*

父の日には父に手紙を送ろう!中高生の息子・娘からのメッセージ文例集!

 
中高生と言えば、まさに反抗期真っ只中。

自分でも何故かわからないけど、親の言うことを、素直に受け入れることが出来ないし、まず第一にまともに会話にならない。

だけど、本当はわかってるんですよね。

親がいてくれてこその、この生活。

そして親がいてくれるからこそ、毎日この家に帰って来てるってこと。

6月の第3日曜日は、父の日です。

普段はお母さんより遠い存在で、あまり会話もしないお父さんですが、そんなお父さんだからこそ、本当は感謝してること、尊敬してることなどを手紙に書いて伝えませんか?

そこで今回は、父の日に書く、お父さんへの手紙の書き方についてお伝えします。
 

スポンサードリンク

父の日の父へのお手紙の書き方(中高生編)


 
まずは、素敵な曲を聞いて、素直な気持ちになってみて下さい。

とは言え、照れくさいですよね。

ただ、私はいつでも絶対ってないと思っています。

明日はまた当たり前にやってくるとは限りません。

だからこそ、父の日を無駄にせず、普段言えない感謝の気持ちを伝えましょう。

恥ずかしかったら、そっと机に置いておいたり、郵便で出すのもいいでしょう。

恥ずかしい気持ち対策と、あとは素直な気持ちだけきちんと準備しておけば、あとは普段の言葉で書くだけです。

そして、文章の構成は、

①感謝の言葉を冒頭に
②エピソードからの感じたことや気持ちを伝える
③これからについてや、お父さんへの気遣い


という順番で書いていきます。

参考になればと、以下に文例を準備しましたので、よければご覧ください。
 
 

中高生の息子からのメッセージ文例

 

【文例1】
お父さん、いつもありがとう。
とりあえず、恥ずかしいから、この手紙はここだけの話しってことで。
今日は父の日ってことで、最近話してないから、手紙を書いてみた。

中学2年生になって、最近思ったことがある。
オレは、将来どんな仕事をしたいんだろうって。
正直特に何にもなれる気がしなくて、小さい頃になりたかったものも、どうせ無理って思ってしまってる。
でもお父さんは、一回別の所に就職してたのに、夢だった今の仕事に再チャレンジして、今もずっと一生懸命がんばってるって、お母さんから聞いた。
夢があることも、保険無しでその夢にチャレンジしたことも、すごいって思った。かっこいいって思った。

お父さん、オレもこれから、なりたい自分を探そうと思う。
それで、きっと見つけて、お父さんみたいにがんばろうと思う。
いつもは言えないけど、尊敬してます。
でも、体は大切にして。いつもありがとう。

 
【文例2】
おとう、いつもホントにごめん。
オレは、心を入れ替えようと思う。
もう、高校生にもなって、これじゃいかんわ、そう思った。

こないだ先生に呼び出された時、いつもはおかあが来るのに、おとうが来てびっくりした。
おとうは、何も言わず、おかあより何も言わず、ただ横にいてくれてたけど、帰り道で、一言「もう、やめとけ!」って言われて、オレの勝手で、迷惑かけてたこと、思い知った。

オレ、高校卒業したら働こうと思ってたけど、おとうが「大学行け」言ってくれたから、一度真剣に勉強してみようと思う。
どれだけ成績伸びるかはわからんけど、出来たら、大学で法律の勉強したい。
これからは、心配かけるようなことはせんって約束する。
おとう、いつも感謝してます。ありがとう。
これからも、よろしくお願いします。

 
【文例3】
お父さん、いつも家族のために頑張ってくれて、ありがとう!
今年は、僕も中学生になったから、父の日に感謝の手紙を書くことにしました。

お父さんは、僕が小さい頃から、キャッチボールやバッティング練習して遊んでくれたね。
僕は、それで野球が大好きになりました。
だから、野球部に入ったんだよ。
お父さんは、中高とレギュラーだったんだよね?
僕もいつかレギュラー取れるように、がんばるよ!

いつかレギュラーで試合に出られるようになったら、きっと試合見に来てね。
お父さん、毎日忙しそうだけど、体に気をつけて頑張ってね。
 
 

中高生の娘からのメッセージ文例


 
【文例1】
お父さん、いつもありがとう。
普段は、あまり意識してないけど、お父さんが働いてくれているおかげで、私たちは学校に行けたり、生活できたりしてるって考えると、お父さんって、すごいね。

私が小さい時は、休みの日にはいろいろ連れて行ってくれて遊んでくれたね。
出張も多いし、帰るのが遅い日もあるのに、休みの日も私の相手までしてくれてたんだね。

他の友達は、最近お父さんがウザいとか言います。
でも、私は今でもお父さん大好きだよ。
まだまだへなちょこだけど、いつか恩返しが出来るように、これからしっかりがんばります。
だから、まだもう少し甘えさせてね。
お父さん、体に気をつけて、お仕事がんばってね。


【文例2】
お父さん、いつもありがとう。

お父さんは、覚えてる?
私が小学校1年生の時に、5年生の男の子にいじめられて泣いて帰ってきたこと。
お父さん、次の日に登校班の後ろについてやってきて、いじめた子見つけたら、飛んで行って、「今度うちの子泣かせたら、絶対に許さんから、覚えとけよ!!」って、みんなの前で言ってくれたよね。
あれ以来、一度もいじめられることなんて無かったよ。
すごく、うれしかったし、かっこよかった。

ずっと守ってもらって、私は今年、高校卒業です。
その前に受験があるから、まだまだ心配かけると思うけど、しっかり頑張るから、応援してね。
毎日お仕事大変だと思うけど、これからも体に気をつけてがんばってね。


【文例3】
お父さん、いつもお仕事頑張ってくれて、ありがとう。
本当は、手紙なんて恥ずかしいからイヤだったんだけど、ちょっとわけあって、たまには素直に感謝の手紙を書こうかと思いました。

そのわけは、先月、友達のお父さんが亡くなりました。
まだ49歳だったのに。
普段はお父さんとも、あんまり話ししないんだけど、友達が言ってたんだ。
「最後に何にも言えなかった」って。
何だか、悲しくて、もしお父さんがそうなったらどうしようって、初めてそんなこと思いました。
(「勝手に殺すな!」って怒られるかな。)
でも、普段は言わないけど、お父さんが私達のために、頑張ってくれていることや、私のこと気付かつてくれていること、ちゃんとわかってるからね。

私、ちゃんと勉強して、お父さんみたいな立派な大人になります。
いつも本当にありがとう。
これからもよろしくお願いします。
 
 

まとめ

 
いかがですか?父の日の手紙は、書けそうでしょうか?

皆さんと同じ年齢の人の中にも、父の日に手紙を渡すお父さんがいないという人も多くいます。

そんな中、一瞬でも父の日にプレゼントとして手紙はどうだろう?と思ったのなら、書きましょうよ。

書いて渡せるお父さんがいるなら、きちんと感謝の気持ちを伝えましょうよ。

お父さんだって恥ずかしいから、案外手紙をもらった時の反応は、そっけないかもわかりませんが、本当は内心とても喜んでくれるはずですよ。

あなたの手紙を見て、これからもがんばってくれるに違いありません。

あなたの手紙は、お父さんの頑張りの原動力です
 
 

スポンサードリンク




関連記事

父の日にはパパに手紙を送ろう!小学生の息子・娘からのメッセージ文例集!

  世の小学生を子育て中のママ!6月の第3日曜日は、父の日ですよ! 父の日は、

記事を読む

父の日には父に手紙を送ろう!大学生の息子・娘からのメッセージ文例集!

  大学生と言えば、もう二十歳も過ぎて大人として扱われる年齢の人もいるでしょう。

記事を読む

父に日には父に手紙を送ろう!社会人の息子・娘からのメッセージ文例!

  あなたが社会人になり、今年は何年目でしょうか? 初めての年の方、すでにもう

記事を読む

PAGE TOP ↑