピールします。

以上を踏まえて、文例をご用意しましたので、参考になれば幸いです。
 
 

小学生の息子からのメッセージ文例

 

【文例1】
パパ、いつもぼくたちのために、一生懸命お仕事してくれて、ありがとう。
この間、パパが教えてくれた紙飛行機、学校で飛ばしたら、みんなが「すごい、すごい」って、ほめてくれたんだよ。
ぼく、すごくうれしかったから、みんなにも教えてあげたんだ。
また、他にも色々教えてね!
お酒飲みすぎないで、ずっと元気でいてね。


【文例2】
お父さん、いつもお仕事してくれて、ありがとう!
この前、パパと行った潮干狩り、楽しかったよ。
お父さんには、貝のいるところがわかるの?すごいね!
また来年も一緒に行こうね。
毎日遅くまで仕事だけど、体に気をつけてね。


【文例3】
パパ、毎日仕事してくれて、ありがとう!
オレは、パパと公園でやるキャッチボールが大好きです。
オレも中学生になったら、パパみたいに野球部に入ろうかな。
そしたら、試合見に来てくれる?
パパ、明日からもまた、体に気をつけて、仕事頑張ってね。


【文例4】
パパ、いつも家族のために、がんばってお仕事してくれて、ありがとう!
ぼくは、パパが大好きです。
去年、パパが出張で1ヶ月もいなかった時、本当はとても寂しかったんだよ。
パパが、「男の子だから、家とママをしっかり守ってくれよ」って言ったから、頑張ったんだよ。
ぼくも、大きくなったら、パパみたいに立派な人になりたいです。
ずっと元気でいてね、パパ!
 
 

小学生の娘からのメッセージ文例

 

【文例1】
お父さん、毎日お仕事してくれて、ありがとう!
私は、お父さんがたまに作ってくれる、うどんが大好き!
お父さんが作るうどんだけは、お母さんが作ってくれるうどんより、なぜかおいしいです。
一人暮らししていた時に、考え出したって聞いて、すごいびっくりしたよ。
一人だけで思いつくなんて、すごい!
私も大きくなったら、すごくおいしいお料理作って、お父さんにごちそうするね。
最近、お腹が出てきてるって言ってたけど、おデブにならないように、ずっとかっこいいお父さんでいてね。


【文例2】
パパ、いつもありがとう。
いつもお友達に、「○○ちゃんのパパ、イケメンだね!」って言われるよ。
パパは、○○の自慢のパパです。
○○は大きくなったら、パパみたいな人と結婚できるかな?
パパ、ずっと大好きだよ!


【文例3】
パパ、いつも家族のために頑張ってくれて、ありがとう!
いつもは、言い返したり、嫌なことばかり言ってしまって、ごめんなさい。
言っちゃいけないって思うのに、つい言ってしまうので、父の日だから、お手紙であやまります、ごめんなさい。
パパは、いつも優しくて、何でも知ってて、本当はとっても尊敬しています。
これからも、わがままなこと言ってしまうかもしれないけど、私のこと嫌いにならないでね。
パパ、大好きです。


【文例4】
パパ、今日は父の日なので、お手紙を書きます。
いつも、私達のために、お仕事がんばってくれて、ありがとう。
パパは、いつも急に面白いことを言うから、この間は、もう少しでお茶をふきだしてしまいそうだったよ。
よそのお父さんは、おやじギャグとか言って、ちっとも面白くないけど、パパはお笑い芸人より面白いよね!
この間、ママがパパの健康診断のことで、心配してたよ。
私も心配しているから、早く病院へ行ってね。
ずっと元気で、楽しいパパでいてね。
 
 

まとめ

 
パパは、毎日社会に揉まれ、ストレスにも耐えて、仕事を頑張っています。

何のため?

「そりゃあ、私達家族のためよ。私達が幸せであるために、毎日がんばってくれているの。」そんなこと、ママが教えてあげないと、小学生の子供にはわかりません。

子供の成長には、色んな大切なことがあると思いますが、家族一人ひとりの頑張りを、お互いに認めあって、そしてお互いに尊敬しあって、その気持ちを、きちんと言葉にして伝え合う。

そんなことも、教えるべき大切なことではないでしょうか。

父の日に、日々頑張るパパへ、きちんとありがとうの気持ちを伝えられる子供に育てたいですね。
 
 

スポンサードリンク




関連記事

父の日には父に手紙を送ろう!大学生の息子・娘からのメッセージ文例集!

  大学生と言えば、もう二十歳も過ぎて大人として扱われる年齢の人もいるでしょう。

記事を読む

父の日には父に手紙を送ろう!中高生の息子・娘からのメッセージ文例集!

  中高生と言えば、まさに反抗期真っ只中。 自分でも何故かわからないけど、親の

記事を読む

父に日には父に手紙を送ろう!社会人の息子・娘からのメッセージ文例!

  あなたが社会人になり、今年は何年目でしょうか? 初めての年の方、すでにもう

記事を読む

PAGE TOP ↑