*

働く母の誕生日に手紙を送ろう! 社会人息子・娘からのメッセージ文例集!

 
社会に出て働き始めると、周りの人間と協力することの大切さや、クレーム対応などの煩わしさなど、利害関係のある人間関係を円滑に維持することの大変さなど、ストレスのかかることが多くなりますよね。

そんなとき、ふとお母さんどうしてるかな?
なんて思うことありませんか?

小さな頃からあなたを育ててくれたお母さんだって、働く母として、社会人の大先輩です。

働きながら、家事と育児を担ってきたお母さんは、なんてすごい人なんでしょう。

そこで今回は、働く母の誕生日に贈る、これまでの感謝を綴った手紙の書き方についてご紹介します。
 

スポンサードリンク

働く母へ誕生日メッセージの書き方(社会人編)


 

どんな時も無償の愛で包んでくれた母に、感謝したいですね。

手紙というのは、よく熟考し、伝えたい気持ちに一番合う言葉や表現を探して書くことができます。そういう意味で、面と向かって伝えるのとはまた違った良さがあります。

そして手紙には、いつでも何度でも読んでもらえる良さがあります。

素敵な手紙を書くには、まず自分自身が素直な気持ちになり、相手への深い感謝の気持ちを抱いた状態で書くのが良いですよ。

伝えたい内容が決まったら、文章は気取らず、以下の順番で書いてみてください。
 

①誕生日を祝う言葉
②働く母を気遣う言葉
③自分の近況報告など
④伝えたい内容
⑤結びの言葉



メッセージ文例も準備していますので、良ければ参考にしてみてくださいね。
 
 

社会人の息子からのメッセージ文例

道端で泣く幼児  


【文例1】

お母さん、誕生日おめでとう!

腰の痛みは、少し楽になった?
リハビリきちんと続けて、早く楽になるといいね。

店は、順調ですか?
小さい頃から、俺の家は自営だったから、お母さんと言えば店にいるイメージだったよ。

友達のお母さんには、専業主婦でクッキーとかやいてくれたりするお母さんもいて、とても羨ましかったのを覚えています。

でもね、僕は元気に店に立つお母さんが大好きだったから、不幸だと思ったりしたことはなかったよ。

子供のころは知らなかったけど、店の経営を維持することは、とても大変な仕事だよね。
僕は、お母さんを尊敬しています。

店がどんなに忙しくても、僕の話には、きちんと耳をかたむけてくれたよね。
お母さんに話をするのが、いつもうれしかった。
僕は、母さんの息子に生まれて、本当に幸せです。

これからも、ずっと元気で頑張ってね。

 

【文例2】

母さん、誕生日おめでとう!

長らくご無沙汰していて、ごめんね。
その後、体の調子はどう?

仕事大好きな母さんだから、言っても無駄かも知れないけど、無理はしないでね。
1年前母さんが、倒れたって聞いた時は、実は俺、心臓が止まるかと思うほど、驚いた。

ほとんど半泣きで、病院まで行ったのに、母さん「どうしたの?仕事は?」なんて言うから、本当に拍子抜けで、返す言葉が見つからなかったよ。

ただ、母さんが無事で本当に良かった。
俺は、母さんのこと大好きなんだなぁ!って、改めて実感させてもらったよ。

母さん、これからはできるだけ親孝行心掛けるので、頼むから元気でいてください。
よろしくお願いします。

 

【文例3】

お母さん、誕生日おめでとう!

毎日、家族のためにがんばってくれて、ありがとう!
俺は、学生の頃、お母さんやお父さんにたくさん迷惑をかけました。
本当に申し訳ありませんでした。

もう二度と、お母さんを泣かせたり、心配をかけることのないように、今は真面目に仕事してるから、安心して下さい。

俺は、どんなに迷惑かけても、俺を信じて待ってくれたお母さんやお父さんに、これからの人生をかけて、恩返ししていきたいと思っています。

家事や仕事で、毎日忙しいと思うけど、たまにはお父さんと二人で旅行でも楽しんできて下さい。(旅行券です。)

お母さん、大好きです。
いつまでも、元気でいてください。


 
 

社会人の娘からのメッセージ文例

家庭学習の様子  


【文例1】

お母さん、誕生日おめでとう!

今日は、一緒にお祝いできなくてごめんね。
変わりない?

私は最近、後輩が出来て、チームリーダー的な立場に昇格したよ。

昔は、学校の宿題とか、お母さんに教えてもらって頼りっぱなしだった私が、今では後輩に仕事を教えてるなんて、想像出来ないよね(笑)!

でも、私の指導方法の見本は、いつもお母さんなんだよ。

お母さんは、仕事で疲れているのに、私がどんなにぐずっても、理解が悪くても、いつも丁寧に何度も教えてくれたよね。

私も、もし子供ができたら、お母さんみたいになれるかな?

お母さん、私のことを大切に育ててくれて、ありがとう!
これからも、元気でいてね。また連絡するね。

 

【文例2】

お母さん、誕生日おめでとう!

今日はお母さんの大好きなケーキも買ってきたよ。
お母さん、いつもお仕事に家事、大変なのにありがとう。

私なんて、仕事だけで精一杯だから、お母さんは本当にすごいと思います。
毎日顔を合わせてるから、少し照れるけど、私はお母さんの元に生まれてきて良かった。

お母さん、私を産んでくれてありがとう。
そして、育ててくれてありがとう。

これからまだまだ、色んなことを経験していくと思うけど、私はお母さんから教えてもらったことを忘れないで、素晴らしい人生を選択していきたいと思います。

お母さん、これからまだいっぱい親孝行するから、元気に歳を重ねてね。

 

【文例3】

お母さん、お誕生日おめでとう!

足の痛みはどうですか?
最近は、実家に行けてなくてごめんね。

私は、色々と忙しいけれど、特に体をこわしたりすることもなく、元気です。

私が小学生のころから、お母さんは家で塾の先生をしていたから、私は妹の世話をよくしていました。時には夕飯を作ることも。

今思うと、よく出来た娘だったよね(笑)!

でも、私がどうしてお手伝いをすすんで出来たかと言うと、それはお母さんがいっぱい褒めてくれたから。

お母さんに褒められたくて、喜んでもらえたらうれしくて、がんばってたよ。

お母さん、私のことをたくさん褒めて伸ばしてくれてありがとう!

おかげで、私は家事全般が大好きに育ちました。

来年、お嫁に行くけれど、お母さんの娘として、恥ずかしくない嫁になれそうです。

お母さん、たくさんの愛情をありがとう。
これからもずっと、体に気をつけて、元気でいてください。


 

まとめ

外出先の親子
 

自分自身の背が大きくなったからか、母が縮んできたのか、最近母の背中が小さく感じることがあります。

以前は、自分にとって絶対的な存在だったのに、ふと気づくと偉そうに上から言葉を発してしまっていたり。

それに対して母も、以前のように言い返すでもなく、「そうかな」なんて、素直に納得していたりして。少し関係が変わってきたことを自覚する今日この頃です。

でもそんなことを言いながらも、いつまでたっても大事なことは、なんとなく母の耳に入れておきたくなって、電話を掛けたりしてしまいます。

お母さんには、いつまでも長生きしてほしいものです。

今年の働く母の誕生日は、これまでの苦労も吹き飛ぶような、感謝を伝えるあなたからの手紙で、祝って差し上げてくださいね!
 
 

スポンサードリンク




関連記事

手紙を出す

中高生にお勧め!タイムカプセル郵便での未来の自分に手紙を出す方法とは?

  タイムカプセルというと、卒業の時に校庭の木の下などに穴を掘って埋めるというイ

記事を読む

バースデーケーキ

働く母の誕生日に手紙を送ろう! 大学生の息子・娘からのメッセージ文例集!

  大学生になって、学生とアルバイト、場合によっては部活動もしていて、毎日大忙しだと

記事を読む

恩師への手紙

中学・高校の卒業式で、部活恩師に手紙を送ろう!涙を誘う感動の文例集!

  中学校生活や高校生活が、多くの人にとって、小学校生活と大きく違う1つの要因は、お

記事を読む

ハートを持つ手

単身赴任の父の誕生日に手紙を送ろう! 中高生息子・娘のメッセージ文例集!

  さあ、今年も単身赴任のお父さんの誕生日が近づいてきました! 今年のプレゼントは

記事を読む

看護師さんにお礼状

お世話になった看護師さんに礼状を送ろう【子供編】気持ちが伝わる文例集!

  もし入院したあなたのお子さんが、担当の看護師さんのお話を楽しそうにあなたに話すよ

記事を読む

お医者さんへのお礼状

お世話になったお医者さんに礼状を送ろう【子供編】気持ちが伝わる文例集!

  子供が病気や怪我をすることなく、健康でいてくれるということは、本当にありがたいこ

記事を読む

母と子のシルエット

働く母の誕生日に手紙を送ろう! 中高生の息子・娘からのメッセージ文例集!

  中高生にもなると、自分ワールド全開で、普段あまりお母さんのことに関心を払わない方

記事を読む

看護師さんにお礼状

お世話になった看護師さんに礼状を送ろう【大人編】気持ちが伝わる文例集!

  病院に入院して、急に家とは違う環境で生活することになると、たとえ体はある程度自由

記事を読む

お医者さんにお礼状

お世話になったお医者さんに礼状を送ろう【大人編】きもちが伝わる文例集!

  あなたには、病院でお医者さんにお世話になった経験がおありですか? 生きてい

記事を読む

手紙を書く

単身赴任パパの誕生日に手紙を送ろう! 小学生息子・娘のメッセージ文例集!

  単身赴任というのは、普段外で働いている男性と言えども、やはり家族と離れて暮らすこ

記事を読む

PAGE TOP ↑